多くの高校受験生や保護者にとって「内申書」は気になる存在だ。内申書の内容や加点の基準を生徒や保護者に開示していない学校も少なくない。そのため、「こうすれば内申点が上がる(下がる)」といううわさをよく耳にする。AERA dot.とYahoo!ニュースは、中学生の子どもを持つ保護者を対象に、謎多き「内申書」について共同アンケートを実施し、2000人から回答を得た。そして、それを現職教員に見てもらって、保護者に広がる内申書の「うわさ」の真偽について、聞いてみた。※後編「中学の5段階評定は本当に『平等』なのか? 現役教師と読み解く『内申書』のギモン」に続く

(調査は10月20日に実施。対象は中学生の保護者でYahoo! JAPANユーザー2000人。男女比は6対4、年代は30代が15%、40代が52%、50代が26%。子どもが通う学校の種別は公立89%、私立9%、国立2%)

*  *  *

 今回、筆者はアンケートの回答をもとに文部科学省、教育委員会(広島県)、そして現職教員(さいたま市)に取材すると、いずれからも明快なコメントが得られた。「内申書」という存在がよくも悪くも誤解され、「都市伝説」に近いうわさがあることも実感するに至った。

 そもそも、内申書とは何だろうか。

 実は内申書には、そのもととなる「指導要録」と呼ばれる書類がある。中学校の教員が生徒一人ひとりの教科・科目の「学習の記録(5段階の評定など)」を記すほか、部活動や生徒会活動などについて記入する「特別活動の記録」などの欄がある。高校受験の際には、この指導要録の「写し」を生徒の受験校に送付する。これが「内申書」(正式名称は「調査書」)だ。一方、生徒と保護者に伝えるものが「通知表(通信簿)」である。

■PTAで内申点が上がる?

 内申書は中学校が作成するものだが、その内容を点数化し、いわゆる「内申点」をつけるのは、受験する高校の側である。

 今回のアンケートでは、「内申点を上げるために気をつけていること、努力していること」を聞いているが、回答のなかに、「部活動に取り組む」(奈良・中3女子母)というコメントがかなりあった。ところが実際は「(全国)いずれの公立高校においても、単に部活動に加入していることをもって入学者選抜において加点している例はない」(2017年度文科省調査。かっこは筆者)ことがわかった。部活での「成績」は加点されることがあるが、「加入」だけでは加点されない、ということだ。

「PTAに参加しないと内申点が下がると聞いた」(東京・中1男子父)というコメントもあった。しかし、受験校側の視点で考えれば、これは「都市伝説」といえよう。

 内申点は入試の現場でどのようにつけられていくのか?

 取材したさいたま市立大宮北高校の教員、國井翼さんと待谷亮介さんは、以前、中学校に勤務していた。つまり、内申書を「書く」立場と、内申点を「つける」立場の両方を経験している。

 2人の話によると、中学校から提出された内申書はテストの採点をするように、内申点がつけられていく。「決められた項目しか見ません。本当にすごいペースで進んでいきます」(國井さん)。

 内申書を点数化するシステムは厳格で、そこに「あいまいさ」が存在する余地はない。

 なので、「我が校の内申点をつける過程を全部開示しても、何の問題もないでしょう。こういう基準でつけましたと、すべて説明できますから」と、待谷さんが言うと、少し離れた席で新川健二教頭も「全然問題ない」と、うなずいた。

■意外と少なかった正攻法

 では、アンケート結果について、分析を挟みながら読み解いていこう。

 まずは「高校入試に向けて、内申点を意識していますか」という質問。「はい」が72.6%、「いいえ」が27.5%。やはり、内申点を意識している保護者は多いことがわかる。

「はい」と答えた人に「内申点を意識し始めたのはいつですか?」と尋ねたところ、「中学1年次」が最も多く、31.0%。次に多かったのは「中学入学前」で18.7%。「中学2年次」はほぼ同じ17.4%だった。

「はい」と答えた人への「内申点は、受験の結果にどのくらい影響すると思いますか?」という問いについては、「かなり影響する」が28.6%、「まあまあ影響する」が35.3%と、約6割強の保護者が内申点は入試に影響すると答えた。

 実際、内申点が高校の入試結果にどの程度影響するかは都道府県や高校によって異なる。例えば、東京都立高校の場合、学力検査70%、内申点30%の割合で合否判定を行っている。となりの埼玉県の場合、内申点の占める割合は高校によって異なり、40〜60%と幅がある。いずれにせよ、内申点が入試の結果にかなり影響するのは事実だ。

 内申点として評価される内容は自治体によっても異なる。都立高校入試の場合、内申書の加点対象は評定(成績)のみで、部活動などは評価の対象外である。

 先の大宮北高校の場合、内申点は350点満点で、そのうち評定が270点と、8割近くを占める。一方、部活動の成績や生徒会活動(会長など)の「特別活動等の記録」の配点は60点、資格取得などの学外の活動を記入する「その他の項目」は20点だ。

