タレントの田代まさし容疑者が、宮城県塩釜市内で覚せい剤を所持していたなどの容疑で11月6日、東京都杉並区で現行犯逮捕された。宮城県警は今年8月、田代容疑者が宿泊した塩釜市内の宿泊施設から「部屋を使用していたのではないか」との通報を受け、内偵捜査していた。



 過去4回、薬物関係で逮捕され、2度の服役を経験している田代容疑者は、計7年間、刑務所で過ごしている。2014年7月に出所後は、薬物依存症患者のリハビリ、更生施設「ダルク」のスタッフとして仕事をしていた。

 田代容疑者を長く支援してきた、月刊誌「創」の篠田博之編集長はこう肩を落とした。

「前回の服役後、ダルクが受け入れてくれて、そこに毎日通って、スタッフとして頑張ると決意を語っていた。薬物依存症患者の更生で評価が高い、ダルク。先方も、ぜひ更生させたいと話しておられ、今度こそ大丈夫だと信じていたのですがね」

 田代容疑者の知人によれば、出所後は毎日、ダルクに決まった時間に通い、電話番などの仕事に従事していた。ダルクでは、大きな責任を負うような仕事はなかったという。

「毎日、決まった時間に姿を見せることが大事。それが継続できれば、もし薬物に手を出すなどあれば、何か変化、兆候がわかる。田代容疑者は、キチンとスタッフとして働いていたと聞いていました」(前出の篠田さん)

 ダルクで更生に務めていた、田代容疑者は、出所した翌年、法務省主催の「社会を明るくする運動 立ち直りフォーラム」にダルクの近藤恒夫代表とともにスピーチ。

「自分の意思でやめることに意味がある。回復するための環境が必要」などと訴えていた。

 最近では、薬物依存症についての講演に呼ばれることが多くなっていた。

「出所してどう過ごすのかが、大事。今でも、覚醒剤やりたいと思うこともある。しかし、ダルクのスタッフになり、そこには同じような境遇の仲間がいて、クスリはダメだと励ましあうことができるので、安心してやっていける」などと語っていた。

 2015年7月、東京都内で迷惑防止条例違反(盗撮)容疑に問われたこともあったが、「ダルクが親身に動いてくれ、お咎めはなかったと聞いてる」と前出の篠田氏は話す。

 だが、篠田氏には心配もあったという。

「ダルクにいては、なかなか収入の面で、生活は厳しい。そこで最近は自分で、タレントとして仕事をとるようになった。ダルクに来る日もめっきり減っていたそうです。周囲も大丈夫なのかと気にかけていたら、今回の逮捕だった」

 法務省の関係者もショックを隠せない様子。

「ダルクで頑張って更生しているものと、信じ切ってイベントにもきてもらった。見る限り、薬物依存の気配もなく、すごく前向きで、素晴らしいお話をしていただいた。何度も手を出してしまうのが、薬物依存症の怖さ。けど、講演までお願いした人が、捕まってしまうというのはさすがにショックが大きかった……」

 覚醒剤の深みにはまると、闇は深いようだ。(今西憲之)

※週刊朝日オンライン限定記事