日々の生活のなかでちょっと気になる出来事やニュースを、女性医師が医療や健康の面から解説するコラム「ちょっとだけ医見手帖」。今回は「今年の冬のインフルエンザの流行」について、NPO法人医療ガバナンス研究所の内科医・山本佳奈医師が「医見」します。

*  *  *

 10月に入り、インフルエンザワクチンの予防接種が始まりました。私の勤務先のクリニックでは、まだ接種予約に空きがある状況であり、昨年よりも接種希望者の出足は遅い印象です。

 英国の国民保健サービス(N H S)や米国の疾病管理予防センター(CDC)は、今年の冬のコロナとインフルの同時流行(以下、ツインデミック)を警告しています。コロナのパンデミックが起きてからの冬の2シーズンにおいて、「冬になるとツインデミックが起きる可能性がある」との警告が発せられていたものの、インフルエンザの冬の流行はありませんでした。

 しかしながら、今年に入り新型コロナウイルス感染症に関連した規制が緩和・解除された国が多いことや、南半球のオーストラリアでインフルエンザが流行したこと、コロナが流行してからインフルエンザの流行を認めなかったことによる免疫力の低下から、特に免疫の低い高齢者や乳幼児が最も危険にさらされている可能性があると懸念されているのです。

 こうしたツインデミックの可能性が報道されているからなのでしょう。「インフルと4回目のコロナワクチンは、それぞれいつごろ接種するのが一番いいのでしょうか?」と外来診療の現場に出ていると、質問されることが増えてきました。

 これまでのインフルエンザの流行時期や、昨年の新型コロナウイルスの冬の流行状況、それに加え、ワクチンの予防効果が2カ月程度であることを考慮すると、10月末から11月中旬までに接種すればいいのではないかと私は考えています。ワクチンは、流行の直前に接種し、流行に備えるのが合理的です。接種時期が流行よりも早すぎると、流行時に予防効果が落ちている可能性があるからです。

 日本では、コロナワクチン接種について、2回目から3回目、3回目から4回目の接種間隔を5カ月以上空けて接種するように指定されています。そのため、「ちょうど5カ月後に接種しに来ました」とこの夏の流行が終わったちょうど今のタイミングで、4回目を接種される方がいらっしゃいます。しかし、予防効果が期待できる期間を考慮すると、5カ月という接種間隔にこだわる必要は本来ないのです。

 オミクロン株「BA.1」に対応したコロナワクチン接種も、今年の9月20日からスタートしています。昨年から引き続き、ワクチン接種のお手伝いに従事していますが、予想に反して、4回目の接種希望者は少ない印象です。私自身、夏のコロナの流行がピークだった時は、5カ月という接種間隔の縛りがあったため、夏の流行を目の当たりにし、「発熱外来をこのまま続けるのであれば、追加接種をすぐにでも行った方がいいのに……」と日々思っていたのですが、結果的に接種券が届かず、接種することができませんでした。

 発熱外来が大変混み合ったこともあり、自身の追加接種のことをすっかり忘れているうちに、オミクロン対応のワクチンを接種がそろそろ始まるのではないかと言われ始めました。「せっかくならオミクロン対応がいい」と思い、4回目のワクチン接種を延期しているうちに夏の大流行が終息し、今に至っています。

 9月初め、アメリカのCDCは、最後の接種から2カ月あけてのオミクロン株「BA.5」に対応した追加接種用のワクチンの使用を推奨する勧告を出しており、アメリカではすでに接種が始まっています。接種が可能になってからすぐに「BA.5」対応のコロナワクチン接種(4回目接種)に行ったという米国在住の友人は、「これまでの接種の時は待ち時間が多かったが、今回は驚くほど空いていて、「BA.5」対応のコロナワクチンをすぐ接種できた」といいます。

 厚生労働省の通知によると、今年の7月中旬から主に流行したオミクロン株「BA.5」に対応している新ワクチンの接種も、10月中旬には接種が開始となるようです。しかしながら、結果として在庫になってしまった「BA.1」対応のワクチンが日本にたくさん入ってくる可能性はありますが、「BA.5」対応のワクチンが日本に十分に入ってくるかどうかは、正直なところわかりません。わずかしか入ってこない可能性は十分に考えられます。

 従来型かオミクロン型対応ワクチンを選択することも重要ですが、考慮する必要があるのは接種する時期だと私は思います。インフルエンザワクチン接種も同様です。これから4回目のコロナワクチンを検討されている方や今シーズンのインフルエンザワクチン接種を検討していらっしゃる方は、是非とも参考にしてみてくださいね。

山本佳奈(やまもと・かな)/1989年生まれ。滋賀県出身。医師。医学博士。2015年滋賀医科大学医学部医学科卒業。2022年東京大学大学院医学系研究科修了。ナビタスクリニック(立川)内科医、よしのぶクリニック(鹿児島)非常勤医師、特定非営利活動法人医療ガバナンス研究所研究員。著書に『貧血大国・日本』(光文社新書)