代替わりのクライマックスに位置づけられる大嘗祭(だいじょうさい)が11月14日夜から15日未明にかけて執り行われる。過去には、天皇霊が新天皇の身体に入る「秘儀」といった学説も語られた。暗闇の神域で天皇陛下と皇后雅子さまが行う儀式の中身とは。



*  *  *
 漆黒の闇が大嘗宮(だいじょうきゅう)を包む。深夜、「大嘗宮の儀」が続く。悠紀(ゆき)殿・主基(すき)殿に置かれた寝具(寝座)で天皇霊と天皇が一体になる「秘儀」が行われる──。

 昭和の大嘗祭の2年後の1930(昭和5)年。柳田国男と並び民俗学の2大巨頭であった折口信夫は、「大嘗祭の本義」で、独自の祭祀(さいし)論を書き記した。

「恐れ多い事であるが、昔は、天子様の御身体は、魂の容れ物である、と考へられて居た」

「天皇霊が(身体に)這入(はい)つて、そこで、天子様はえらい御方となられるのである」

 折口は、「大嘗宮の儀」によって、天皇は復活して完全な天皇となる、という解釈を説いた。

 呪術的な「秘儀」をイメージさせる折口説は、平成の大嘗祭で世間の興味をひいた。一方、宮内庁は、「特別の秘儀はない」と打ち消すように強調した。

「布団と枕の置かれた寝座は、天照大神のための場所ですから、天皇は立ち入ることはできません」

 そう話すのは、国士舘大の藤森馨教授(歴史学)だ。「大嘗祭の本質は、皇祖である天照大神をもてなすこと。平和や豊作を祈願する儀式です」

 天皇は毎年、皇居内の神嘉殿(しんかでん)で新嘗祭(にいなめさい)を行う。新穀を皇祖はじめ神々に供え、自らも食べて祈る。一年を通じて最も重要な祭祀だ。天皇になって一番初めの新嘗祭が大嘗祭だ。

 そもそも大嘗祭は、いつ始まったのか。

「最初は、天武天皇の673年に行われ、皇后であった持統天皇のときに、毎年の新嘗祭と分離しました」(藤森さん)

 成立の背景にあったのは、朝廷を脅かす隣国との緊張関係だ。663年に「白村江の戦い」で唐や新羅の連合軍に大敗するなど、日本は存亡の危機にあった。

 これを転機として国家意識が高まった。律令制確立の第一歩となる飛鳥浄御原令編さんが始まった。天武朝は、日本独自の君主号「天皇」を強く意識した。また、災厄を退ける国家行事として「国の大祓(おおはらい)」の儀式などで朝廷の存在感を高めていく。

 では今回、徳仁天皇と皇后雅子さまは、何を行うのか。おふたりとも清浄を示す純白の装束に身を包む。陛下は、帛御袍(はくのごほう)と呼ばれる束帯姿。雅子さまも、白い十二単である帛御服(はくのごふく)を身に着ける。

 この布は、「生絹(すずし)」といい、特殊な糸と織り方で作られている。

「生絹とは、蚕からとったままの加工せず硬い状態の糸で作る布です。最もシンプルな平絹(へいけん)という織り方で、帛御服や御祭服(ごさいふく)に用いる布に仕立てます。質素であることが、大嘗祭の精神にかなうという考えからくるものです」(宮内庁関係者)

 悠紀殿供饌(きょうせん)の儀が始まると、徳仁天皇は、廻立殿(かいりゅうでん)で湯あみをし潔斎を済ませる。同時に、帛御袍から、神事服である御祭服に着替える。

 そして徳仁天皇は、悠紀殿・主基殿それぞれで神事を行うのだ。本殿に入るのは、天皇と食事の世話をする女官の陪膳・後取の采女(うねめ)の3人だけ。皇太子(皇嗣)や皇后も儀式を目にすることはできず、「秘儀」と言われるゆえんだ。

