1928年の「蒸気船ウィリー」から2016年の「モアナと伝説の海」までのディズニー・アニメーションの歴史をたどる「ディズニー・アート展 いのちを吹き込む魔法」が、9月24日まで日本科学未来館(東京都江東区)で開催されている。



 約6500万点の中から厳選された約500点が展示され、その多くが日本初公開。ミッキーマウス幻のデビュー作となった「プレーン・クレイジー」の原画もあり、ディズニーファンだけでなく、映画好きも楽しめる貴重な展覧会だ。

 今回はその中から、代表作の原画や展示室の様子、そして手に入れたいオリジナルグッズの一部を紹介する。

■ふしぎの国のアリス(1951)
アニメーターのメアリー・ブレアによるカラフルなコンセプト・アート。ルイス・キャロルの童話をもとにした長編映画は中期ディズニーの代表作になった

■バンビ(1942)
制作当初、動物の表情に納得できずにいたウォルトが、動物画家による作画の講習や、スタジオ内で鹿を飼うなど、リアルな動きを追求して生まれた作品

■蒸気船ウィリー(1928)
ミッキーマウスのデビュー作。世界初の短編トーキー・アニメーションとして公開。この作品でミッキーの声はウォルト自らが演じ、以後約20年間続いた

■リトル・マーメイド(1989)
ディズニーのトップアニメーター、グレン・キーンによるコンセプト・アート。デジタル技術を導入したディズニー新時代の幕開けとなった作品

■ピノキオ(1940)
ディズニー・アニメーションを支えた9人の名アニメーターの一人、フランク・トーマスによる原画。長編アニメーションの2作目の作品

≪スタジオを彷彿とさせるダイナミックな展示室≫

時代を追って原画やスケッチ、コンセプト・アートなどをはじめ、当時の革新的撮影技法や、先進的芸術表現などを紹介した展示もあり、ディズニー・アニメーションの魔法が明かされる。

ミッキーの姿がかたどられたゲートをくぐると原画展示会場というより、スタジオに入った気分に。ディズニーの世界に飛び込もう。

キャラクターの表情や姿、かたちなどを検討するために粘土などでつくられた「ライオン・キング」(1994)のマケット(模型)も。

ドナルドダックの「ボランティア・ワーカー」のストーリー・スケッチと「ドナルドの仕事は楽し」の原画は、その表情が愛らしい。

「ダンボ」(1941)のストーリー・スケッチと原画は、檻に入れられた母親象のジャンボが、窓から鼻を出して座らせる子守唄のシーンが描かれる。

室内は「アナと雪の女王」(2013)のエルサが魔法でつくった雪だるまのオラフに、アナが再会するシーンのコンセプト・アートが背景になっている。

≪オリジナルグッズも見逃せない≫

■豆皿 プレーン・クレイジー
ミッキーマウス幻のデビュー作「プレーン・クレイジー」が描かれた直径9センチの豆皿。650円

■ブックアートコレクション
キャラクターがブック型のケースに入ったカプセルトイ。他にもドナルドダックなどがある。463円

■クリアフォルダ Magic ダンボ
映画のワンシーンを切り取ったクリアファイル。紙をはさむと線画が浮かび上がる。450円

■マグカップ メインアート
「蒸気船ウィリー」をはじめ原画10点がプリントされた展示会オリジナルマグカップ。1500円

*通常は10〜17時。ただし、金、土曜、祝前日、およびお盆期間(8/13〜15)は21時まで延長して開館。詳細は公式サイト (http://da2017.jp/)をご確認ください。

※週刊朝日 2017年7月28日号