双子ベビーカーを伴ってバスに乗るには、依然として高いハードルがある。多胎育児の当事者が日々直面する問題に社会はどう向き合うべきか。AERA 2022年11月28日号の記事を紹介する。

*  *  *

 街中で双子の赤ちゃんを見かけると、つい頬が緩む。だが、かわいさの裏側には想像を絶するハードな日常がある。それを社会に投げかけたのは、

「バスに乗れなくて泣いた日」

 というタイトルがついた一つのブログ記事だった。

一人で持つのは難しい

 投稿したのは、元全日本女子バレーボール選手の大山加奈さん(38)。2021年に出産した双子の女の子を連れて都営バスに乗ろうとしたが、ドアを開けてもらえず“無視”されたこと。次のバスでも、乗務員がベビーカーの乗降を手伝おうとしなかったこと。乗り合わせた高齢女性の助けで降ろすことができたが、乗務員に「迷惑な存在だと思われた」ショックで涙が止まらなかったこと。過去にも東急バスで悲しい思いをしたこと──。双子ベビーカーで公共交通機関を利用する難しさを吐露した。

 ブログはSNSで瞬く間に拡散。双子ベビーカーの大変さに共感する声があふれた一方で、大山さんのことを「わがまま」だと批判する声も多かった。

 今回の騒動について東京都交通局に問い合わせると、最初のバスでは前扉ではなく中扉の近くに大山さんがいたため気づかなかったと回答。乗務員のサポートがなかったことについては、「他のお客様のお手伝いもあり、スムーズに乗車されているように見えた」と説明し、「座席のはね上げや固定の補助を行っておらず、適切ではなかった」とした。

「双子を乗せたベビーカーは20キロくらいの重さになるので、一人で持ち上げるのは難しい」

 今年双子の女の子を出産した近畿地方の20代女性はそう話す。病院に行くにはバスを使うしかないため、母親に仕事を休んでもらい、大人2人がかりで対応している。他にも、移動するときは階段を避けたり、人通りが少ない道を選んだりと工夫する。車がないため、公共交通機関を利用するしかない。

「だからこそ、階段やバスを使おうとしているときはよっぽどの事情があるんじゃないかなと考えてほしいです」

乗務員が抱く心苦しさ

 双子ベビーカーをめぐる問題は、今に始まったことではない。18年には都営バスの乗車拒否が問題になり、東京都は21年にルールを改定。2人乗り用のベビーカーを折りたたまずに乗車できるようになった。声を上げることで社会は変わってきたものの、依然として課題は残る。

「あいち多胎ネット」副代表理事で自身も双子を育てている松本彩月さんは、2年前に名古屋市交通局に双子連れでのバス乗車について話を聞きに行ったことがある。その際に、複数の乗務員が過去にベビーカーに誤った対応をしたかもしれないと不安を抱いていたことを知った。

「もしかしたら自分が“乗車拒否”をしてしまったのではと心苦しく思っていたのかもしれません。多胎育児は本当に大変です。ただ、バス会社が悪いという形にするのではなく、『こうすれば乗れるんだね』ということを当事者から発信して、社会に知ってもらうことも必要です」

 バス特有の難しさもある。電車と異なり乗務員が一人で運行することが多いため、今回のように「気づかない」可能性もある。また、先に車いすやベビーカーが乗っている場合は乗車できなかったり、混雑時には折りたたみを求められたりすることもある。

「この問題は『答えがない』というのが答えかもしれません。多胎育児に関して、その時ごとに議論を積み重ねていくことに大きな意味があるのではないでしょうか」(松本さん)

 17日、大山さんは東急バスと意見交換会をしたとブログで報告。相互理解が深まったとつづった。

 先の20代女性も言う。

「双子の親に限らず、普通のことをするのが難しい人を見たときに何かできることがないか、と自然とみんなが思ってくれる優しい社会になってほしい」

(編集部・福井しほ)

※AERA 2022年11月28日号