日本一志願者が集まる栄東中学の田中淳子校長は、開校当時からの定員割れの状況を改善するために、周囲からあきれられながらも、ある策を打ち出した。その後も次々と時代を見据えた舵取りをするなか、志願者数とともに大学合格実績も押し上げ、その勢いはとどまらない。世界銀行の職員から学校教員へと転身した経歴を紹介した前編に続き、後編では、60歳で再就職した「栄東」を、教職員と一丸となり、志願者数1万人の学校に育てた手腕に迫る。

<<前編:世界銀行の通訳から、児童1人の小学校の先生に 「栄東中学」を志願者数日本一に育てた女性校長の半生>>から続く

*  *  *

「よろしく」の一言で栄東中学の教頭に

 現職に繋がる佐藤栄学園理事長の佐藤栄太郎氏との出会いは、教育委員会に勤務しているときだった。

「社会教育施設で顔を合わせていたものの、当時はそれほど親しいわけではありませんでした」

 60歳で定年退職を迎え、私立の中学校、高校から再就職の依頼がかかるなか、一番早く面接があった栄東に赴く。佐藤理事長は持参した履歴書を一瞥すると「じゃ、4月からよろしく」と一言、それだけで面接は終わった。

 栄東は、佐藤理事長が1978年に高校を創設し、92年に中学校を併設。田中先生は中学校が開校されてから、数年後に赴任した。

「栄東高校に来たつもりだったのに、佐藤理事長から中学の教頭をやってほしいと。えっ栄東に中学校があるんですか、と驚いたら、ひどく怒られました」

 中学校開校当時は定員120人に対して入学した生徒は68人。田中先生が赴任した当初も、5回入試を行っても受験生は300人そこそこで、学力が追いつかず栄東高校に進学できずに退学していく生徒も多かった。

 その後もなかなか浮上できず、佐藤理事長から「このままでは中学校は立ちゆかなくなる。何か方法はないか」と相談を受け、2003年に思いきった策に出る。

「東大選抜クラス」の立ち上げである。「栄東中学校が偏差値40そこそこのときですよ。周囲からはあきれられて、ばかにされもしました」

 クラス開設当時は志願者が10人程度だったが、徐々に増えていく。

「保護者の方々がネーミングに期待し、受験を後押ししてくださったというか。東大クラス開設当初は半信半疑ながら、もしかしたらという期待があったのでしょう」

国語力がすべての基礎になる

 教育で注力したのは「読み書きそろばん」、つまり基礎の徹底だった。特にこだわったのが国語力だ。

「一番大切なのは国語の力だから、特に国語の授業はていねいにやってほしいと先生方にお願いしました。すべての基礎は国語で、あらゆる教科において国語の力がなければ問題は解けません。それが今の時代に合っていきましたね」

 05年には、他校に先駆けてアクティブラーニングを導入。ディスカッションを中心とした生徒主体の授業を取り入れた。これには、世界銀行での「知識だけではだめ」という、苦い思いが生きている。

 徐々に大学進学率も上がり、早慶に累計200人ほどの合格者が輩出する進学校に育っていたが、07年にはカリキュラムを大きく改編し、国立・理系型に変えた。

「時代が急速に変わっているのを感じました。いくら早慶の合格者が増えても、文系だけの学校では時代に取り残されてしまう」

 同時に、理系の教員を大量に採用した。これらの改革が功を奏して、大学実績も上がり09年からは東大に2桁の合格者を出し、16年には合格者27人と県立浦和高校を抜いて、埼玉でトップに躍り出ている。さらに22年には理系を厚くしたカリキュラムの効果が表れ、東京理科大合格者が198人と日本一になった。特に顕著なのは、国立、私立とも医学部医学科の合格者が急増した点である。志願者数も右肩上がりに増え、14年以降、10年連続で中学校の志願者数が1万人を突破している。

佐藤理事長の志を継ぐ

 佐藤栄学園を創設から導き田中先生を支えた佐藤理事長は、08年に逝去。田中先生にとって、くやしい思いがある。

「やっと東大合格者が出始めたころでした。もっと栄東の隆盛した姿を見てほしかった」

 佐藤理事長と田中先生は名コンビだった。こんなエピソードがある。ある日、田中先生が食事を取る時間がなく、和菓子店で買った豆大福をそのまま立って食べ、店を出たそのとき、赤信号で止まった車の窓から佐藤理事長が顔を出し、「こら、何を行儀悪いことをしている」と、怒鳴った。

「2個あったから、理事長の分もありますよと1個あげたら、そうかそうかと相好を崩してね」

 入試広報センターの稲田昭彦先生は、こう言って笑う。

「佐藤理事長にもの申せるのは、田中校長だけでした。2人のやりとりを聞いていると、掛け合い漫才のようで楽しかったですね」

 佐藤理事長から学んだのは、生徒を愛し、育てようという志だった。

「子どもは宝だといつも言っていましたね。部活で優勝した生徒の挨拶を聞いて涙を流す、そんな温かな気持ちの人だから、生徒にも保護者にも好かれていました。廊下で生徒とすれ違うときに、栄ちゃん!と声を掛けられるとうれしそうに、よお!って片手をあげてね」

 23年度の入試も志願者数はさらに前年度を上回り、1万4000人弱になった。勢いはとどまることを知らない。

「伝統校や難関校でネームバリューがあったらできなかったかもしれない。失うものは何もない学校だったから良かった。ゼロからのスタートで、保護者の方々の後押しをいただきながら、教職員も一丸となってなんとかしようと動いた成果です」

 ただ、栄東はいまや進学校に成長したものの、必ずしも東大合格者を出したいわけではないという。

「東大を出たからといって、必ずしも自己実現ができるわけではありません。育てたいのは、挫折しても立ち上がって次に進める生徒。あらゆる教科を勉強して身につけた知識を知恵に変え、それを土台にどの分野でもいいから極められる人間です。栄東に居て良かったという『居甲斐(いがい)』を感じて、それが将来に繋がれば、それが本望」

 さて、パワフルな校長のもとで、これから栄東はどこへ進んで行くのか。

(ライター・柿崎明子)

田中淳子 京都市生まれ。同志社大学文学部英文学科卒。栄東中学・高校校長。学校法人佐藤栄学園理事長。大学卒業後、世界銀行に就職。東欧を中心としたヨーロッパ各国、アメリカ合衆国などに赴任した後、帰国して英語の教員に。埼玉県で定年退職後、栄東中学の教頭に着任。2008年栄東中学・高校の校長に就任。20年から同学園の第4代理事長を兼務。