ドイツ戦での歴史的勝利で世界の注目を集めるサッカー日本代表。27日の第2戦で戦うコスタリカは世界ランキング31位と、1次リーグの対戦国で唯一、日本(24位)にとって格下の相手だ。日本がコスタリカに勝って、スペインが対ドイツ戦に勝つか引き分ければ、決勝トーナメントへの進出と2大会連続での16強入りが決まる。

 否が応でも期待が高まる第2戦を前に、『地理×文化×雑学で今が見える 世界の国々』を参考に、コスタリカという国について知っておきたい。

 コスタリカ共和国は、南北アメリカを結ぶ地峡地帯に位置し、北はニカラグア、南はパナマと国境を接する小国。国名の「Costa Rica」は「裕福な海岸」という意味で、最初にそう呼んだのはコロンブスだといわれている。1502年にコロンブスがコスタリカにたどり着いたとき、先住民が美しい金の装飾品を身に着けていたことがその由来だ。とはいえ、他の国と違って金銀、鉱山などの資源は乏しかった。そのことが幸いし、乱開発が行われなかったため、コスタリカの自然はほぼ、植民地以前のまま。文字通り自然豊かな「裕福な海岸」が残されたというわけだ。

 コロンブス到達以降、乱開発はされなかったものの、ヨーロッパの植民地支配を受け、1800年以降に周辺国と同じく独立を果たした歴史を持つ。独立後は大統領選での不正、クーデター、内戦などで国が乱れるも、鉄道整備やバナナ、コーヒー豆などの輸出で国力を強化し政情を安定させていく。そして中米紛争まっただ中だった1983年に非武装中立を宣言。中米和平合意に尽力したオスカル・アリアス大統領(当時)は、1987年にノーベル平和賞を受賞した。「中米のスイス」とも呼ばれるゆえんだ。

 国土の24%が国立公園もしくは自然の保護区に指定されており、国内には森の宝石とも呼ばれているモルフォチョウなどがすむ。ほかにも多くの動植物が自生・生息し、この国に世界の動植物の5%が存在するといわれている。豊富な自然はもちろん、美しいビーチも観光客に人気。首都周辺も一年中穏やかな気候で、教育や社会保障といった国民政策に力を入れている。最新の世界幸福度ランキング(2022年)では23位と、日本の54位を大きく上回っている。

 そして、12月2日に控える第3戦の相手はスペイン。こちらは世界ランキング7位と相当な格上だ。民族舞踊フラメンコなどから、情熱的な国民性をイメージする人も多いだろう。実際、スペイン名物の一つが、ダイナミックなお祭りだ。「サン・フェルミン祭」は通称「牛追い祭り」ともいわれ、人々が牛とともに街を駆け抜けるエンシエロという行事が目玉。毎年、多くの負傷者を出し、参加は命がけだ。人々がトマトをぶつけ合う「ラ・トマティーナ」も有名。普段は静かなブニョールという田舎町が、この日ばかりはトマトと熱狂で真っ赤に染まる。

 『地理×文化×雑学で今が見える 世界の国々』を参考に、歴史を紐解いてみよう。古くから他国による奪い合いと支配が繰り返されてきたイベリア半島に位置し、ローマとカルタゴによるポエニ戦争の舞台となり、勝利したローマ帝国の支配下となる。しかしその後、支配権は次々に移行し、再征服活動「レコンキスタ」を経て、約800年をかけてスペイン王国が成立。カトリックの勢力がイスラームから半島を取り戻すに至った。以後、植民地を増やして「太陽の沈まない国」といわれるほど発展するが、19世紀前半のナポレオン戦争以降は苦難が続き、植民地の多くを失っていった。

 ただ、苦難の歴史の痕跡はいま、人気の観光名所となっている。イスラーム王国による支配の最中に建てられた「アルハンブラ宮殿」、イスラームのモスクとして造られ、レコンキスタ後にカトリックの礼拝堂となった「コルドバの聖マリア大聖堂」など、当時の情勢や事情が絡み合って生まれた見事な建造物は一見の価値がある。

 もう一つ、スペインといえば世界遺産「サグラダ・ファミリア」だ。建築が計画されたのは1882年。建築家アントニオ・ガウディが設計し、彼の死後も建設が続いていることはよく知られている。完成まで300年と言われていたが、近年の建築技術やITの発展により、工期は大幅に短縮される見通し。コロナ禍の影響で当初発表された2026年には間に合いそうにないが、永遠に続くと思われた工事は終了が見えてきている。

(構成 生活・文化編集部 上原千穂)