日本では、政治スキャンダルの報道の陰に隠れた印象もあるが、現在報じられているISシンパのテロリストによるミンダナオ島占拠は、実はすごいニュースなのだ。なぜなら、日本人も観光でよく訪れるアジアの国にまで、ISの影響力が及んでいるということになるからだ。

 ただし、このニュースを聞いて「なんとイスラム原理主義の影響力がアジアにまで!」と驚いている人は間違っている。イスラム原理主義の影響力は、とっくの昔にアジアを席巻しているのだ。

 事実として、イスラム原理主義組織は、9.11以降、インド、中国、フィリピン、インドネシア、タイなどで、すでに結成され活動している。彼らの存在は、我々にとってもすでに物騒な隣人になっているのだ。

■「原理主義」はキリスト教発祥

 そもそも原理主義という言葉は、イスラム教から生まれたものではない。原理主義とは、ファンダメンタリズムの訳語であり、もともとはキリスト教の人々から生まれた考え方だ。

 ではどのようにして生まれたのか?

 宗教学者の島田裕巳氏が『無宗教でも知っておきたい宗教のことば』(朝日新聞出版)で解説しているところをまとめれば、以下のようになる。

 そもそもの始まりは20世紀初頭。当時は、ダーウィンの進化論の勃興で、神による人類創造説も否定されはじめ、また聖書自体についても「いつ誰によって書かれたのか」「内容はどの程度事実なのか」という学問的な研究が行われるようになっていた。つまり、キリスト教の説く「真理」に対して、疑問を投げかける人々が現れ始めたのだ。

 アメリカにいた一部のプロテスタントの人々は、そうした動きへの反発から、「聖書に書かれていることは一字一句真実であり、そこに書かれていることにまったく誤りはない」という考え方を打ち出した。

 これがファンダメンタリズム、つまり(キリスト教)原理主義だ。

 キリスト教原理主義者達に言わせれば、イエスは5つのパンを5000人に配り、湖の上を歩き、死後復活したのは実際に起こった過去の出来事。それを信じないのは、不信心者なのだとなる。

 多くの日本人には奇異に映る、このキリスト教原理主義だが、アメリカには今でも一定数の支持者がおり、進化論を学校で教えることに反対したり、また、人工中絶が聖書の教えに反するとして産婦人科医を襲撃する事件を起こしたりもしている。

■なぜイスラム過激派は原理主義者と呼ばれるようになったのか?

 このように、原理主義という言葉は、もともとキリスト教に由来するものだ。では、そうした言葉が、なぜイスラム過激派について使われるようになったのか?

 まず前提として、「聖典に書いてあることは全て事実だ」という立場を原理主義というのなら、イスラム教徒は全員が原理主義者だ。聖典クルアーンに書いてあることがすべて事実であることは、全てのイスラム教徒の共有する前提。過激派だけがそう信じているわけではないからだ。
 
にもかかわらず、原理主義がイスラム過激派を指す言葉として、使われるようになったのには、政治的な事情がある。

 この言葉が登場したのは、1979年のイラン革命で時の親米政権が倒され、イスラム国家イランが誕生したころ。反米的で戦闘的なイスラム教徒に対し、危機感を覚えたアメリカ側が、キリスト教原理主義者の過激なイメージを流用する形で、一方的に使いはじめたのが「イスラム原理主義者」という言葉だったのだ。

 つまり、この言葉は、純粋に信仰のあり方を指すものではなく、はじめから敵視の意味合いのこもった、極めて政治的な言葉なのだ。

■宗教用語にはシビアな理解が求められる

 宗教用語について、日本人は割とあやふやな理解ですませているものが多い。今回の「原理主義」に限らず、「異端」「カルト」「大罪」などなど。

 前掲の島田氏も「宗教の用語にはあやまって使われているものが多い」と指摘しているが、無宗教の日本人同士ならまだしも、外国人とのやりとりが当たり前になった現在、宗教用語への理解が適当では、問題も出てくるだろう。なぜなら宗教用語は、信仰を持つ人間にとっては、生き方にシビアに関わってくる言葉だからだ。