安倍晋三首相夫妻の名前が取りざたされた学校法人森友学園(大阪市)の補助金不正事件で、補助金約1億7千万円をだまし取ったとする詐欺罪などに問われた籠池泰典被告(67)と妻諄子(じゅんこ)被告(63)の判決公判が19日午前、大阪地裁であった。



 泰典被告に懲役5年の実刑、諄子被告に懲役3年執行猶予5年が言い渡された。

 諄子被告は大阪府と同市の補助金約1億2千万円を詐取したとされる起訴は無罪となった。法廷終了後、実刑となった泰典被告は検察によって収監された。

 この日の法廷もまさに「籠池劇場」だった。朝9時半過ぎ、大阪地裁前で待ち構えるマスコミの前に姿を見せた泰典被告と諄子被告。

 いきなり検察側が出した捜査報告書を手にし、こう演説をぶった。

「重大なことです。昨日、検事が弁護士事務所のポストに書類を入れて帰った。補助金の1000万円の金額が間違っていると」

「これあんまりや、人の命がかかっている」

 こう言って号泣する諄子被告に報道陣が殺到した。

 午前10時に法廷が始まったが、諄子被告の怒りは収まらず、弁護士の手を掴んで、涙ながらに「お願いします」と訴えた。

 あまりの取り乱しのように裁判長が「休廷」を宣言。20分後、再び法廷に姿を見せた泰典被告は最終陳述でこう訴えた。

「検事の論告求刑はあまりに無慈悲な恣意的、重罰を与えようとするものだ」

「家内(諄子被告)は冤罪だ。この人に7年の求刑、日本は民主主義国家なのか」

「(取り調べた)堀木検事は『大阪地検特捜部は襟を正して、丁寧に積み重ねて信頼を獲得せないかんのんだ』とおっしゃてたが、国策捜査の中で罪人に私たちを陥れ、詐欺師として立件、葬るつもりだ」

「(安倍首相は)テレビで『籠池は詐欺を働く人間、妻の昭恵も騙されたんだといった。首相の言葉に利用される大阪地検特捜部だ」

 最終陳述としては異例の7分にもわたる大演説だった。だが、判決は泰典被告は実刑、諄子被告は有罪判決だった。2017年2月に疑惑が発覚してから3年が経過していた。

 森友学園の小学校建設予定地に埋まっているとされる、大量のゴミの存在。安倍首相や昭恵夫人と籠池夫妻の親密な関係を知った財務省が、なぜ8億円も国有地を減額したのか。財務省が公文書改ざんまでして、8億円の減額や安倍首相や財務省幹部の関与を隠そうとしたのか。

 国民の関心事は裁判では何一つ明らかにならなかった。

 また、大阪府と大阪市の補助金を騙し取った詐欺容疑について諄子被告は無罪。

「信用できない」「犯罪の証明がない」と裁判長はこう繰り返し、捜査の問題を指摘した。法廷終了後、収監された泰典被告に代わって、諄子被告は、裁判所や検察への不満をこうまくし立てた。

「安倍首相に反逆したら、こうなってしまった」

「公文書改ざんで財務省の役人は48人も不起訴ですよ。おかしいでしょう」

「安倍昭恵さん、嫌いです、卑怯だ。100万円の寄付をもらったのは本当だ」

「判決は冤罪、日本は冤罪だらけです、不公平な司法」

「検察ストーリーが決まると、何を言っても通らない」

 諄子被告は泰典被告の意向を確認して、控訴する方向だという。
(今西憲之)


※週刊朝日オンライン限定記事