「カレーハウス CoCo 壱番屋」(通称ココイチ)の「辛さ」を巡り、ささやかな疑問があった。ココイチのカレーは注文時、有料で辛さを変更できるのだが、一方で卓上には「とび辛スパイス」というオリジナルの粉末の辛味調味料があり、好きなだけ入れられる。この「とび辛」はただの唐辛子ではなく、店頭などで販売もされているこだわりのスパイスで、ハマっているファンもいるようだ。有料の辛さ増しがありつつ、なぜ別のこだわり辛味アイテムがわざわざ置かれているのか。違いは一体何なのか。このひそかな“謎”について、ココイチにちゃんと聞いてみた。


*  *  *
 ココイチ好きの人には説明するまでもないだろうが、店内で基本メニューのポークカレーを注文すると、ライスの量と辛さを聞かれる。ここで辛さを変更せず「普通」にすれば「一般的な中辛程度」のカレーが提供される。

 辛さは最高で「10辛」まであり、「一般的な辛口程度」の1辛から、「1辛の約12倍」の5辛まで22円ずつ値段が上がる。6〜10辛は5辛と同じ一律110円に設定されているが、「今まで5辛を完食された方に限らせていただきます」との注釈があり、相当な覚悟のいる辛さだと分かる。

 一方で、卓上には「とび辛スパイス」という粉末のオリジナル辛味調味料があり、入れ放題だ。ステンレスの容器に「少量でお試しの後、お好みに合わせて辛さを調整してください」と書かれている通り、これがけっこう辛い。辛口が好きだからと調子に乗って入れすぎると、顔からじわりと汗が噴き出てくる。

 この「とび辛スパイス」はただの唐辛子ではない。複数のスパイスからなるココイチこだわりの辛味調味料で、小袋入りと瓶入りのものが店頭や通販などで販売されており、味わいにハマって購入を続けているファンもいるようだ。瓶入りの商品は長期保存しても固まらないよう、卓上のものとは少し中身を変えているという。

 筆者はずっと、この2つの辛さ増しの存在にささやかな疑問を抱き続けてきた。有料の辛さ増しだけではなく、なぜ別のこだわり辛味アイテムがわざわざ置かれているのか。



 ネットで調べると、同じように疑問を抱いている人はいるようだ。この“謎”を解決しようとココイチを運営する「壱番屋」の広報担当者に聞くと、まずは、辛さ増しカレーの作り方についてこんな答えが返ってきた。

「有料の辛さ増しは、とび辛スパイスと専用のオイルを合わせて、辛みのもとを作ります。それを、カレーソースと一緒に煮込んでいます」

 え、同じものなの? 卓上にある「とび辛スパイス」を使っていることにちょっと驚く。オイルと合わせて煮込むと、何が変わるのか。

「カレーソースと一緒に煮込むことで、辛さがソース全体に広がり、ソースと辛さが一体化します。とび辛スパイスを入れるだけでは、この一体感は生み出せません。こうして、調理の工程でひと手間を追加していることから、お客さまから代金をいただいております」(同)

 なるほど。それでは、卓上のスパイスはなんのために存在するのか。

「卓上のとび辛スパイスは辛さの微調整用で、『もう少し辛くしたい』というお客さまのために置いています。粉末を振りかけているだけですので、入れすぎると粉っぽい食感が残ってしまいます。また、ソース全体の辛さを均一にすることも難しいです」

 この点は分かる。多めに入れた時はざらつき感が確かにある。辛さも舌に直撃する“痛み”のように感じることがあったが、粉末が一点に集まっていたのかもしれない。刺激がとにかく好きな辛党は気にせずたくさん入れるのかもしれないが、辛味のバランスの悪さが気になる人もいるのだろう。

「少しずつ辛さを変えながら、お好みのポイントを探ってほしいと考えております。有料の1辛はもの足りず、2辛だと少し辛いと思われた場合は、1辛にしてスパイスで微調整するといった具合で楽しんでいただけたらと思います。また、とび辛はサラダにもとても合いますよ」(同)

“謎”は解けた。あとは自分の舌がそれをしっかり判別できるかどうか……。でも、違いをちゃんと理解して食べてみたら、また感じ方が変わるかもしれない。



 ココイチが辛さ増しを取り入れたのは創業翌年の1979年のこと。飲食店で、客が自分の好みで辛さを選択できるシステムは、当時は珍しかったそうだ。また余談だが、店舗デザインなどを刷新した2005年ごろまで、店内には辛さを“過激”に表現した「とび辛表」なるものがあった。

1辛:口中ボーボー、三口でシャックリ
2辛:汗はタラタラ、耳までマッカ
3辛:目はバチバチ、十二指腸もビックリ
4辛:頭はガンガン、二日酔もマイッタ
5辛:全身ガクガク、三日はケッキン
それ以上:内臓破裂、医者の紹介いたします(過去に5辛を全部食べた方に限ります)

「本当にこうなるわけではありませんが、お客さまに無謀なチャレンジをしないよう注意を促す意味も込めて、ユーモアで辛さを大げさに伝えるために作った表現でした」(同)

 そういえば、かつてはライスの量が1300グラム、制限時間以内に食べれば無料というチャレンジメニューもあった。

 国内外に1400超の店舗があり、今やあって当たり前のココイチだが、こんな歴史や作り方の違いを知りつつ食べてみるのも、面白いかもしれない。(AERAdot.編集部・國府田英之)