実に125年ぶりの異常事態という。札幌市で7月上旬に4日連続で真夏日を記録したのだ。10日には全国38地点で最高気温が35度以上に。まだ梅雨も明けぬ前から、うだる暑さ。酷暑を乗り切る生活防衛術をお伝えする。

 気象情報会社ウェザーニューズの担当者は、今夏の猛暑をこう解説する。

「中国大陸で気温が高く、その暖気が入りやすい気圧配置が続いていたため、7月になって東日本や北日本で平年よりも気温が高くなっています」

 猛暑に伴って、熱中症患者も急増中だ。

 消防庁によると、7月3〜9日の1週間で4241人が救急搬送され、6人が死亡。前週(6月26日〜7月2日)の1914人から倍増した。10日には、岩手県の花巻球場で35人が熱中症の症状を訴え、病院に運ばれた。最近は、集団で搬送されるケースも目立っているという。

 熱中症になる人は年30万〜40万人で、5万人前後が救急搬送されている。

 厚生労働省の資料から、熱中症による死亡者を集計すると、1996〜2005年の10年間は2570人。06〜15年には8082人に激増した。

 観測史上最も暑い夏だった10年は、1731人もの死者が出ている。近年の猛暑は、もはや災害と言うべき被害をもたらす。

 今年は5月から暑い日が続いたため、エアコンのスイッチを早くから入れた人も多いだろう。北海道で平年より1.7度、東北と関東甲信地方で1.6度高かった。6月は平年より気温が低かったが、7月になると、上旬から東日本や北日本で平年より1度以上高くなっている。

 8〜9月にかけて酷暑となることも確実な状況だ。

 気象庁の3カ月予報(7〜9月)を見ると、日本列島は真っ赤に染められている。赤色は平均気温が高くなる可能性が50%以上なことを示している。

 気象庁の予報官が説明する。

「今年は太平洋高気圧の張り出しが強く、日本付近に達します。一方で、大陸からのチベット高気圧も強く張り出し、晴れる日が多く、平年より高い気温が予想されます」(地球環境・海洋部・気候情報課)

 このため、日本付近は太平洋高気圧とチベット高気圧が例年より強く張り出す“ダブル高気圧”に覆われるという。

 ウェザーニューズの担当者は「チベット高気圧は太平洋高気圧より上空にあり、二つの高気圧はぶつからずに本州付近の上空で重なります。背の高い一つの高気圧のようになり、勢力がますます強まる。暑い夏になると思われますが、10年ほどの“スーパー猛暑”にはなりません」と話す。

 二つの高気圧の張り出しが重なったタイミングが、猛暑のピークとなる。今夏は2度あり、梅雨明けごろの「7月下旬〜8月初め」と「8月下旬〜9月上旬」になるという。

 ウェザーニューズの担当者はこう指摘する。

「例年なら8月後半以降、太平洋高気圧は徐々に勢力を弱めます。今年は9月になっても勢力を維持し、残暑が厳しくなりそうです。また、高気圧は10日間くらいで強まったり、弱まったりするので、二つのピークの間のお盆に暑さは一段落します。そのかわり、高気圧の谷間に積乱雲が発生しやすくなり、ゲリラ豪雨に要注意です」

 同社は、7〜9月にゲリラ豪雨が全国で7043回発生するとの予測を発表している。多発した昨年(7498回)と比べると微減すると見ているが、北日本や西日本など5〜8割増える地域もある。

 一方で、北海道と東北地方の太平洋側や九州・沖縄は、前線や低気圧、湿った空気の影響を受けて晴れる日が少ない時期もある。気温は平年並みか、やや高くなる傾向だという。

 昨年の日本の平均気温は平年より0.88度高く、1898年の統計開始以来、最も高かった。世界の平均気温も0.45度高くなり、統計開始以来最高に。太平洋東部の南米沿岸から赤道付近の海面水温が上昇するエルニーニョ現象が起きたことも原因とみられている。

 国立環境研究所・地球環境研究センターの主任研究員、塩竈秀夫氏はこう指摘する。

「日本の夏の猛暑には、温室効果ガス排出による地球温暖化の影響が含まれます。異常気象は、高気圧が例年より強く張り出すなどの自然本来の現象によって引き起こされます。しかし、例えば、地球温暖化が進んだ現在と50年前で仮に同じ気圧配置になったとすれば、現在のほうがより暑くなるのです」

 温暖化に加え、大都市圏ではコンクリートなど人工構造物や自動車の排熱などが要因で起きる「ヒートアイランド現象」もある。局地的に気温が上昇し、いっそう苛酷な暑さとなる。

 本格的な夏を迎え、熱中症対策に万全を期したい。

 ウェザーニューズはスマートフォンのアプリで、熱中症の危険性を知らせる「熱中症アラーム」を提供中だ。こうした情報をうまく使い、しっかりと備えたい。同社の担当者は以下のような注意点を指摘する。

○水分と塩分をこまめに摂取する。塩飴やスポーツドリンクなどでも補給できる
○屋内での熱中症に注意。睡眠中に室温が知らず知らずのうちに上がっていることもある。特に高齢者は皮膚が暑さを感じにくく、無自覚で熱中症になる。エアコンや扇風機の使用を躊躇(ちゅうちょ)しない
○湿度にも注意。気温が高くなくても、湿度が高いと体の熱を発散できず熱中症になりやすい。こまめな換気と除湿を

 猛暑に打ち勝ち、元気に夏を乗り切りたい。

※週刊朝日 2017年7月28日号