脚本家・倉本聰(82)がシルバー世代に向けて執筆した昼ドラ「やすらぎの郷」(テレビ朝日系、月〜金)がますます注目されている。4月の開始から視聴者の「老人観を変えた」と言われ、ファンの年齢層も広がっている。愛される理由を探った。

 舞台はテレビ界に功績のあった者だけが入れる無償の老人ホーム「やすらぎの郷」。テレビの黄金時代を築いた脚本家の菊村栄(石坂浩二)を中心に、入居する往年のスターたちがさまざまな騒動を巻き起こす。

「視聴者から直接声をかけられることが多い。最近はこのドラマがみなさんに定着してきたな、という思いはあります」

 そう話すのは、中込卓也プロデューサーだ。しかし、月〜金の昼に帯ドラマを放送すると決まった当初は不安しかなかった。

「テレビの現場の人間にとってみれば、ドラマは大河と朝ドラが別格。その次にゴールデン、スペシャル、2時間サスペンス、深夜番組、最後が帯ドラマという感覚なんです。それだけに、『なんていう決断をしてくれたんだ』と思いましたよ」(中込P)

 そもそもテレビ朝日には帯ドラマがなかった。東海テレビやTBSは昼ドラから撤退。まさに時代に逆行する試みだった。それでも実現したのは、「倉本さんの脚本だったことが大きい」(同)。

 倉本によれば構想2年。登場人物一人ひとりの履歴(背景)をつくっていく作業に約1年半かかった。「書き始めたら4カ月。130話をあっという間に書き上げた」と振り返る。

「僕が死んだりダウンしたりしたら、代わりがいないんですよ。僕しか知らないことを書いているから。とにかく死なないで書かなくちゃいけない。その責任感で必死に書きました」

 倉本が「一生をかけて体験してきたテレビ界と芸能界」がポイントだった。

「そこに生きている人間たち、出ている役者たちは個人的にも付き合っている人が多いですから。なんていうのかな、彼らは世間に表の顔ばかり見せているけど、裏の部分があるわけでしょ。それは孤独や嫉妬であったり、邪心であったり、いろんなことがあると思うんですよ。それがみんな悲しみにつながっていく。僕は決してコメディーを書いているつもりはない。人間の行動はみんなシリアスです。チャプリンの言葉じゃないけど、人間の行動はアップで見ると悲劇だけど、ロングで見ると喜劇になっちゃう。そこを書きたい、ということなんです」

 ドラマ評論家の成馬零一さんは、「本作自体が昭和のテレビ史の総括。優れたドラマ論になっている」と話す。

「テレビ史を背景にした脚本のおもしろさ、リアリティーがある。事件やキャラクターたちの元ネタ探しができるので、ネットとの相性抜群。『あれは誰のことだ』などとゲームのように広がっています」

 実際、ドラマで起こる騒動や事件について倉本は、

「ほとんど実話だと思ってもらっていい。実際にあった何かをヒントにしたり、ベースがあったりするものを書いています」

 恨みを晴らしたい相手を呪う儀式「ナスの呪い揚げ」も実話。五月みどり演じる三井路子が菊村に執筆を迫った、「処女を捧げるとき」など「女が一生のうちに経験する三つのターニングポイント」の小説ネタも、実際に五月から倉本が頼まれた実話に基づいているという。八千草薫演じる姫の「ねぇ」は、八千草の口癖から落とし込んだ。

「本人は気づいてないらしいんです。『そんなにねぇって言います?』って言うから、『しょっちゅう言ってますよ』『そうかしら?』なんて。でも、それがへんにかわいくて。突然出てくるから脈絡がないおもしろさがあるんです」(倉本)

 話がおもしろくて往年の大スターたちが集結しているのだから、視聴者が興味をかき立てられないはずがない。「浅丘ルリ子の大ファンだった」と言う83歳の男性は、

「スターたちの若いころの写真が出てくると懐かしくて、自分の青春時代も思い出してしまう」

 77歳の女性は言う。

「高齢とはいえスターのオーラは失われていない。間を含めた演技に見ほれ、彼らが流す涙に一緒に涙しています」

 50代半ばの夫婦は「毎日録画して夕食時に夫婦そろって見ている」と話す。妻は第69話で、投身自殺した小春(冨士眞奈美)からマヤ(加賀まりこ)が最後の手紙を受け取って心情を菊村に吐露するエピソードが心に刺さった、と言う。

「(すっかり落ちぶれ、パートナーに捨てられた)小春がやすらぎの郷から出ていったエピソードもつらかったんですが、だからこそ、マヤの『私、(最後の)手紙を出す相手がいないのよ』の言葉に泣きました。私にもそんな人いるかなあと、ひとりになったときの自分を想像してしまったんです」

 70代の男性は、第41話で菊村、大納言こと岩倉正臣(山本圭)、マロこと真野六郎(ミッキー・カーチス)が釣りをしながら「あの世でもう一度会いたい人」について話していたシーンに胸が締めつけられたと言う。

「女房なら、若いころより、死ぬ間際の老けた女房に俺は会いてえ。そのほうが、しゃべる話が何だかいっぱいある気がしてな」(大納言)

「私も、今すぐ会えるというなら、若く輝いていた昔の律子(風吹ジュン演じる亡くなった元女優の妻)より、死期の迫った晩年の律子に会うことのほうを選ぶに違いない」(菊村)

 その会話は、女性視聴者の琴線にも触れた。

「若い女性が好まれる日本にあっていい話だなと。夫もそう思ってくれるときがいつか来るのだろうかと思ったらなんだか切なく、やさしい気持ちになりました」(50代女性)

 本作は「(視聴者の)老人観を変えた」と前出の成馬さん。

「老人たちが主役だが、恋愛ありイジメあり、煩悩にまみれて俗っぽい。老人を表現するドラマなのに圧倒的に新しい。僕は高校生の“学園ドラマ”だと思って見ています。それでいて、遺産や相続などの話もあり、老人になった場合のシミュレーションとしても圧倒的におもしろい。辛気くさかった老人ホームのイメージも明るく変わりました」

 昨年10月から始まった撮影はすでに全編終了。今後は9月末のクライマックスへと向かっていく。中込プロデューサーは言う。

「新しい登場人物が何人か出てきて、大きな話の転換点を迎えます。恋の話もあり、行き着く先が『実はこういう話だったんだ!』というクライマックスが待っている。そのテーマが、中島みゆきさんの主題歌『慕情』に集約されています。最後まで見て曲を聴くと『そこまで考えて作られているんだ』と納得できると思います。お見逃しなく」

※週刊朝日  2017年8月4日号