物価高が家計を直撃し、生活が苦しくなっている。特に食料品の値上がりに悩まされている人も多いだろう。どのように節約すれば、食費を抑えられるのか。カギはアマゾンと楽天の賢い使い方にある。2022年12月5日号の記事を紹介する。

*  *  *

 駅近のスーパーAより隣町のスーパーBのほうが米は安い、などの経験は誰もがしているだろう。リアル店舗より出店のハードルが低いネット通販では、より価格の開きが出やすい。ネット上で最安の品を効率よく探し出せれば、インフレが直撃している食費や日用品にかけるお金をかなり抑えられる。

 激安情報に関して超早耳の猛者から教えを乞うことにした。値上げにあらがう「日本初のお買い物キュレーター」を自称するゲッキーさんだ。この18年間、本当に安いモノばかり紹介するサイト「激安★超特価商店街」をほぼ毎日更新し、ツイッターでも速報を流している。

「お買い得品探しのとっておきのワザは、アマゾンや楽天のランキング情報チェック。『炭酸飲料 アマゾン(または楽天)ランキング』などで検索してみてください。売れ行きからリアルタイムに生成されるランキングは、まさにお買い得品の『集合知』だと思います」

■米はキロ300円以下

 アマゾンでは「食品・飲料・お酒」というカテゴリーの売れ筋ランキングが有用。ゲッキーさんは最新の動向を察知するために「順位急上昇」のランキングも頻繁に見る。楽天市場ではリアルタイムランキングの「総合」や「食品」、「米」のランキングをモニタリングしていると激安品に遭遇しやすい。

「楽天市場の場合、お米は特定地域向けに20〜30%オフのクーポンが発行されることがあるので、そのタイミングで買えばおトク。1キロ当たり300円以下が激安なお米の目安です」

 激安品探しと言えば“ワケあり”“在庫処分”といったキーワードで検索する人も多そうだが、ゲッキーさんは「効率が悪いかも」と否定的だった。

「そういうキーワードは店側も強く意識してアピールしているので、検索すると膨大な数がヒットしてしまいます。その中から選りすぐるのは大変な作業。非効率的ですよね」

 もちろん、お買い得品が続出する「楽天スーパーセール」や有利にポイントが貯まる「お買い物マラソン」といったチャンスを見逃さないのも基本。アマゾンのサイトでは「アマゾンクーポン」付きの商品だけを絞り込んだり、タイムセールや「ヤスイイね半額ストア」の情報をチェックするのもいい。

■2〜3割も安くなる

 12月1日まで年1回の「アマゾンブラックフライデー」も開催されている。楽天にもブラックフライデーはあるが、アマゾンは値下げの本気度が高い。

「日用品や飲料、加工食品を商品名で検索し、他の出品者との価格比較をちゃんとやることが大事。送料まで含めてシビアに見比べると、2〜3割も安くなることは珍しくありません」

 楽天市場内では「楽天24」「楽天24ドリンク館」など楽天24関連の店が安心。楽天24とは「ケンコーコム楽天市場店」などの4店舗が2022年2月にブランド統合されたものだ。取扱商品別で、4店舗に分かれる。

「楽天24の表面価格は最安水準ではありませんが、まとめ買いに適用されるクーポンによって、実質的にすごくおトクになるパターンが多いんです」

 ネット通販ならではの落とし穴としては、送料。油断していると“偽りのお買い得品”を選んでしまいかねない。

「特にアマゾンの軒先を借りて販売するマーケットプレイス出品者は要注意で、商品自体は低価格を提示しながら割高な送料を設定するケースがあります。最終決済時に必ず送料込みの合計金額を確認してください」

 賢いネットショッピングのために日頃できることがある。

「消耗品や子ども用のお菓子などをアマゾンの『ほしい物リスト』や楽天の『お気に入り』に登録しておけば、セールなどまとめ買いのチャンスで思い出すきっかけに。プリンターのインクカートリッジやボタン電池、LED電球なども登録しておけば、いちいち品番を確認する手間もなくなります」

(金融ジャーナリスト・大西洋平、編集部・中島晶子)

※AERA 2022年12月5日号より抜粋