世界にはばたいた“クールジャパン“が今夏、日本に逆上陸する。7月15日公開の映画「パワーレンジャー」は、20年以上、アメリカで戦い続けてきた“アメリカ版スーパー戦隊“だ。ロングヒットを続けるまでに成長した秘訣をひもとく。

*  *  *
 日本を守ってきた戦隊ヒーローがアメリカに渡ったのは1993年。日本で放送されていたスーパー戦隊「恐竜戦隊ジュウレンジャー」をベースに、アメリカでローカライズされた作品は「パワーレンジャー(英題:Power Rangers)」(初代は「マイティ・モーフィン・パワーレンジャー」)として生まれ変わる。以後、パワーレンジャーは、副題(パワーレンジャー・ターボ、パワーレンジャー・スーパーサムライなど)を変えながら日本の最新作品をベースにリメイクを続けてきた。

 初上陸のインパクトは強烈で、放送を開始すると人気は瞬く間に広がり、社会現象になった。テレビシリーズと、今回の映画版でプロデューサーを務めたブライアン・カセンティーニさんが振り返る。

「年末のクリスマス商戦では、フィギュアなどの玩具を求める列に徹夜で並ぶ親子の姿がニュースで取り上げられ、ユニバーサル・スタジオでパワーレンジャーショーを開催した時には、近くの高速道路があまりの渋滞で閉鎖されるという事態も起こりました。ある放送回では、2歳から11歳の視聴率が90%以上を記録。ほとんどの少年が観ていたという驚異的な数字を出したんです」

●ヒーローは1人が常識

 1作目でブームを巻き起こしたパワーレンジャーだが、放送までの道のりは決して平坦ではなかった。それは日米の文化の違い。まず、アメリカ側の制作チームに、“グループヒーロー”というスーパー戦隊の定義を理解してもらう必要があった。

 当時のアメリカのヒーローは、「スーパーマン」「スパイダーマン」「バットマン」など、1人のヒーローが世界を救うストーリーが主流。そもそもアメリカの文化にはキリストという唯一無二の絶対的存在が根付いており、ヒーローも1人という考え方が常識だった。5人(複数)のヒーローがいることの説明に苦労したという。

「キリストはひとりです。5人はいないのです」

 アメリカのディレクターによるこの一言は、番組関係者にとって忘れられない一言だったという。

 また、スタントマンに、独特のアクションとポーズをやってもらうことも、ハードルが高かったという。長寿番組となった要因は、ドラマパートでコメディー要素を入れるなどアメリカ側の制作スタッフの創意工夫があったことはもちろんだが、日本のスーパー戦隊がシリーズを通じてこだわり続けた演出を受け継いだことも大きい。

●時代劇から続く文化

 見せ場となる名乗りのポーズや必殺ポーズをはじめ、5人のヒーローが順序良くアクションを重ねる演出が日本と同様にアメリカの子どもたちの心をつかんだ。この戦隊流のアクションは、時代劇の演出をベースとする動きだという。

「日本のヒーローアクションというのは、格闘技でもない、体操でもない。どうすればヒーローをかっこよく見せることができるかをとことん追求したアクションです。間の取り方から顔の角度まで、怒った時はぐっとあごを引くとかね。独特の表現方法です。これは日本の時代劇から特撮ヒーローへ続く、長年培われた文化ですよ」

 こう話すのは、パワーレンジャーのテレビシリーズにスタント、監督、プロデューサーといった立場で15年以上関わった坂本浩一さんだ。

 だが、当時のアメリカは戦隊アクション未開の地。幼い頃から時代劇の見えや殺陣を観て親しんでいる日本人とは異なり、独特の表現方法を知らないアメリカ人のスタントマン(スーツアクター)は、見よう見まねでやってみても当初はうまくできなかったと語る。

「例えば、格闘技の経験者を呼ぶと蹴りがうまい人はいるし、パンチがすごい人もいる。でも、一瞬の力強さだけは表現できても、流れるようなアクションはできないんです」(坂本さん)

 日本でスタントマンとして活動していた坂本さんは高校を卒業すると、映画監督を目指して18歳で渡米。アメリカでもスタントマンの活動を続けているうちにパワーレンジャーの制作スタッフから声がかかった。

「スーパー戦隊のアクションの色が出せないから手伝ってほしいということでした。駐車場に行って、戦隊流のアクションを演じて見せました。日本では、週末は遊園地でヒーローショーのスーツアクターをやっていましたから、頑張りましたよ! ポーズをとったり、やられて倒れたりとか、一通りやったら、『まさにその動きがほしい』と」

 パワーレンジャーのセカンドシーズンから参加し、早速、日本からスタントチームを呼んでスーツアクターに起用した。
「現地のスタントマンも一緒にやりました。指導を続けるうちにマスターする人も出てきました。徐々に戦隊流のアクションとはこういうものだという意識が芽生えたんだと思います」(坂本さん)

●全米に与えた影響

 パワーレンジャーに日本の戦隊流のアクションの種をまき、少しずつ芽吹いていく喜びを感じながら、思わぬ事態が起きて坂本さんを感動させる。

「アメリカの子どもたちが格闘技を習い始めるという現象が起こったんです。当時はクラスの男の子の半数以上が空手やテコンドーの道場に入門。理由を聞くとパワーレンジャーが好きだからって。それから20年以上経って、今アメリカの第一線で活躍しているスタントマンたちに、スタントを仕事にしたきっかけを聞くと、子どもの頃にパワーレンジャーを観て憧れだったと言われて、感激しました」

 パワーレンジャーは今、ヨーロッパ、中南米、アジアなど世界160以上の国と地域で放映される世界的なヒットコンテンツに成長した。今回の映画版は、ド派手なアクションやコンピューターグラフィックス(CG)など最新技術を駆使した映像が魅力のひとつ。ヒーローとなる5人の高校生たちの成長物語も見どころだ。超人的な能力を身につけても、簡単には変身できないことに気づいた5人は、家族や学校などそれぞれが抱える悩みや葛藤を乗り越えて、真のヒーローへと覚醒する。大人が観ても楽しめる作品だ。

 アメリカで大きく花開いたヒーロー戦隊。世界で成功した日本のコンテンツには、時代劇から続く日本独自の演出方法が生きている。

(ライター・内山賢一)

※AERA 2017年7月24日号