日本人がなじんできた「お葬式のかたち」がいま激変している。従来型のお葬式ではなく、「家族葬」が広く受け入れられ、弔いの形は家から個へ――。葬儀費用の「見える化」と価格破壊は何を生むのか。AERA 8月7日号で、新しい葬式の姿と、大きく影響を受ける仏教寺院のいまを追った。

 人工知能やロボットなどに関するテクノロジーの革新が続く。これらを活用した、新しい弔いが注目を集めている。

*  *  *
 7月のある日、東京・渋谷にあるコワーキングスペースを訪ねた。ロボットに姿を変えた「死者」と会うことができ、会話もできるという「デジタルシャーマン」を体験するためだ。

 出迎えてくれたのは、もうおなじみのヒト型ロボット「Pepper(ペッパー)」。いつもと違うのはその顔に、記者も面識のある起業家で神経科学者でもある藤井直敬(なおたか)さん(51)のお面をつけていたことだ。

 お面は、藤井さんの顔を3Dスキャンし、3Dプリンターで作ったものだ。ペッパーの身長は121センチメートルと実際の藤井さんよりも小さいが、確かな存在感がある。

「藤井さーん」

 と話しかけると、お面をつけたペッパーが、藤井さんの声で話し始めた。

「ロボットに入ってみると、おもしろいんだよね。俺って何?ってなる。49日で帰るのがもったいない。これでサイエンス(研究)をやりたいよね」

●僕そろそろ逝かないと

「デジタルシャーマン」は、その人物の存命中に顔を計測したり音声データを収録したりして、亡くなった後にペッパーに「憑依」させ、「四十九日」までの間、家族と共に過ごしてもらおう、というプロジェクト。メディアアーティストの市原えつこさん(29)が、「新しい弔いの形」の提案として始めた。

 現在までに数人分のデータを取得。藤井さんを含め全員が存命中だが、デジタルシャーマンの藤井さんは話し方も本人そのもので、そこに本当に藤井さんがいるような感覚をもたらした。あごや目線を上げたり、両手を広げて見せたり、そのしぐさもまるで生きている人間のようで、話す内容も、いかにも藤井さんっぽい。

 改めて述べるまでもなく、仏教では故人の魂は死後49日の間は現世とあの世の間を漂っているとされ、「四十九日」はその魂が「あの世」へと旅立つ日。49日間は、遺された家族や友人らが故人の不在を受け入れ、日常に戻っていくまでの回復期間でもある。

 さて、デジタルシャーマン藤井さんの49日目。「チーン」というお鈴(りん)の音が「最後の日」であることを告げると、こう話し始めた。

「もう49日がたって、僕そろそろ逝かないといけないんですが、僕もこれくらい一緒にいられたら死んだ自分に納得できるので、みなさんも元気で、楽しくやってください。向こうで待っていますんで」

 話し終えると、まるで電源が切れたかのようにペッパーの頭がガクッとうなだれた。もう会えなくなっちゃうの?というさみしさが込み上げる一方で、ちょっと楽しげな話し方に、思わず笑いがこぼれた。

 市原さんは言う。

「亡くなった人が一時的にその場に戻ってきたかのように感じてもらえるように作りました。会話の中から日常のその人を再現しようという試みもしています」

●のぞき込むと遺影に

 市原さんがこのプロジェクトを始めたのは2年前。大好きだった祖母が亡くなったことがきっかけだった。

 葬儀や四十九日といった弔いの儀式を経験し、それと共に自分自身の心が落ち着いていくことを実感。弔いの意味を再認識したという。

 ちょうどその頃、仕事でペッパーのアプリケーション開発に携わり、ヒト型ロボットへの感情移入のしやすさに気がついた。そこで思いついたのがデジタルシャーマン。

「宗教はもともと、人々が自分自身の中に抱く感情への対応を担ってきた。宗教的儀式には合理性がありますが、それが現代では、どんどん簡略化されつつあります。テクノロジーと組み合わせることで、簡素でも人の感情に寄り添った弔いができるのではないかと考えたのです」(市原さん)

 亡くなった人がロボットになって、49日間を遺族と共に過ごしてくれる。そんな弔いをやってみよう、と。

 ロボットに故人を「憑依」させるというところまではいかなくても、生前の写真や映像といったデジタルデータを使って故人を弔う「デジタル供養」には、すでにさまざまな形がある。

 東洋大学助教の瓜生(うりう)大輔さん(33)は現在、「デジタル供養」のためのツールを開発中。

 鏡をのぞき込むと遺影が浮かび上がってくるハーフミラー付きのディスプレー「円鏡」とデジタルフォトフレーム、キャンドルホルダーからなるデジタル供養セット「Fenestra(フェネストラ)」がそれだ。

 円鏡は普段は鏡として使えるが、前に立って数秒間じっとしていると、しだいに遺影が浮かび上がってくる。また、デジタルフォトフレームには普段は家族写真や日常のスナップ写真が映し出されているが、キャンドルホルダーのキャンドルに火をともすと故人の思い出の写真に切り替わる。

 6年前に母親を、2年前に父親を亡くしたという50代の女性は、自宅でこのセットを使い、

「両親がいつも見守っていてくれるようで楽しい」

 と感想を漏らした。

 仏壇よりもコンパクトで持ち運びも可能。そして、見たいときに見たい写真を見られる。価値観が多様化する中で、故人を弔う気持ちはあるものの、従来の仏壇はちょっと、という層に対応できるようになる、と瓜生さんは言う。

「仏壇は家族単位での弔いが根底にあります。デジタル技術を駆使すれば、一人暮らしの若者や、既婚の女性などにも、新しい供養の方法を提供できます」(瓜生さん)

●カスタマイズしやすく

 都市化やグローバル化が進み、家族中心から個人中心へと人の価値観が変わる現代で、多様な好みに合った形にカスタマイズしやすいデジタル技術は、より豊かな供養を人々にもたらす可能性がある。

「これまで日本人は遺骨や位牌といった形あるものを家族で継承してきました。でも、こうしたものの維持にはコストがかかります。一方、デジタルデータは画像や映像などを自在に操作できるので、個々人が自由な方法で故人を偲び供養をするのに適しています」(同)

 最近は、ソーシャル・ネットワーキング・サービス(SNS)やブログに自身の日常の記録を残す人が増えている。

 瓜生さんは、

「こうしたデータも死後に活用できるような供養の仕組みをつくりたい」

 と話している。

(編集部・長倉克枝)

※AERA 2017年8月7日号