「芸能界最強占い師」として知られ、25年間で6万人以上を無償で占い続け、新刊『ゲッターズ飯田の五星三心(ごせいさんしん)占い2023』も話題のゲッターズ飯田さん。今回は、ゲッターズさんが多くのお金持ちの人から話を聞くなかで気がついた彼らの共通点を紹介します。(朝日新聞出版刊『ゲッターズ飯田の金持ち風水』から一部抜粋・再編集)

■共通点1  お金持ちは「迷う」ことがない

「夢をかなえるために必要なのは、行動力」などとよく言いますが、お金持ちの場合、単なる行動力ではなく、その前に「素早い」がつきます。

 お金持ちは行動がとにかく速い。何かアイデアが浮かんで、「できるんじゃない?」と思ったら、すぐにやります。少しも迷いません。

 では、なぜお金持ちになれない人は行動が遅いのでしょうか? それは、迷うからです。なぜ迷うのかというと、うまくいくか不安だからでしょう。失敗したくないからです。

 一方で、お金持ちの行動が速いのは、失敗しても別にいいと思っているからです。そう思えるのは、これまでにもたくさん失敗してきたからでしょう。失敗を重ねたから成功する方法がわかったわけで、失敗は糧にすればいいだけのこと。失敗を失敗で終わらせない。だから恐れずにすぐやる。迷う時間はムダなだけなんです。

■共通点2 お金持ちは「雑誌」を読まない!?

 雑誌とは、その名のごとく「雑多なことが書かれた書物」。情報を手っ取り早く知るにはよいのですが、お金持ちはほとんど雑誌を読みません。

 曰く、「誰が書いているのかわからない情報を、なぜ自分の中に入れる必要があるんですか?」とのこと。

 なるほど、信用できるかどうかわからない記事を読む必要はない。知りたいことがあれば専門家に聞いた方がいい。信用できるかどうかわからない記事で心が乱されるのは時間のムダ、と考えるのが、お金持ちの発想だったのです。

 そのかわり、お金持ちは本をたくさん読みます。読む本は、「この人が書いたから」という視点で選びます。確かな筋から確かな情報を仕入れたい。これがお金持ちの鉄則です。

■共通点3 お金持ちは「ネットサーフィン」をしない!?

 読書家が多いお金持ちですが、ネットサーフィンはしないようです。インターネット自体は使いますが、「ダラダラとは見ない」ということです。

 ネットサーフィンをしていると、面白い情報を次々と見つけて、気づいたら数時間が過ぎていた! という経験は珍しくないでしょう。けれどもお金持ちは、これが命取りと考えます。

 まず、時間の管理ができないこと。決めた時間内で目的を果たすためにネットを使うなら別ですが、ネットサーフィンを始めると、そうはいきません。

 また、雑誌同様、いくら面白くても、「信用できるかどうかわからない情報」が多いこと。もちろん、信頼できる人が発信している情報は別ですが、信憑性の低い情報に振り回されるのは、ムダ以外の何物でもないのです。まさに「時(とき)は金なり」です。

※『ゲッターズ飯田の金持ち風水』より

◎ゲッターズ飯田/これまで6万人を超える人を無償で占い続け、20年以上占ってきた実績をもとに「五星三心占い」を編み出し、芸能界最強の占い師としてテレビなど各メディアに数多く登場する。『ゲッターズ飯田の五星三心占い』は、シリーズ累計800万部を超えている(2022年9月現在)。5年連続100万部を出版し、2021年は年間BOOKランキング作家別1位(オリコン調べ)と、いま日本で一番売れている作家。