生活にアートを採り入れようと、美術館や芸術祭がにぎやかだ。もっともギャラリーの訪問はハードルが高く、未体験という人も少なくない。「鑑賞」から「購入」へ。その壁を越える時に必要なことは──。

 東京・南青山の通りに面した一角。ガラス製の大きな引き戸越しに、大きな目をしたおかっぱ頭の少女と目が合った。現代美術家の渡部満さんの作品だ。通りかかる親子が中をチラ見しながら歩いていく。「ギャラリー玉英」は1年ほど前に銀座から引っ越してきた。主に国内外の現代美術を扱う画廊だ。

 以前はビルの4階で、「よっぽど用事がないと入りにくい」立地だった。現在は通りに面しているため、「一見さんも多く来ます」と、画廊主の玉屋喜崇さん(46)は話す。

 美術業界に20年以上身を置く玉屋さんだが、以前、新規で来店した40代とおぼしき男性実業家に衝撃を覚えた。

 その男性は、玉屋さんが薦めた日本人作家による戦後美術の絵画をその場で購入。作家のことは知らず、価格も決して安くなかったのに、だ。玉屋さんが気になって理由を聞いたところ、作品の価値を自分自身で探っていくところに面白みを感じると言った。

「美術史における作家の位置を確認し、カタログを買って購入予定の作品をリサーチし、適正な価値を見いだすことが楽しいと言っていました。長年僕が潜在的に思っていたことを言葉で表してくれましたね。その作品の素性をロジカルに読み解いていく感じです」(玉屋さん)

 同ギャラリーは3月に東京国際フォーラムで開催されたアートフェア東京2017に出展した。所属作家の一人、野口哲哉さんの甲冑をまとった侍をモチーフにした立体8体はオープン後、即完売した。

 今年で12回目の開催となる同フェアは、国内最大級の国際的な見本市だ。和洋折衷の多彩な作品が展示・販売され、今年は150のギャラリーが出展した。来場者は過去最高の5万7800人を記録。プレオープンでは、開館と同時に100人弱の客がなだれ込み、新年の初売りセールさながら、お目当ての作品へと猛ダッシュした男性もいた。

 来場者のひとり、50代会社員女性は「買うつもりはなかった」が、刺繍作家の小林モー子さんのブローチ(1万2千円)と、イラストレーターの石黒亜矢子さんの絵画(21万6千円)を購入。毎月の給料と照らし合わせると躊躇する金額だったが、購入せずにはいられなかったと言う。

●「芸術」と「仕事」の関係

「作品との出合いは恋愛と似ています」

 そう言うのはアートフェア東京を主催するアート東京の理事長・來住尚彦さんだ。誰かに恋をした時、そこに明確な理由などないこともある。

「アートは第一印象で、好き嫌いを決めてもいいと思います。ギャラリーはアート業界における水先案内人。ギャラリストはアートを熟知した『アート人生の先輩たち』です」(來住さん)

 アート東京が約2万人を対象に調査した「日本のアート産業に関する市場調査2016」によると、国内の美術品取引などのアート産業の市場規模は3341億円にのぼる。「芸術は、人々が豊かに生きるために必要である」との問いに対する肯定派は6割を上回った。その一方、「芸術的視点は、あなたの仕事において重要である」と考える人たちは2割程度だ。

 調査を担当したアート東京マーケティング&コミュニケーション・ディレクターの墨屋宏明さん。日本では芸術と仕事を切り離して考えている人が多いことを課題に思ったと振り返る。

「この結果が日本で『アートはハードルが高い』と思われているゆえんだと思います。芸術関係以外のあらゆる職業の人々にもアイデアを与えるのがアート。欧米では、経営哲学と考え方が重なる現代アートを飾る会社もあります。ビジネスとアートが結びついています」

●幼少期に本物に触れる

 前出の來住さんは以前、TBSプロデューサーとして音楽や街づくりの企画などに携わった。墨屋さんは野村総合研究所のコンサルタントだった。2人とも異業種だが、仕事の上で重視していたものは共通していた。

