「ベイビー・ドライバー」が8月19日から新宿バルト9ほか全国公開される。「ショーン・オブ・ザ・デッド」などで世界に熱狂的なファンを持つ英国人監督エドガー・ライトのハリウッド進出作。ケヴィン・スペイシーとジェイミー・フォックスというアカデミー賞俳優が脇を固めているのも話題だ。

 ベイビー(アンセル・エルゴート)は、その天才的なドライビング・センスが買われ、組織の運転手として働いている。その仕事とは、銀行や現金輸送車を襲ったメンバーを確実に逃がすこと。子供の頃の交通事故で父母を亡くし、自らも耳鳴りに悩まされ続けている彼は、音楽を聴くことで耳鳴りが消え、その運転能力が覚醒する。そして誰も止めることができないイカれたドライバーへと変貌する。

 しかし、恋人デボラ(リリー・ジェームズ)の存在を組織のボスのドク(ケヴィン・スペイシー)に知られたベイビーは、このクレイジーな環境から抜け出す決意をする。だが、その最後の仕事=合衆国郵便局襲撃が、思わぬ方向へ暴走を始めて……。

■渡辺祥子(映画評論家)
評価:超オススメ、ぜひ観て
犯罪組織の「逃がし屋」少年を描くドラマは、見え隠れするボスのズルさが緊張感を煽ってスリルを増す。ノリの良い音楽、その音楽が覚醒させる少年の運転技術が生むスピード感。英国人監督らしい皮肉が利いてイイ味。

■大場正明(映画評論家)
評価:超オススメ、ぜひ観て
カーアクションとミュージカルを融合させ、音楽のリズムに乗って物語が展開していくスタイルが新鮮。スタッフ・キャストが綿密な計画を練り、一丸とならなければ、音楽と映像をここまでシンクロさせることはできない。

■LiLiCo(映画コメンテーター)
評価:超オススメ、ぜひ観て
エドガー・ライトは間違いなく最も注目されている監督だ。長編デビューからスピード感を守りつつ斬新な作品を発表する。今作は音楽好きにはたまらない一本。街を歩く主人公の動きとリズムの合わせ方に唸りました!

■わたなべりんたろう(映画ライター)
評価:超オススメ、ぜひ観て
強盗の逃走専門の運転手という映画ならではのアイデアに、様々なポップカルチャーの意匠を凝らすだけでなく、聴覚障碍者の老人とのやりとりや生きるうえでの希望を織り込む。今夏のベストであり最も観るべき映画だろう。

※週刊朝日 2017年8月11日号