東京のど真ん中、表参道の交差点からほど近い路地の一角に、1年ほど前から出現している行列をご存じだろうか。いま、表参道で行列と言えばここ。発信源は「AMAM DACOTAN(アマム ダコタン)」という不思議な名前のベーカリーだ。

 福岡で大人気のベーカリーとして、2021年に東京進出。オープンから1年以上が経過したいまも行列は絶えない。「2時間待ち」のことも多く、取材の際は行列の先が見えないほどだった。いまさら聞けない「アマム ダコタン」の基礎知識を、発売されたばかりのMOOK「東京カフェ2023」から、ふんだんな写真とともにお届けしたい。

基礎知識その1 仕掛け人は平子良太氏

 知っておくべきは、「アマム ダコタン」ではなく「平子良太」だと言ってもいいかもしれない。株式会社ヒラコンシェの代表にして、アマム ダコタンのオーナーシェフ。現在、ベーカリー、カフェなど6店舗を展開し、インテリアやカトラリーもすべて自らセレクトしている。

「アマム ダコタン」のテーマは“石の町にある小さなパン屋さん”。アンティークのインテリアやドライフラワーで飾られたシャビーシックな店内は、まるで中世ヨーロッパのようだ。

 もともとはイタリアンのシェフ。イタリアンとパンを融合させたアマムダコタンは、味もさることながらその「映え」る見た目でも注目され、いまやインスタのフォロワーは16万人を超えている。

基礎知識その2 看板はこだわりパンのボリュームサンド

 アマム ダコタンのパンは、水分量の多い生地を15時間以上発酵させて作る。唯一無二の「パリッ&もちもち」食感はこうして生み出されるのだ。店内には140種類以上のパンがところ狭しと並び、まるで宝石のよう。足を踏み入れれば、誰もが心躍ること間違いなしだ。

 看板メニューは、自家製の総菜などたっぷりの具材を挟んだボリューミーなサンドだ。たとえば「ダコタンバーガー」は、香ばしいパンにグリル野菜や紫キャベツのマリネ、サルシッチャをサンド。ほかにも、歯切れのよいリュスティック生地に、福岡産の小豆を店内で炊き上げた甘さ控えめのあんこ、練乳バターをトッピングした「あんこ&練乳バター」や、もちもちのドイツ生地にミニソーセージを包んで焼き上げ、店内でローストしたプチトマト&自家製マヨネーズをプラスした「ミニフランクフルトロール」などなど、バリエーションも豊富だ。

基礎知識その3 マリトッツォと生ドーナツの火付け役

 コロナ禍の日本で、一大ブームを巻き起こしたマリトッツォ。イタリア・ローマの伝統菓子で、丸いパンの真ん中にあふれんばかりのクリームを挟んだビジュアルはもうおなじみだ。このマリトッツォにいち早く目を付けて売り出したのが、まだ福岡にしかなかった当時の「アマム ダコタン」だと言われている。公式サイトによると、コロナ禍でも行列が絶えず、「お客さまの来店のピークタイムを分散させたい」「14時、15時に来てもらえる商品を」と考えた結果、生まれたものだという。

 そしていま、次のトレンドスイーツとして注目されているのが生ドーナツ。アマム ダコタンの生ドーナツは、トランス脂肪酸ゼロのオーガニックショートニングを使い、高温で一気に揚げることでとろける口溶けを実現した。2022年3月には東京・中目黒に、5月には渋谷に、この生ドーナツを扱うドーナツ専門店「I’m donut ?」もオープンさせている。

 問題は、このアマム ダコタンのパンをどうやって手に入れるか。表参道店は11時から19時までの営業で、休日は不定期。開店前に到着しても行列は必至だ。公式サイトからオンラインで注文して支払いを済ませておけば並ばずに受け取れるというサービスもあるが、こちらも売り切れ続出。近くに住んでいて繰り返しアタックできるという人以外は、公式サイトをブックマークするところから始めたい。

(構成 生活・文化編集部 白方美樹/写真 写真映像部 松永卓也)