行方不明だった大阪市住吉区の小学6年の女児(12)が、23日に栃木県小山市内で保護された。大阪府警は同日、小山市に住む職業不詳、伊藤仁士容疑者(35)を未成年者誘拐の疑いで緊急逮捕した。



 府警によると、女児は容疑者宅を午前10時ごろに出て、午後1時半ごろに交番に駆け込んだ。報道によると、複数の人が、靴下で歩いていた女児を目撃している。

 雨が降っていた事件当時、どんよりとした寒空の下を、女児はどんな思いで歩き続けたのか。歩いた可能性のある周辺を、記者がたどった。

*  *  *
 容疑者逮捕から2日が経過した25日。容疑者宅の周辺には、依然として多くの報道陣がつめかけていた。現場は東北新幹線も停車するJR小山駅から、車で10分ほどの距離にある住宅街。交通量の多い幹線道路が近くを通り、ときおり現場付近に車が入ってくる。どの通行人も、40人はくだらない報道陣の大群にぎょっとしていた。

 近隣住民も驚きを隠せない。

「事件が起きるような場所ではないと思っていたのでびっくりです。(伊藤容疑者については)小中学校までは見かけていました。大人しくて真面目そうな印象で、あいさつすれば返してくれたのを覚えています。こんなことになるなんて…」(70代女性)

 中学生のとき剣道に取り組んでいたという伊藤容疑者。指導にあたった剣道教室の男性はこう振り返る。

「与えられた練習をきちっとこなす子でした。練習は休まないし、掃除も一生懸命やっていた。素振りでは、回数を重ねると普通は手を抜くものなのですが、彼は最後まで全力で振り続けていたと思う。『伊藤は最後までちゃんとやっていたよ』とみんなの前で褒めたこともあります」

 そんな伊藤容疑者の自宅に7日間にわたりいた女児。助けを求めた交番までは、大人なら徒歩10分ほどの距離だ。確かな足取りは不明だが、現場から交番までの道のりを歩いた。

 まず、容疑者宅から東に向かって約200メートル歩く。突き当りを右折すると、広々とした公園が現れた。奥には子どもの遊具も見えた。だが、園内は閑散としている。その中で一人、ウォーキングしている男性(70)がいた。

「公園を利用するのは高齢者がほとんど。休日にはゲートボールなどをしています。でも女の子が見つかった土曜日は雨が降っていたから、人がいなかったんじゃないかな」

 公園を右手に見ながら直進すると、交通量の多い県道にさしかかる。南北にかかるこの道を南に向かって直進すれば交番だ。途中にはJR水戸線をまたぐこ線橋がかかっている。脇道にそれると、歩行者用の階段があった。のぼりはじめると、大通りからは死角になる。先ほどまで聞こえていた車の騒音がたちまち静かになった。ここを女児が歩いたとしたら、どんなに心細かっただろうか。思わず胸が締め付けられる。橋の頂上から見渡すと、大人に引率されながら集団で下校する小学生の姿がみえた。

 その後、橋を越えて数分歩くと「交番」という標識が見えた。右手をみると、2階建ての「犬塚交番」がある。駐車場にはパトカーが停まっていて、存在感を放っている。ここまで来れば、交番に気づかないということはなさそうだ。

 ここまで歩いて、記者は多くの人とすれ違った。女児も3時間半の道のりでたくさんの人とすれちがっただろう。だが栃木県警によると、女児が通行人に助けを求めた形跡はなかったという。なぜなのか。犯罪被害者の心理に詳しい、目白大学心理カウンセリング学科の齋藤梓専任講師は「助けを求めることに無力感を覚えていたのでは」と指摘する。

「一定期間閉じ込められていたなかで、『帰してくれ』と求めてもそれをことごとく止められていたとしたら、人に助けを求めることに無力感を覚えていても不思議ではありません。そもそも、彼女は伊藤容疑者に監禁されるとは思わなかったと思います。容疑者に“裏切られた”ことでそれが覆された。誰が信用できて誰が信用できないのか、わからなくなっていたのかもしれません」

 自力で交番にたどり着いた女児。幸いけがはなかったという。心配なのは、心のケアだ。

「トラウマ的な体験をすれば、不眠症状が出たり、周りを過剰に警戒してしまう恐れがあります。事件を思い出させるような行動も避けるでしょう。被害者は自らを責めてしまう傾向があります。彼女が安心して生活できる環境を整えることも重要ですが、周りの人が余計に傷つけてしまわないことも大事です」

 女児の心の回復を見守りたい。(AERA dot.編集部/井上啓太)