医師で、『生きかた上手』などの著書がある、日野原重明さんが7月18日、呼吸不全のため、都内の自宅で亡くなった。

 1941年に聖路加国際病院の内科医となって以来、「生涯現役」を貫いた日野原さん。生活習慣病の名付け親、民間病院初の人間ドック導入など、その功績は枚挙にいとまがない。また70年には、よど号ハイジャック事件に遭遇し、無事に生還した。

 日野原さんには、年齢を気にせず新しいことに取り組むチャレンジャーとしての顔もあった。ミュージカル「葉っぱのフレディ」の脚本を手掛けたり、103歳で乗馬を体験したりと、活動の場を広げていった。

 98歳で始めた俳句もその一つ。朝日俳壇などの選者を務める俳人の金子兜太さん(97)に添削をしてもらうなどして句作にはげみ、104歳になった2015年10月4日の誕生日には、104句を編んだ記念句集を出した。

 いのちの大切さを訴えてきた日野原さんにとって、俳句は、五・七・五の表現を楽しむ以上の存在だったのかもしれない。朝日新聞のコラム「99歳私の証・あるがまま行く」の11年6月11日付では、東日本大震災に触れ、俳句や短歌は「日本の庶民の文化として、(中略)音楽のような効果があるのではないか」と語った。

 このコラムをきっかけに始まったのが、「ランドセル俳人」で知られる俳人の小林凜さん(16)と年齢差90歳の交流だ。その様子は『冬の薔薇立ち向かうこと恐れずに』(ブックマン社)に収められている。

「わが家では、土曜の朝は食後に3人で日野原先生のコラムを読むのが日課でした。あのときは、俳句が“再起のエネルギーになる”ということが話題になったんです」(凜さん)

 凜さんは当時10歳。いじめに遭い、つらい思いをしていた彼の支えになっていたのは、5歳から始めた俳句だった。祖母がそのことを手紙にしたため、日野原さんに送ったところ、自筆の返事が届き、そこから交流が始まった。

 その秋、凜さんが日野原さんの100歳の誕生日に向けて贈ったのが次の句。

《百歳は僕の十倍天高し》

 二人が初めて会ったのは、文通が始まってから2年後。13年の夏だった。夏休みを利用して、母親と一緒に上京し、聖路加国際病院を訪ねた。そのときのことを、凜さんは今も忘れない。

「すごい方ですし、年齢差もあって緊張しました。でも、日野原先生は慈悲のかたまりのような方でした。どんなものもその優しさで包み込んでくださるような、優しさを感じました」(同)

 この気持ちをこう詠んだ。

《百歳の師に抱(いだ)かれた夏休み》

 一方、凜さんの来訪を喜んだ日野原さんは、初対面の少年の表情や声をこんな句にした。

《頭上げ流す言葉にビオラの音(ね)》《半身を傾け少年目は白き》

 かくして、日野原さんの提案で始まった“俳句のキャッチボール”は、今年5月まで続いた。交わした手紙は30通あまり。5月末に届いたはがきは口述筆記だった。

 みずみずしい感性を持つ少年とのやりとりを、「ひひ孫のような君と俳句で心をかわすなんて、夢のようです」と手紙につづった日野原さん。初対面の凜さんを詠んだビオラの句について、「こういう言葉は、今まで私の俳句では出ませんでした。(中略)百二歳の私でもまだまだ成長できるんだという元気をもらいました。非常に愉快ですね」(同書から)と喜ぶ。

 家族や日々の生活、四季の移ろいなどの情景を句で表現し、写真やイラストとともに伝えてきた凜さん。日野原さんは、それに応えてくれていたという。

「いじめに遭っていた僕に、生きる希望をくださった方。僕は先生にお返しできなかったご恩を、どこかで困っている人に“恩送り”していけるような人間になりたい。6年間、あふれんばかりの幸せをありがとうございました」

 病院の説明によると、日野原さんは3月には食事をとるのが困難となり、最後は家族に見守られて、息を引き取った。90歳年上の俳句仲間との命のやりとりを振り返った凜さんは、こんな一句を贈る──。

《フレディと手を携えて恩師逝く》

※週刊朝日  2017年8月4日号