コムデギャルソンを立ち上げた川久保玲、ヨウジヤマモトの山本耀司、漫画家の安野モヨコさん、女優の樹木希林さんら、多くの著名人を排出した「セツ・モードセミナー」がこの4月に閉校した。それに伴い、校長の長沢節(1917〜99)が手がけた50年前のモノ・セックス(無性)によるファッション・ショーが再現された。



*  *  *
 剥き出しの素足を見せたガリガリの男性がミニスカートをはき、乳房を剥き出しにした女性モデルは颯爽と会場を歩いてみせる。

 50年前の1967年に「ワシントン靴屋」銀座本店のオープニングイベントとして長沢節が手がけた挑発的なファッションショー、モノ・セックス・モード・ショー」が、6月10日、文京区の弥生美術館で再現された。

 伝説のファッションイラストレーターの長沢節生誕100年の節目となる今年春、長沢氏が校長をつとめた美術学校「セツ・モードセミナー」が閉校。弥生美術館では、長沢の300点余りのイラストや愛用品を展示した企画展を開催。「ショー」も企画のひとつとして再現されたのだ。作品となる衣装は、学校で大切に保管されていたという。

 独自の美学を持つ長沢は、手や肘、腕をつなぎ合わせる関節美に魅了された。性差は小さいほど美しいとして、ガリガリに痩せたモデルを好み、ゴツゴツと骨ばった人物を描き続けた。

 弥生美術館の学芸員の内田静枝さんは、1967年の「モノ・セックス・モード・ショー」は男女差別や、米国のベトナム侵攻など強者による支配が根強く横たわる社会全体への反抗心を体現したショーだったと説明する。

 長沢自身もショーのパンフレットに挑戦の意図をこう書いている。

「女と靴下が強くなったとか、男の女性化とか大分騒がれているようですが、多分これはみんな男のゴマカシでしょう。男はまだ強いし、女はまだ1人では生きられません。(中略)男を弱くし、女を強くするために服装が果たす役割とは何でしょうか」

「今度の実験では従来のしきたりを破って、夜の服以外は特に『男もの』とか『女もの』を一切やめてしまいました。つまり自分のボディに合いさえすれば誰が何を着ても、履いてもいい無性(モノ・セックス)なのです。」

 花を胸に差した時、一層男らしくなったり女らしくなるかは、見る側の自由。そうしたモノ・セックスな感覚を服装デザインに置き換えたのだと、長沢は記している。

 ショーで服のデザインを担当したセツ・モードセミナーファッション科講師の浅賀政男さんは、当時を振り返る。

「1970年に再演した際、長沢さんはショーの服のままモデルをワシントン靴屋から松坂屋まで歩かせた。すると、おまわりさんがすっ飛んできて、責任者の長沢先生が連れて行かれてしまったんです。それほど、インパクトのあるショーだったんです」

 このときの衣装も現存するものは、ショーに登場。モノ・セックスな演出を楽しませてくれた。

 会場にはセツ・モードセミナーの卒業生や長沢のファンが詰めかけた。今年3月の閉校に伴い、最後の卒業生となった小野寺隆さん(44)は、長沢のモノ・セックス観にこう共感を示す。

「私たちは小さい頃から、『赤=女性の色』といった風に、決められた男女の価値観を教え込まれます。しかし、学童職員として子供に関わっていると、たとえば子どもが好きになる色に男女の区別はないと分ります。男女を超えた自由な価値観という視点はとても大切だと思います」

 セツ・モードセミナーは、60年間で1万人を越える卒業生を排出した。ファッション・イラスト界を長きに渡り牽引してきた巨匠の教えは、時を越えてもなお色あせない。

(永井貴子)

※週刊朝日オンライン限定記事