抗争指定暴力団「六代目山口組」ナンバー2、高山清司若頭の三重県桑名市の自宅が2月2日、白昼堂々と銃撃された事件が波紋を広げている。



 警戒にあたっていた三重県警の警官が現場で犯人はとりおさえたものの、銃弾は自宅玄関付近で3,4発も発射されていた。高山若頭は当時、不在でけが人もいなかった。

 銃刀法違反容疑で逮捕されたのは、住所不定・無職の谷口勇二容疑者(76)。かつて、山口組系列の組員だったという谷口容疑者は、けん銃の所持、発射を認め「高山若頭に恨みがあったので撃った」などと動機を語っているという。

 昨年夏から、抗争が激化している六代目山口組と神戸山口組。6つ府県の公安委員会が暴力団対策法に基づく「特定抗争指定暴力団」にともに指定されてわずか半月余りで、大事件が勃発した格好だ。捜査県警者がこう話す。

「特定抗争指定暴力団となり、厳しい制限の中での犯行は大きなアピールできる、事件だな。谷口容疑者は神戸山口組の井上組長と親しいとの情報もある。自宅の裏には、高山若頭の若い組員が常駐し、厳戒態勢で警備に当たっている中での銃撃だった。高山若頭はメンツがつぶされ、神戸山口組の反撃のノロシをあげたな。あれは、カムフラージュだったのか」

 捜査関係者が「あれ」と指摘したのは、神戸山口組が1月末に配布した極秘マニュアルだ。

<特定抗争指定暴力団とは>

<特定抗争指定の主旨 組活動の制限。一般市民の安全>

 本誌はこのようなタイトルのペーパー4枚を独自入手した。神戸山口組も特定抗争指定暴力団に指定されたため、対策のために組員らに配布したマニュアルだ。

<特定抗争指定の効果(特定抗争指定に指定されると警戒区域を定められその区域内では特別な制約を課せられます。)>

 特定抗争指定暴力団となると、大幅に暴力団組織としての活動が抑制されてしまうと解説いている。そして具体例として以下のような禁じられている行為を説明している。

<多人数で集合することその他対立抗争に係る暴力行為を誘発するおそれがあるものとして政令で定める行為が禁止される。(おおむね5人以上の者が、時間、場所を同じくすることをいう。)>

 そして注意事項として<つきまとうこと、うろつくこと、多数で集合することなどについては、いずれも「対立抗争の準備のため」などの目的を問わない>との解説付き。

 罰則規定についても<これらの規定に違反した者に対しては、3年以下の懲役若しくは、500万円以下の罰金に処し、又はこれを併科することとされている>と書かれている。

 とりわけ、5人以上で集まることを禁じている項目が厳しい。2枚目からは「Q&A」が並んでいた。

<Q 人数制限は何人まで大丈夫ですか?
A 最高4人まで。5人で逮捕されます。(人数制限は最高4人までと
しますが、繁華街や喫茶店などの場所と状況によっては4人でも逮捕された判例>

<Q 警戒区域内に在る喫茶店などで4人で集まったらどうなりますか?
A 判例は、注意でしたが逮捕はさじかげんです。各警戒区域によって異なってくる可能性がありますので十分注意してください>

<Q 新幹線や飛行機などでバッタリでくわしてしまった場合どうすれば
いいのですか?
A 速やかに席を変わる、車両を変える、ホームや待合のそれぞれの場所を離れる様に速やかに行ってください>

 このように具体例をあげて、注意喚起していた。元山口組顧問弁護士の山之内幸夫氏はこう解説する。

「暴力団は月に1回と決められた日に定例会と呼ばれる会合を開催して、結束をかためます。だが、特定抗争指定暴力団となると事務所も使用できない、5人以上で集まれないとなると、暴力団の結束が維持できるのか。懲役などの罰則規定に触れているのが、暴力団のマニュアルらしいですね」

 しかし、そんな厳しい状況下で、高山若頭宅銃撃事件が起こった。特定抗争指定暴力団の指定は抗争が続く限り継続される。永遠に解除されない可能性もある。

 山之内氏は今後について次のように予測した。

「行動を制限するように呼びかけたマニュアルを配布しながら、銃撃事件を起こした神戸山口組。劣勢とされていたが、特定抗争指定暴力団指定後に高山若頭宅を襲撃し、まだまだ抗争を続けて対抗する意思表示をしたようなもの。それも力で神戸山口組を抑え込もうと打ち出す、高山若頭宅への発砲というのは、強烈な印象を与える。過去の例からもみても、六代目山口組と神戸山口組のどちらかが解散しなければ、解除はないでしょう。私は双方の幹部とも話す機会がありますが、どちらも譲る気配はなかった。今回の銃撃事件でもはっきりした」

 まだまだ、「神戸戦争」は終結しそうにない。(本誌取材班)

※週刊朝日オンライン限定記事