シンガー・ソングライター、渡辺真知子さんの太陽のような笑顔とポジティブなエネルギーに、作家・林真理子さんとの対談の場がぱあっと華やぎました。歌に突き進む人生についてうかがううちに、本邦初登場の秘話も飛び出し──。

【前編「需要がなくなった…ヒットメーカー渡辺真知子、30代でアリゾナへ飛ぶ直前に何が?」に続く】



*  *  *
林:去年でしたっけ、渡辺さんは中島みゆきさんの「夜会」に招かれて客演なさったんでしょう?

渡辺:はい。私はどっちかっていうと「真っ昼間」「炎天下」のイメージなので、「どうして私を『夜会』に?」と言ったら、「8時開演だったのを、私が7時からにしたんだ、ぐらい言いなさい」って(笑)。私がやりたい放題やれるようにお尻をどんどんたたいて、アイデアを出すと聞いてくれましたね。最初はどうなるか不安がなきにしもあらずだったんですけど、みゆきさんのドメスティックなワールドと、私のインターナショナルな感覚をうまく生かしたステージでした。

林:お芝居もあるんですよね。

渡辺:みゆきさんが年上なんですけど、ご本人が直接台本を渡してくださるときに「ごめんね」って言うから、おかしいなと思ったら、私は「姉」になってるんですよ。

林:ひどいじゃないですか(笑)。

渡辺:うふふ。お相撲をとるような感じで二人で見合うんです。みゆきさんの一言目、「姉ちゃん、整形した?」(笑)。私が「どこ?」って言うと「根こそぎ」(笑)。みんな大爆笑ですよ。

林:楽しそう。見てみたかったなあ。

渡辺:7月23日から全国ロードショーが始まります。

林:ああ、映像に撮ったんですね。ぜひ見たいです。今もボイストレーニングは毎日欠かさないんですか。

渡辺:いや、ぜんぜん。もっぱら2匹のワンコを「コラーッ」って叱って発声練習してます(笑)。

林:アハハ。ピアノは毎日弾いてらっしゃるんですか。

渡辺:ほとんど弾かないですかね。うちのバンマスの石塚まみさんは、国立音大のピアノ科を出て、クラシックからジャズ、ラテンまでジャンルを問わず弾けて、声も聡明で、歌もバッチリ。だから私は彼女を一生離さないんですけど、出会ってからは、彼女のピアノとコーラスでOK。デトロイトから呼ばれたときも、二人で行ってやってきました。

林:ロシアにも行って歌われたんですって?

渡辺:はい。プログレッシブロックのエマーソン・レイク・アンド・パーマーが、ムソルグスキーの「展覧会の絵」をカバーしてるのを高校生のときに聴いてぞっこんになって、ピアノで弾いてみようかなと思ったんだけど、楽譜を見たら上級よりもっと難しい曲なので、ピアノはあきらめて、歌で参加する手もあるなと思って、それがずっと頭の中にあったんです。

林:ええ。

渡辺:そして30代半ば過ぎぐらいに、「展覧会の絵」から5場面を抜粋して、それを女性のピアノトリオと私とで8分ぐらいにまとめたんです。40代は「題名のない音楽会」で東フィルと共演して、50代に日ロ友好で、ムソルグスキーゆかりの地であるサンクトペテルブルクで、あちらのオーケストラと一緒にできたんです。まさかこんなところまで来るとは思わなかったので、夢のようでした。

林:素晴らしいです。

■ 「迷い道」がノーベル賞発明のヒントに?!

渡辺:音を楽しむエキスパートになりたいというのが目標なので、それに向かって着々と。

林:今度のアルバムのためのコンサートもなさるんでしょう?