 同校の入学者選抜の資料には、成績以外で加点される項目が詳細に記されている。

 生徒会活動は「生徒会長など」。部活動は「実績に応じて得点を与える」「主催団体・予選の有無・大会規模等を考慮する」。資格取得については、「漢字検定準2級、英語検定準2級、数学検定準2級以上の資格を取得している場合などに得点を与える」、といった具合だ。

 アンケートに戻ろう。内申点を意識している人への「内申点を上げるために気をつけていること、努力していることはありますか?」という問いについて、「ある」と回答した人の割合は43.5%。内申点が入試結果に及ぼす影響の大きさを考えると、意外と低い数字である。

 努力している具体的な内容をみてみると、「普段の勉強が大事」(愛知・中3男子父)、「テストで確実に得点を上げる」(宮城・中2男子母)、「主要科目の定期テストの得点アップ」(静岡・中3男子父)など、内申点の大部分を占める「成績」を上げるための正攻法を挙げた人は意外と少なかった。一方で多かったのが、部活動や生徒会活動について。さらには「服装やあいさつ」(静岡・中1男子父)、「校則を守る」(岡山・中3男子母)など、内申書に書かれないことを回答した人も少なくなかった。

■75%が学校から説明なし

 保護者の回答から浮かび上がってきたのは、内申書に書かれる内容や内申点の配点について「よく知られていない」という実情だ。

 それを裏付けるのが次の「内申点をつける際の基準について学校からガイダンスなどで説明されたことはありますか?」という問いである。「はい」は24.8%にすぎず、「いいえ」は75.2%だった。

 よくわからないものに対して人は不安を抱きやすい。それは、内申書についても同じで、不満や疑問も寄せられた。次の項目については、複数回答で答えてもらい、全体に占める割合を示した。

「同じ学校でも、先生によって内申点のつけ方に差があると思う」は57.5%。「内申点をつける基準があいまいだと思う」は46.6%。「先生との相性が内申点に影響すると思う」は40.7%。「部活動、生徒会活動、ボランティア活動が内申点に影響すると思う」は37.1%。「同じ地域でも、学校によって内申点のつけ方に差があると思う」は36.0%。これらに「当てはまるものはない」は7.9%だった。

■内申書で生徒を脅す?

 今回のアンケートで最も意外だったのはこれに続く質問に対する回答だった。

「内申点を高校入試に活用することに賛成ですか、反対ですか。理由もお答えください」――「賛成」59.1%、「反対」40.9%。内申書に対する不満や疑念の声がこれだけ溢れたにもかかわらず、賛成が反対を上回った。

 内申書に賛成する理由としては、こんなコメントが目についた。

「生徒をコントロールするツールとして」(愛媛・中1男子父)、「内申点があることで、ある程度風紀を乱す生徒を抑止できる」(東京・中3女子母)

 これに関連した問い、「先生から『内申書に書く』『内申点に響く』と言われたことはありますか?」に対しては、約1/4の保護者が「はい」と回答した。

 しかし、中学校で進路指導主事を務めたことのある待谷さんは、こう指摘する。

「悪いことをしたら内申書に書く、ということは、まずあり得ないと思います。中学校がわざわざ生徒のネガティブなことを調査書に書くようなことはありません。そもそも、そんなことは書きようがありませんから」

 実は、文科省は次のような通知を各都道府県の教育委員会に出している。

「調査書(内申書)については(中略)生徒の優れている点や長所を積極的に評価し、これを活用していくこと」(「高等学校の入学者選抜について」1993年。かっこは筆者)

 つまり、内申書は生徒のよい点だけを書き、マイナスになるようなことは記入しないものなのだ。

 ちなみに、埼玉県のすべての中学校では内申書と同一の書類「成績及び諸活動等の記録通知書」を3年次の生徒と保護者に確認してもらい、納得してもらったうえで、志望校に内申書を送付する。

「中学校は受験生に対して、できるだけのことを書いてあげたい、それが何らかの点数になってくれればいいなという気持ちがあるんです。なので、『そろばん5級』とか、生徒から書いてください、と言われたものを、『うん、わかった。書くよ』という感じで、できるだけ調査書に記入する。ところが、それを受け取った高校からすると、『こんなことを書かれても、点数には結びつかないよ』というものも結構あるんです」

 そう説明する待谷さんの言葉に、教え子に対する愛情を感じた。

「成績評価」に基づく内申点の疑問については、後編で考える。

※後編「中学の5段階評定は本当に『平等』なのか? 現役教師と読み解く『内申書』のギモン」に続く

(AERA dot.編集部・米倉昭仁)