 皇后である雅子さまは、帳殿で拝礼を行ったのち廻立殿に戻る。ほかの皇族も、小忌幄舎(おみあくしゃ)と殿外(でんがい)小忌幄舎に参列して待つことになる。

 天皇が本殿で、どのような儀式に臨むのか。その内容は、『延喜式』など文献の記録から推測できる。

 建物のなかには、神のための布団と枕や靴、服が置かれた寝座が設けられる。 横には、神がすわるための神座と、伊勢神宮の方角を向くように敷かれた天皇がすわるための御座。神座には、全国から献上された五穀や白酒、黒酒、調理した料理など神のための「神饌(しんせん)」が供えられている。

 徳仁天皇が口に運ぶのは3口の新穀と粟(あわ)のみである。注目したいのは、庶民の食べ物である粟が含まれている点だ。

 歴史学者の岡田荘司氏の説を踏まえる形で、前出の藤森さんが言う。

「米は、天照大神からのいただきものとして大切に供えられます。天皇は、災害から民を守る役割を担う存在でした。災害や飢饉(ききん)の多い列島で、国民の食糧である粟を育ててくれた感謝の意味が込められていた」

 大嘗祭が、夜から明け方にかけて行われる儀式であることも、「秘儀」説が広まった理由のひとつだ。

 平成では、悠紀殿供饌の儀は、午後6時半から同9時半ごろまで続き、休憩を挟んで深夜の午前零時半から始まった主基殿供饌の儀は明け方の3時すぎまで行われた。

 なぜ夜中なのか。

「即位を宣明する『即位礼正殿の儀』は、政治的な儀式ですから、昼間に行われます。一方で、神祭りの儀式は古来、夜に行われてきました。大嘗祭や新嘗祭を行う時刻は、もののけが出る丑(うし)三つ時にあたる。もともと妖怪は、まつられなかった神様が変化したものですからね」(藤森さん)

 平成の代替わり儀式は、各地の神社で火炎瓶が投げ込まれるなど、天皇制に反対する動きがあった。大嘗祭に新穀を納める悠紀地方と主基地方の2カ所の斎田は、亀の甲羅を使う亀卜(きぼく)で決められる。平成のときは、ギリギリの段階まで場所は極秘にされた。

■秋篠宮さま発言 政教分離に言及
 平成で悠紀田の大田主を務めた、伊藤容一郎さんはこう振り返る。

「大変なお役目を無事に果たすために、夢中でした。しかし、自分にも家族にも警察の警護が付きましたし、大田主として公表された夜は、自宅に脅迫電話がかかってきました。いまと違い、大嘗祭にいろいろな意見を持つ人がいたのです」

 大嘗祭には、常に政教分離の問題がある。今回は来年度予算の概算要求額を含め、計約24億4千万円。政府は、「公的性格」を持つ皇室行事との見解だが、宗教色の強い大嘗祭への公費支出は、憲法が禁じた宗教的活動にならないか、との指摘だ。

 こうした点について、昨年11月、秋篠宮さまは誕生日を前にした会見で、「宗教色が強いものを国費で賄うことが適当かどうか。私はやはり内廷会計で行うべきだと思っています」などとして、皇室の「私費」にあたる「内廷費」で賄うべきだとの考えを示した。

 上の図は、国学院大の笹生衛教授(日本考古学)が、平城宮の発掘跡から復元した大嘗宮の推定図だ。現在よりも小規模で質素な造りである。

 1467年からの応仁の乱の混乱によって中断し、江戸中期の再興まで約220年間空白だった時期すらある。江戸後期の朝廷は、財政も苦しく、内裏の庭に悠紀殿、主基殿と、神饌を調理する膳屋(かしわや)が一棟だけのときもあった。

 明治に入り、近代国家として天皇の権威を示すために、大正天皇の大嘗祭から、より大規模になったのだ。

 前出の宮内庁関係者は語る。

「皇嗣である秋篠宮さまが代替わりなさるときは、また変化が起こるかもしれませんね」

(本誌・永井貴子)

※週刊朝日  2019年11月22日号