「最近、反抗期!」「いつもイライラしている」……。小4くらいから少しずつ始まるといわれるプレ思春期。なぜ不機嫌なの? どうして親に突っかかるの? 早稲田大学教育学部教授・本田恵子先生によると、10歳前後の子どもたちは、「大きな変化の渦中で必死に出口を探している状態」だそう。プレ思春期の子どもの脳や心の状況について、本田先生に聞きました。現在発売中の「AERA with Kids 2022年秋号」(朝日新聞出版)から一部抜粋して紹介します。

 *    *  *

 なんだか最近、無愛想! そんな子どもの変化は、プレ思春期の兆しかもしれません。「この時期、子どもはさまざまな葛藤を抱えています」と話すのは、子どもの脳と心の発達に詳しい本田恵子先生です。

「9歳ごろまでに、言語や論理といった、世の中を理解するための脳の機能が育ちます。でも、10歳くらいまでは、達成したいことのイメージややる気はあっても、方法を考えて行動したり、思ったことを言葉にしたりするには、未熟なのです」

 例えば、朝の係活動で8時に集合とわかっていても「いつもより20分早く家を出る」などという行動の逆算が難しかったり、なにかを説明したくても、イメージ通りにうまく伝えられなかったり。

 さらに毎日忙しくなり、やることも倍増!

「一方で、自我も育つ時期。“認めてほしい”という気持ちが強くなるので、できていないところを指摘されると、自尊心が傷つき反発してしまうのです」

 自分でももどかしいのに、「もっと早く起きなきゃダメでしょ」「ちゃんとわかるように説明して」などと指摘されるから、「もういいよ!」と投げ出したり黙り込んだり。これが大人の目には「反抗的」と映るわけです。

「11歳くらいになると、客観的に自分をみる力、メタ認知が育ちます。脳もほぼ完成し、物事を効率的に進める、自分に最適な方法を考えて行動ができるようになります」

 すると今度は、大人の言葉をうのみにせず、おかしいと思ったら反論する場面も。これも「生意気だ」などと思われてしまうのです。

「自分の力不足を実感したり、葛藤と闘ったりするのは、順調に脳と心が育っている証拠です。これを理解できれば、大人ももっと穏やかになれますよね」

 プレ思春期の子どもたちへの対応について、本田先生は、いちばん大切なことは「大人が子どもの葛藤や試行錯誤を邪魔しないこと」と話します。

「なぜなら、子どもたちは葛藤の中で、“こうしたらどうだろう”とさまざまな試行錯誤をして、状況を理解する力や先を見通す力をつけ、自分なりの対処の法則を見つけていくからです」

 例えば子ども部屋が暑いとき、大人が気をきかせて冷房をつけてあげたのでは、自分で対処する経験ができません。暑さに気がついたら、子どもは上着を脱いだり冷房をつけたり、冷房の温度を調節したりと、快適に感じる解決策を自分で探すでしょう。

「子どもの年齢によって、親の役割は変わります。本格的な思春期に入ったら、いよいよ親は子どもの後ろを歩き、転んでも手を出しません。でも、振り向いたら親はそこで見守っている。こうした関わりを通して、子どもは自分の足で歩いていけるようになります。でもそうなるためには、小学生の今、葛藤や試行錯誤の経験を重ねておくことが必要なのです」

※「AERA with Kids 2022年秋号」(朝日新聞出版)から一部抜粋

(取材・文:松田慶子)

〇本田恵子(ほんだ・けいこ)/早稲田大学教育学部教授。心理士・特別支援教育士SV。アンガーマネージメント研究会代表も務め、編・共著に『キレにくい子どもを育てる。親子のアンガーマネージメント(こころライブラリー)』(講談社)など。