がんの進行度で最も進んだ状態を示す「ステージ4」。固形がんでは、がんが転移していることを指す。がんが進行し、他の臓器などに遠隔転移すると、治療方針が変わってくる。がんそのものに対する治療は、抗がん剤などによる薬物療法が中心になるが、医師は「治療の目標を明確にすること」の重要性を訴える。

*  *  *

 がんができた場所(原発巣)から離れた臓器や骨に見つかる「遠隔転移」は、転移の種が体中にばらまかれていることを意味する。見つかった遠隔転移だけを取り除いても、体中のがんを消すことにはならないため、手術などの局所療法は積極的にはおこなわず、抗がん剤などによる薬物療法が治療の中心になる。がん研有明病院院長補佐・乳腺内科部長の高野利実医師はこう話す。

「固形がんが遠隔転移した場合、薬物療法でもがんをゼロにするのは困難です。がんがゼロになっていなくても、良い状態で長生きすることのほうが重要。それを目指して治療方針を考えればよいのではないでしょうか」

■効果と副作用のバランスが重要

 転移したがん細胞は原発巣と同じ性質を持っているため、薬物療法では原発巣に準じた薬が使われる。例えば乳がんの肺転移では、肺がんではなく原発の乳がんに効果がある薬で治療する。

 薬の進歩は目覚ましく、「従来型抗がん剤(殺細胞性抗がん剤)」に加えて、「分子標的薬」「免疫チェックポイント阻害薬」といった比較的副作用の少ない薬も登場し、薬の組み合わせのバリエーションが増えた。また、前立腺がんや乳がんなどでは、ホルモン剤による治療がおこなわれることもある。

 治療で期待される効果は、延命と症状緩和だ。抗がん剤はつらいイメージが強いが、呼吸困難などの症状がやわらぎ、普通に日常生活を送れるようになることが少なくない。

 一方、副作用は必ずある。薬の種類や量を調節したり、副作用を軽減する薬を使うなど対策(支持療法)は進歩しているが、それでも副作用を抑えられず、QOL(生活の質)が低下したり、逆に命を縮めてしまうこともある。高野医師は言う。

「重要なのはプラス(治療効果)とマイナス(副作用)のバランスです。プラスが上回ることを期待して治療を受けるわけですが、実際どうなるかはやってみないとわかりません。治療を始めてみてプラスが上回っていると感じられるなら続け、マイナスのほうが大きいと感じるなら中止も考えるのが良いと思います」

 抗がん剤はずっと同じ薬を使い続けられるわけではなく、耐性化してだんだんと効かなくなる。その時点でも抗がん剤治療を中止するか、別の抗がん剤に切り替えるのか、それぞれのプラスとマイナスのバランスを評価しながら担当医とよく話し合うことが大切だ。

 また近年、個々の体質や病状に適した治療をおこなう「がんゲノム医療」が注目されている。患者のがん組織や血液を解析して、がんに関わる100以上の遺伝子の特徴を一度に調べる「がん遺伝子パネル検査」をおこない、効果が期待できる治療薬を探そうというものだ。2019年から転移があって標準治療が終了している人などを対象に、がん遺伝子パネル検査に保険が適用され、受けやすくなった。ただし治療薬にたどりつける患者は、約1割と言われている。

「薬物療法をしないのも大事な選択肢の一つ。担当医に言われるままに納得できない治療を受けるのは避けたほうがいい。薬物療法をしなくても、つらさをやわらげる緩和ケアは必ずおこないます」

 高野医師は転移が発覚した患者に「目標を明確にすること」を勧める。

「少しでも長生きしたい、仕事を続けたい、家族との時間を大切にしたいなど、目標は人それぞれ。目標に近づけるよう、治療という道具をうまく活用しながら、自分らしく過ごしていただきたいと思います」

 通常、転移に根治的な局所治療がおこなわれることはない。しかし転移が少数個であれば、転移巣を切除したり転移巣に根治線量の放射線を当てたりすることで、根治に近い状態に持ち込めることがある。京都大学病院放射線治療科教授の溝脇尚志医師はこう話す。

「転移はあるもののからだの各所に多数広がっている状態ではない、すなわち転移のない状態と多発転移がある状態との中間的な病態を『オリゴメタ(少数転移)』と呼んでいます。オリゴメタでは各転移巣に積極的な治療をすることで、病気の進行を遅らせたり、生存期間を延ばす可能性があることが示唆されています」

■少数転移には積極的な治療も

「少数個」の目安は、全身に5個以下。手術で切除するとなるとからだの負担も大きく、部位によっては機能障害などのリスクをともなうが、放射線治療であれば比較的負担が少なく、挑戦しやすい。

 これまでも転移したがんに対して、痛みなどの症状を緩和するための放射線治療がおこなわれてきた。緩和照射では重い副作用が出ない程度に線量を抑えるが、オリゴメタの治療では、「根治」に必要な線量を照射する。そのため、高線量をピンポイントで病巣に集中できる「定位照射」という照射法が、比較的安全な上に局所治療効果が高く、適している。20年からは、5個以内のオリゴメタに対する定位照射に保険が適用された。溝脇医師は言う。

「これまでに有望な試験結果はいくつか報告されています。しかし、効果を検証するための臨床試験が多数実施中であり、現段階では、無再発期間や生存期間が延長することは証明されていません」

 転移を見つけるための画像診断能力には限界があるため、本当にオリゴメタか否かの判別が難しいという問題もある。画像診断時には見えなかった再発や転移が、治療後に出てくることも多い。溝脇医師はこう話す。

「現時点では、転移がんの標準治療となっている抗がん剤などの薬物治療を受けた上で、担当医と十分に相談し、オリゴメタの治療を追加したほうがいいかどうか判断するのが適切なアプローチだと考えています」

(文・熊谷わこ)

※週刊朝日2022年11月25日号より