日本人がなじんできた「お葬式のかたち」がいま激変している。従来型のお葬式ではなく、「家族葬」が広く受け入れられ、弔いの形は家から個へ――。葬儀費用の「見える化」と価格破壊は何を生むのか。AERA 8月7日号で、新しい葬式の姿と、大きく影響を受ける仏教寺院のいまを追った。

 科学全盛の時代、お寺や仏教界も進化を遂げている。よりどころなき都市住民の縁を結ぼうと、築地本願寺が大改修中だ。その戦略とは。

*  *  *
 東京・築地市場のほど近くにあり、インドの古代建築に倣ったお寺らしからぬ外観で有名な築地本願寺。訪れる外国人観光客らでにぎわい、8月初旬には4日間で約3万人を集める納涼盆踊り大会も開く。門信徒数は横ばい。地方の寺院のような門信徒の減少もない。だが敷地内は今、大規模な改修工事の真っ最中。複数の施設や新たなシステムを導入するというのだ。

 改修工事は10月末に終わる予定。いずれもこれまで築地本願寺と「ご縁がなかった人」の利用を想定する。というのも、とくに築地のある中央区では高層マンションなどに暮らす住民が多く、ほとんどが実家を離れて暮らす核家族。つまり、お墓やお骨、死とどう向き合うか、といった悩みがあっても、菩提寺との付き合いが薄くなったり、完全に断絶してしまったりと、檀家制度の枠外に置かれている。そんな求めに応える体制にするという。僧侶で総務部主任の吉川孝介さん(46)は言う。

「病気になった時に、命の問題について思い悩む方が非常に多い。宗教というのは、そういうことに対してきちんと答えを出してくれる。宗教に出合う機会をたくさんつくれれば」

 一角に建設するのは合同墓。お骨やお墓の問題を抱えた人が対象だ。生前に申し込めば、遺骨を預かったうえで合葬し、永代にわたり追悼法要を営む。ガラス張りのインフォメーションセンターもできる。中には案内スペースのほか、僧侶の法話が聞ける多目的ホール、仏教書も読めるブックカフェも併設する。

「ガラス張りなのは、外からふっと見て、誰でも気軽に入れるようにしたかったから。法話会も、専門性の高いものではなく、誰もが理解できる分かりやすいものにします」(吉川さん)

 平屋建ての屋上はバルコニーとし、イベント時にステージとして使うことを想定。6月からは先行してコールセンターを開設。法事や葬儀に関する問い合わせに対応しているが、11月からは葬儀社の紹介や相続問題などについてアドバイスできる弁護士や司法書士なども紹介するワンストップ窓口、コールセンターサービスも始める予定だ。

●企業向けシステム導入

 先端を行くのは受け入れ体制だけではない。企業がマネジメントに使う顧客関係管理(CRM)システムも導入予定。門信徒をはじめ、お寺と関わりを持つ人が、何をきっかけにお寺と縁ができたかといった情報を一元管理し、その人に合った情報発信ができるよう役立てるのだ。

「昔は交流や学びの場だったお寺が、今は葬儀や法事をするだけの場所になっている。こうした仕掛けで多くの方々が気軽に訪れ、縁を結べる場所にしたい」と吉川さん。築地本願寺は昭和初期に、椅子席を取り入れるなど、最先端を行っていた。ハード・ソフトの両面から、再び時代の先端に立とうとしている。(編集部・山口亮子)

※AERA 2017年8月7日号