渡辺:これからですね。ライブは九州のほうからウォーミングアップを始めます。

林:いよいよ活動再開なんですね。

渡辺:今年3月、日本テレビの「成功の遺伝史」で、ノーベル賞受賞者の吉野彰さんが、あの発明(リチウムイオン電池)は私の「迷い道」の最初「現在・過去・未来」の詞がヒントになったとおっしゃったんです。未来の目新しい研究内容を仲間に否定されて悩んでいたとき、「迷い道」が流れた。なんで“過去・現在・未来”じゃなくて、“現在・過去・未来”なんだろうと。そのときひらめいたそうです。今まであった電池が、もっと優れものになったらと。

林:はい、私も何かで聞きました。

渡辺:そういうこともあって盛り上がるだけ盛り上がってたのに、コロナがあってストンとなってしまって、私もどうすればいいんだという気持ちになりましたけど、結局、最初に戻るのがいちばんいいんだと思って、また石塚まみさんと二人で始めます。

林:渡辺さん、一度も結婚してらっしゃらないんですよね。

渡辺:新人賞からスタートして、回転が速すぎたというか、ゴーッと音がするような状態で25歳ぐらいまできてしまって、結婚ということを考えたりしたときもあったんですが、そのとき私はもう自分でマンションを買って持っていたし、男性とは話題も価値観も違っちゃって、結婚もかなわず、そのうちにバンドブームになっちゃったんですよね。

林:いろんなことがあったけど、公私ともに一人でやっていこうと思われたわけですね。

渡辺:私はどっちかに徹しないとダメなんだろうなと思う。中途半端にはできない。無理ですね。

林:ファンの中にお金持ちのお医者さんとか実業家の人がいて、「二人で海外に行って楽しく過ごして、君はのびのび歌をつくっていいよ」とか言う人、あらわれなかったですか。

渡辺:恋愛感情じゃないけれども、私の歌が好きで協力してくれようとする人はいましたね。某有名レストランのシェフが私のマネジャーと一緒に育った方で、近いポジションにいたときがあって、「僕の事務所に来ないか」なんて。

林:そんなこともあったんですか。

渡辺:私はシンガー・ソングライターなんですけど、歌い手というイメージがものすごく強くて、オリジナルのほかに高橋達也さんの勧めで、トリオとかビッグバンドでジャズを歌ったり、ラテンの世界からも、「この声と性格だったらラテンやったらいい」なんて言われて深みにはまり、ほかにも映画音楽とか、「THE夜もヒッパレ」なんていう番組もありましたでしょ。

林:はい、ありました。

渡辺:いつも譜面をたくさん持ってあっちこっちという感じで、結婚を考えるヒマもなかったです。いつも曲を覚えてるか、つくってるか、歌ってるかでしたね。

林:私、「ブルー」も大好き。「♪あなたは優しい目 だけどとてもブルー……」。すいません、ご本人の前で歌うなんて大胆なことを(笑)。

渡辺:アハハハ。

■ 美空ひばりにつづく人をつくりたいと言われ…

林:そうそう、急に思い出しましたけど、「ブルー」が出たころに、私と仲良しの某大物プロデューサーに「渡辺真知子さんっていいよね」と言ったら、彼が「僕もファンだから、何かやりたいと思って彼女に申し出たんだけど、『あんなアイドルグループのプロデューサーなんか、フン!』って断られた」と言ってましたよ。

渡辺:違う、違う! 言ってな〜い! そんなこと(笑)。確か私が30歳過ぎぐらいのとき、美空ひばりさんが亡くなったあとで、ひばりさんに続く人をつくりたいというお話を、その方からいただいたんだと思います。

林:えっ、す、すごい……。

渡辺:そりゃ驚いたし、すごくうれしかったですよ。ただ、私は自分でもつくるんで、そこでどうなっちゃうんだろうというのがあって……。彼は影響力が大きいから、彼の土俵で行くことになるだろうと思って。私は自分で歩きたかったんです。

林:そうだったんだ。プロデュースされちゃうもんね。

渡辺 私はそれはまったくダメですね。だったらずっと独身でなんかいません。それに関しては迷わなかったです。

林:潔いですね。カッコいいな。

渡辺:あとになって「お受けすればよかった」って絶対思いたくないので、それがすごい力になってます。

林:ほぉ〜、いい話じゃないですか。

渡辺:もう一つ、人生があったら試してみたかった。その道を選んだらどうなっていただろう。これ、初公開です。すごい話をしてしまいました(笑)

(構成/本誌・松岡かすみ、編集協力/一木俊雄)

※週刊朝日  2020年7月17日号より抜粋