親が脳卒中で救急搬送され、命をとりとめてほっとしたのもつかの間、急性期病院からは1カ月程度で退院を告げられます。後遺症が残った、寝たきりになった状態の親に、「家では世話ができない」と、急いで介護施設を頼ろうとしても、要介護認定を受けていないとスムーズに事は運びません。なかには、認定をめぐってトラブルになるケースも。介護アドバイザーの高口光子氏は「親が元気なうちから、要介護認定の申請を考えてほしい」と話します。そこで、申請を考えるきっかけとなる親の行動の変化をいくつか挙げてもらいました。

*   *  *

■要介護認定を受けていないけれど、預かってもらえますか?

「脳卒中で倒れた父親が、退院して帰ってくるんです。一人暮らしで私たちも離れて暮らしているので、面倒をみる人がいません。どうしたらいいでしょう。そちらで預かってもらえませんか?」

 介護施設では、いきなりこういう問い合わせを受けることがあります。詳しく話を聞くと、まだ要介護認定を受けていない、申請もしていないとのこと。「介護施設を利用できるのは、要介護認定や要支援認定を受けた人だけですよ」と言うと、「これからすぐ申請しますから」という答えです。しかし、まず住んでいる地域でケアマネジャーを探し、書類を整えて申請し、そして認定が下りるまで1カ月、自治体によっては2カ月近くかかるところもあります。

 そう説明すると、「その間、どうしたらいいでしょうか」とさらに困惑した様子。藁(わら)にもすがる思いで私たちを頼られたのだと思いますし、私たち介護職も目の前の本当に困っている人の力になりたいとも思います。

 こういう場合、「暫定ケアプラン」という制度の利用を検討することができます。これはさまざまな事情から、認定が間に合わない場合に適応されるもので、仮の要介護度でサービスを前倒しで利用する仕組みです。ただしあくまでも仮の認定で、後日下される正式な認定と異なる結果になることも少なくありません。多くは、「それでもいいので利用したい、あとで違う結果になってもかまわない、対処します」と希望されます。

 ところがこの暫定的な、利用者側からすれば緊急の一時避難的なプランが、あとあとトラブルに発展するケースが少なくないのです。

■軽い認定結果だと、自費でサービス料を支払う義務も

 問題が起こるのは、仮の認定度よりも軽い認定度が出た場合です。たとえばこんなにからだが不自由だから要介護度3以上に違いないと家族が思っても、介護認定審査会が出した結果は要介護度1だった、というケースです。特別養護老人ホーム(特養)は入居希望者が多く、順番待ちなどですぐに入れる状況ではありませんが、それでもなにかのタイミングですぐにショートステイなどのサービスを利用できたとします。その後の正式な認定が要介護度1になると、要介護度3以上しか認められていない特養の利用を変更して、新たに施設を探さなければなりません。さらに暫定的に受けた要介護度3相当のサービス利用料は介護保険の対象とならず、自費で支払うことになります。介護保険が適応されると自己負担額は1〜3割ですみますが、10割払うことになるとけっこうな金額に。

 もちろん、暫定ケアプランにはケアマネジャーがかかわるので、このように極端なケースはあまりありませんが、それでも、要介護だと思って介護老人保健施設(老健)になんとか預かってもらったら、正式な認定は要支援で、退所と自費での支払いが発生したなど、本来なら軽度の認定ですんだのだから喜ぶべきところを、認定結果に右往左往するという事態に陥ってしまいます。揚げ句の果てに、「ここも出ていかなければならないなんて、私たちはどうしたらいいんですか」「こんなに費用がかかると思わなかった」などと、施設側を非難するような人もゼロではありません。

 困り果てた人の力になりたいと腐心した私たちは、やりきれない気持ちになります。介護施設のなかには、トラブルを避けるために、「要介護認定が出ていないと利用できません」と最初から断るところも増えています。

 このようなケースでは、時間的にも気持ちのうえでも、まったく余裕がないことが混乱の原因になっています。

■要介護認定申請を考えるべきとき

 私は、早めに要介護認定を申請しておくことは、親にとっても、介護をするあなたにとっても必要なことだと考えています。

 申請・認定には費用はかかりませんし、認定が下りても、必ずしもサービスを利用しなければいけないということはありません。「いつ要介護になっても大丈夫」という安心感は、高齢の親をもつ子どもにとって得難いものではないでしょうか。

「まだ元気で生活に不自由がないのに、要介護の申請?」と実感がわかないかもしれません。しかし、親は日々年を取り、心身の機能が徐々に衰えています。突然倒れる、認知症が始まる可能性は高い、つまり「明日のことはわからない」のです。脳卒中や認知症などにかかっていない元気な状態でも、次のような変化が親に現れて、本人やあなたたち家族が「少し不安だな」と感じるようになったら、申請を検討して、公的サービスとつながってほしいと思います。

 親本人は「失敗、失敗。しっかりしなきゃ」と自分でも認めて体裁をつくろおうとするでしょう。もちろん、1回限りの失敗かもしれません。しかし次におおごとにつながる可能性を考慮して、申請を考えてください。

■早めの申請で、親も家族も安心して生活を送りたい

 また、申請が遅れる理由の一つに、親本人の「まだがんばれる」という気持ち、その気持ちを受けての、あなたや家族の「もうちょっとがんばってみようか」があります。特に認知症の初期には、なんとかがんばってほしいと考えるのが普通でしょう。親の自立心を尊重するのはもちろん大切です。しかしそろそろ介護や支援を視野に入れる時期にきたととらえて、余裕をもって申請に踏み出しましょう。

 早めの要介護認定の申請は、親にとって、そしてなにより、子どものあなたがしっかり親をサポートしてあげるために必要です。ケアマネジャーや介護のプロとともに、これからの親の人生が安全で快適なものになるように、余裕をもって道筋をつけてあげてほしいと思います。

(構成/別所 文)

高口光子(たかぐちみつこ)

元気がでる介護研究所代表

【プロフィル】

高知医療学院卒業。理学療法士として病院勤務ののち、特別養護老人ホームに介護職として勤務。2002年から医療法人財団百葉の会で法人事務局企画教育推進室室長、生活リハビリ推進室室長を務めるとともに、介護アドバイザーとして活動。介護老人保健施設・鶴舞乃城、星のしずくの立ち上げに参加。22年、理想の介護の追求と実現を考える「高口光子の元気がでる介護研究所」を設立。介護アドバイザー、理学療法士、介護福祉士、介護支援専門員。『介護施設で死ぬということ』『認知症介護びっくり日記』『リーダーのためのケア技術論』『介護の毒(ドク)はコドク(孤独)です。』など著書多数。https://genki-kaigo.net/ (元気が出る介護研究所)