重症化リスクの低い軽症の人に使える飲み薬「エンシトレルビル フマル酸(販売名・ゾコーバ)」が緊急承認された。日本の製薬企業が開発した初の新型コロナウイルス感染症治療薬だ。一方で、効果や必要性については疑問の声も上がる。 2022年12月12日号から。

*  *  *

 ゾコーバは、重症化を防ぐ効果は認められていない。既存の軽症や中等症Iの人を対象とした経口薬とは、服用対象以外にその点も異なる。

 既存の経口薬、ファイザー社の「ニルマトレルビル/リトナビル(販売名・パキロビッド)」もメルク社の「モルヌピラビル(同ラゲブリオ)」も、入院が必要になるほどの重症化や死亡を防ぐ効果が臨床試験で確認されている。パキロビッドは89%、ラゲブリオは48%、重症化を防ぐ効果がみられた。

 このため、日本感染症学会は、「COVID−19に対する薬物治療の考え方 第15版」で、重症化リスクのある感染者に対しては、ゾコーバではなく、パキロビッドやラゲブリオによる治療を検討するべきである、としている。同学会がもう一種類、リスクの高い軽症・中等症Iの患者の治療薬として挙げるのは、点滴薬のレムデシビル(販売名・ベクルリー)だ。

 軽症・中等症I対象の薬には、これら以外に点滴や注射で投与する薬が3種類あるが、いずれもオミクロン株BA.5系統に対しては効果が減弱するため、他の治療の選択肢がない場合のみの使用とされている。

 結局、ゾコーバ服用の対象となるのは軽症か中等症Iで、かつ重症化リスクの低い人になる。

 もともと重症化リスクが低い場合、解熱剤など症状を和らげる薬を飲んで休養していれば、自然に回復する人が少なくない。現状では、新型コロナウイルス感染症の治療薬は全額が公費負担で、国民の税金から支払われている。症状が消える期間を1日短くする程度の効果の薬を公費負担することには疑問の声も上がっている。

 また、医師からは、発熱外来の混雑を心配する声も出ている。

■「5類」への変更検討

 そもそも政府は、ゾコーバの対象となるような重症化リスクの低い人に対しては、発熱外来などの医療機関を受診しないよう呼びかけてきた。新型コロナウイルスとインフルエンザの同時流行などの場合に、発熱外来などがパンクして、重症化リスクの高い人が受診できないような事態になるのを避けるためだ。

 政府は、重症化リスクの低い人が発熱など感染の疑われる症状が出た場合には、自分で抗原定性検査キットで検査し、陽性という結果が出たら、自治体の健康フォローアップセンターに登録して自宅療養するよう、求めている。

 しかし、ゾコーバを処方してもらうには、医療機関を受診する必要がある。このため、リスクの低い人の受診が増える可能性がある。

 このような懸念の声がある中で、政府が検討を本格化させたのは、新型コロナウイルスの感染症法上の位置づけの見直しだ。加藤勝信厚労相は11月29日、閣議後の記者会見で、早期に議論を進めると表明した。

 現在、「新型インフルエンザ等感染症」に属し、結核や重症急性呼吸器症候群(SARS)が属する2類よりも強い対策がとられている。それを、季節性インフルエンザと同等の「5類」にすることを検討する。5類になれば、発熱外来ではなくても、どの医療機関でも診療でき、診療の担い手が増えると期待される。また、治療費は、公的医療保険の範囲で自己負担が求められるようになる。

 ゾコーバが治療薬の選択肢に加わったこと自体については、評価する声が少なくない。軽症、中等症といった分類は、肺炎の有無など呼吸機能の状態で判断され、高熱や倦怠感といった感染者本人が感じるつらさとは必ずしも一致しないからだ。

■後遺症予防の可能性

「高熱などでつらい思いをする人にとっては、症状が少しでも早く和らぐのはメリットかもしれません。ただ、ゾコーバは比較的軽症の人に投与するので、解熱剤でも症状は改善するかもしれません。どんな人にゾコーバを処方するのかは難しい判断になると思います」

 熊本大学医学部血液・膠原病・感染症内科の松岡雅雄教授(ウイルス学)はこう指摘する。松岡教授が注目するのは、ウイルス量の減少だ。

「軽症の人でも、いわゆる『Long COVID』と呼ばれる、長い間、後遺症に悩まされる人がいます。体内のウイルス量を大きく減らすことができれば、後遺症の予防に役立つかもしれません。製薬企業には市販後調査で、その点もぜひ調べてもらいたいですね」

(科学ジャーナリスト・大岩ゆり)

※AERA 2022年12月12日号より抜粋