TOKYO FMのラジオマン・延江浩さんが音楽とともに社会を語る、本誌連載「RADIO PA PA」。今回は韓国映画事情について。


*  *  *
 僕の勤めるラジオ局でも、本誌の表紙やグラビアを飾ったヒョンビンの話題でもちきりだ。「ステイホームも『愛の不時着』があったからこそ乗り切れた」「何度も繰り返し観た」。そんな話で盛り上がっている。

『愛の不時着』は、パラグライダーに乗った韓国財閥令嬢が竜巻に巻き込まれて不時着、北朝鮮の軍人に助けられるところから始まるラブストーリー。設定や筋書きの巧みさはもちろん、僕はそこに描かれた北朝鮮の人たちの日常を知り、興味を持った。貧しいけれど懐かしい。素朴で人情に溢れ、日本でいえば映画『ALWAYS 三丁目の夕日』のようなどこか昭和っぽい雰囲気に癒やされた。

 呑み仲間でもあるごく親しい友人で、『パッチギ!』や『フラガール』を世に送り出した映画プロデューサーの李鳳宇さんに韓国映画事情を聞いた。

 韓国の若手俳優はデビューして名が売れると日本の東北弁にあたる北朝鮮のイントネーションを習得し、北朝鮮人の役にチャレンジするのだそうだ。いわば北朝鮮人役が登竜門なのだという。

『シュリ』や『JSA』などで、韓国の30〜50代が抱いていた北朝鮮のイメージが徐々に変わっていった。「敵」「鬼」「粗暴」といった負のイメージだったのが、映画を観ることで北の人も普通に恋愛もすれば、おしゃれにも興味を持っている、もしかしたら南より人間的に豊かなのかもしれないという意識が増幅していった。そこに今回、待ってました!とばかりにヒョンビンが朝鮮人民軍の若き軍人役で登場した。

 軍事境界線に配属されるエリートで、父は朝鮮人民軍幹部であり、若い時にはスイスに留学、ピアノを弾き、男前というハイスペックな北朝鮮の若者を演じ、空前の大ヒットになったという。細部にわたる考証は韓国内に居住する脱北者が受け持った。

 Netflixで韓国作品が人気ランキング上位を独占しているのは日本だけではない。香港、ベトナム、シンガポールでもブームが続いている。

 李さんによれば、全ては1990年代後半の金大中政権から始まったという。

「『一台の車より一本の映画を売ろう。その方が今の韓国を世界にわかってもらえる』。金大統領のそんな掛け声に、政府が文化予算を割いたのです。ファンドを立ち上げ、そこに一般投資家も入っていった。イニシアティブをとったのはアメリカ留学帰りの若者たちで、MBA(経営学修士)取得組が中心となってファンドの運営に携わり、システムを作った」

 この動きが『パラサイト半地下の家族』のカンヌ国際映画祭パルムドール、そして、アカデミー賞作品賞、監督賞、脚本賞、国際長編映画賞の最多4部門受賞に結実した。ちなみに韓国の若者エリートは欧米を留学先に選ぶのが主流。日本が選ばれることは少なく、その理由は大学の世界ランキングが相対的に低いのと、日本の大学では英語が通用せず、グローバリズムから外れていると見られているからだそうだ。

『愛の不時着』を観終わってしまった読者のために、他にこれはという作品はありませんかと李さんに聞くと、「『夫婦の世界』ですね。これも間違いなく1位になる。『愛の不時着』を抜くと断言できます」

 まだまだ熱い韓流ブームが続きそうだ。

延江浩(のぶえ・ひろし)/1958年、東京都生まれ。慶大卒。TFM「村上RADIO」ゼネラルプロデューサー。国文学研究資料館・文化庁共催「ないじぇる芸術共創ラボ」委員。小説現代新人賞、ABU(アジア太平洋放送連合)賞ドキュメンタリー部門グランプリ、日本放送文化大賞グランプリ、ギャラクシー大賞など受賞

※週刊朝日  2020年7月31日号