「今回のアートフェア東京は東京ガールズコレクションとコラボレーションしましたが、身近なファッションを突き詰めた先にあったのは“美”でした。自分から生み出す“美学”がファッションで、外から誘われる“美学”がアート」(來住さん)

 一方、墨屋さんもITやプログラミングの世界においても“美”があり、「お客様を感動させたいという価値観で働くと、その人の哲学や美学が磨かれ、仕事の成果にも反映されると思います」と言う。

 では、なぜアートは教養レベルにとどまってしまうのだろうか。來住さんは子どもの教育にヒントがあると考える。

「私自身、一般的な家庭で育ちましたが、一年に1度は相撲、歌舞伎、宝塚などに連れていってもらいました」

 幼少期から、本物に触れることで感性が養われると來住さんは考える。例えば3万円と3千万円の絵画とでは何が違うのかなど、作品の美しさだけではなく、社会への影響力について自由にディスカッションできる環境があったかどうか。

 10年後にはアートのハードルが低い世の中にしたいと願う來住さんは、「最後は美しいものが残ると思います。これからのアートと教育を変えていきたい」と言う。

 近年では美術館や芸術祭に多くの人が訪れる中、ギャラリーに足を運ぶ人はまだ少数派だろう。作品の購入意思が固まっていない中ギャラリーを訪問したら門前払いをくらうのでは、などと不安に思ってしまうが、「ギャラリーに来て、見ていただくだけでありがたいです。販売だけが目的ではないので」

 そう話すのはアール・ブリュット展などをプロデュースするFOSTER代表の杉本志乃さんだ。以前、東京・銀座の吉井画廊に勤務していた。ギャラリーを訪問したことがない人へのアドバイスとして、ギャラリーには2種類あることを知ってもらえたらと杉本さんは言う。

 一つが作家の新作を展示・販売するマザーギャラリー、もう一つはオークションで出展された作品などを扱うセカンダリーギャラリーだ。

 マザーギャラリーで作品を買うことのメリットは多数あると杉本さんは言う。例えば、購入後に額や自宅で飾る場所を提案してくれたり、今後コレクションをする上でのアドバイスをもらえたりすることも。アフターケアもあるため、作品を手放す際はギャラリーがその時の時価で買い戻してくれることもある。

 村上隆さん、奈良美智さん、草間彌生さんなどの著名作家の作品を1次流通で購入していた場合、元値より上がることはあっても下がることはないとか。「投資目的で購入する場合は、長いスパンで考えることと、作家の成長を見守り育てる気概がないと成功するのは難しい」と杉本さんは言う。

 価格についても、2次流通した場合は中間業者の取り分が上乗せされているので、結局マザーギャラリーで購入するのが一番お得なのだと言う。

「値段についてもどんどん聞いてほしい。ギャラリーにはプライスリストというものも置いてあります。購入は基本的に現金払いとなり、振り込みを確認してのお渡しとなるのでトラブルもほぼないです」(杉本さん)

 とは言え、芸術品の購入は決して安くはない。鑑賞者から購入者になった自営業の中山博喜さん(59)は、以前は「買う」という認識がなかった。しかし、アートを熟知した知人に「何で買わないの?」とさらりと言われた時、意識しだしたと言う。初めて作品を購入した際には激しい高揚感を覚えた。

「世界が広がりました。作家の方を応援し、育てていけるのもうれしい。ギャラリーには作家の方がいるのを見計らって訪問します」(中山さん)

 現在は鑑賞用として作品を購入しているが、将来的には投資にも興味があると言う。

●物を価値判断する力を

 芸術品の鑑賞と購入とでは、見る視点が異なるのか。アートディレクターであり、アーティストのヒロ杉山さん(55)は、前出の杉本さんとともに展覧会などのプロデュースをすることもある。他人の意見とは無関係に、本当にこの作品が好きかどうかを自分で判断することが現代社会に求められることだと話す。

「物の価値判断をすることが大切です。『ブランド品だから買う』という視点ではなく、その作品に15万円を払えるかどうか。それをぜひギャラリーに行って、自分でやってみてほしいですね」(杉山さん)

(編集部・小野ヒデコ)

※AERA 2017年7月17日号