批評家の東浩紀さんの「AERA」巻頭エッセイ「eyes」をお届けします。時事問題に、批評的視点からアプローチします。

*  *  *
 8050問題が注目を浴びている。80代の高齢の親とひきこもる50代の未婚の子が同居する家族の問題を指す。7040問題ともいわれる。

 注目のきっかけは、5月28日に川崎市でおきた大量殺傷事件と6月1日に東京都練馬区で起きた高齢の男性による長男殺人事件だ。前者の容疑者は51歳の無職男性で、後者の容疑者はその事件に衝撃を受け、44歳の同じく無職の息子を手にかけたといわれている。相次ぐ二つの事件で、独身無職のひきこもり中年男性は危険な存在だという空気が、急速に醸成されつつある。

 しかしそのような判断こそ危険である。そもそも報道を見るかぎり、前者の加害者と後者の被害者を同じカテゴリーで括ることはむずかしい。前者の加害者は、親族との交流をほぼ断ちノートに意味不明な文字を書き連ねるなど、精神的に不安定な人物だったことがわかっている。他方で後者の被害者は、最近まで一人で暮らしネットのコミュニティーにも活発に参加するなど、あるていどの社交性はもっていたと考えられる。性別と年齢だけで両者を同一視し、片方が罪を犯したので他方も殺されて当然だと考えるのは、あまりに乱暴だろう。

 川崎の大量殺傷事件はじつに痛ましいものだった。罪のない児童と保護者が犠牲になり、犯人は自殺して裁きを逃れてしまった。そのような不条理は人々に大きなストレスを与える。練馬の事件はそこに「出口」を与えたかたちになっている。練馬の犠牲者が川崎の容疑者に重ねられ、被害者にもかかわらず心ない言葉を向けられる背景には、そのような社会的心理があるのではないか。

 8050問題はたしかに深刻である。注目され議論されるのはよいことである。しかし今回の2事件がその帰結であるかどうかはわからない。とくに川崎の事件については、別種の背景があった可能性もある。

 独身にも無職にもさまざまな事情があるし、ひきこもりを抱えて悩む家族も多い。そこには当事者だけの問題ではない、社会全体が抱える歪みが集約している。悪者探しの欲望に駆られて、彼らへの共感を断ち切ることがあってはならない。

※AERA 2019年6月17日号