新型コロナの猛威に震える世界だが、次の新興感染症のリスクも身近に迫っている。長い歴史の中で知られることのなかった新たな感染症が、近年次々広まる背景には何があるのか。AERA 2020年8月31日号で専門家らに取材した。

*  *  *
 新型コロナウイルスよりも致死率の高い、正体不明の肺炎が流行している──。

 7月9日、在カザフスタン中国大使館が突如、ホームページ上にそんなメッセージを掲載、カザフスタン在住の中国人に注意を呼び掛けた。同じ日までに同国で発表されていた新型コロナウイルスによる死者は250人程度だったが、この「謎の肺炎」では1月以降1700人以上が死亡しているとしており、大きなニュースになった。

 一方で、複数の中央アジア関係筋はうがった見方で証拠もないとしつつ、こんな見解を示す。

「新疆ウイグル自治区で新たな感染症が発生して、その責任を国境を接するカザフスタンに押しつけようとしたのではないか」

 実際、国際感染症学会が運営する感染症モニタリングサイトProMED−mailを引用した一部報道によると、カザフスタン国境に近い新疆ウイグル自治区のチョチェク市の病院で6月、感染性肺炎の集団感染が発生し、患者や医療スタッフが隔離されたという。また、関連は不明だが、同市では6月初旬、鳥インフルエンザによるガチョウの大量死が報告されている。

 結局、「謎の新型肺炎」騒動はカザフスタン保健省がフェイクと否定し、WHOも新型コロナの見落としか通常の市中肺炎ではないかとの見解を示したことで事実上終息した。新疆ウイグル自治区での集団肺炎の真偽も明らかでない。しかし、コロナ禍のさなかでの新たな流行病の恐怖に世界がざわついた。

 近年、新型コロナに限らず、次々と新たな感染症が出現している。コロナウイルス関連では重症急性呼吸器症候群(SARS)と中東呼吸器症候群(MERS)が知られ、2009年にはブタ由来のインフルエンザのパンデミックが起きた。今年8月には中国で「新型ブニヤウイルス」による死者が増えているとの報道もあった。これは日本でも60人以上の死者を出しているマダニ由来の感染症「重症熱性血小板減少症候群」のことで今年新たに出現したウイルスではないが、00年代以降に発見された新興感染症のひとつだ。

 なぜ、長い歴史のなかで知られていなかった新たな感染症が次々に生まれるのか。また、新型コロナの「次」の新興感染症の危機は迫っているのだろうか。パンデミックインフルエンザウイルスの出現機構を解明したことで知られる北海道大学人獣共通感染症リサーチセンターの喜田宏特別招聘教授はこう話す。

「近年発生する新興感染症はどれも、ヒトとそれ以外の脊椎動物の両方に感染する人獣共通感染症です。人口爆発に伴う森林伐採や灌漑(かんがい)などで地球環境が激変し、野生動物と家畜やヒトの境界がなくなった結果、1970年ごろから次々に新たな感染症が生まれるようになりました」

 野生動物とヒトの生活空間が重なり接触機会が増えたことで、動物のウイルスの一部がヒトに感染するようになったのだ。

 人獣共通感染症の原因となるウイルスは、自然宿主と呼ばれる野生動物と共生している。自然宿主には無害だが、中間宿主となる家畜など別の動物に感染すると、宿主の身体で増殖しやすいウイルスが優勢になり、人間にも感染することがある。

 インフルエンザを例にとると、自然宿主であるカモが越冬のためシベリアから南へ飛来し、糞便と共に排泄されるウイルスが水を介して別の鳥や動物に感染する。ウズラなどキジ科の陸鳥に感染したあと、ニワトリに広がって感染を繰り返すと、全身で増殖する高病原性鳥インフルエンザウイルスが生まれる。また、鳥とヒトのウイルスにブタが同時感染し、遺伝子再集合という仕組みによって新たに生まれるのがパンデミックインフルエンザウイルスだ。09年の「新型」をはじめ、過去のパンデミックインフルエンザはいずれもブタ由来と考えられている。

 新型コロナも、コウモリだとされる自然宿主から中間宿主を経てヒトに感染するウイルスとなった可能性が高い。中間宿主はセンザンコウやヘビだとする説があるが、確定していない。ただし、特異な点もある。

「ヒトで流行するようになったばかりのウイルスは普通、伝播性は高いものの体内での増殖は緩やかです。ヒトからヒトへ感染を繰り返すうちに増殖しやすいウイルスが選ばれる。しかし、新型コロナは当初からヒトで増殖しやすく、病原性の高いウイルスでした」(喜田特別招聘教授)

 インフルエンザなどの知見をもとに考えると、新型コロナウイルスは1月以降武漢で流行した段階で、既にヒトからヒトへの感染を繰り返していた可能性を示唆している。

「中国圏は新型コロナのほか、SARSや過去のパンデミックインフルエンザであるアジア風邪、香港風邪などの発生源となってきました。これは、生きた鳥や野生動物を扱う市場が多くあり、自然宿主から中間宿主、ヒトへのウイルス感染が起きやすい環境だからです。さらに、動物が持つ未知のウイルスは無数にある。今後も新たな感染症は必ず生まれます」(同)

 新たに生まれた感染症はいったん流行が収まっても終わりではない。より大規模に再流行したり、別の地域で発生したりする再興感染症となりうるのだ。1976年にスーダンで初めて流行したエボラ出血熱は、今もアフリカ各国で流行を繰り返している。13〜14年の流行では西アフリカで1万人以上が死亡した。アフリカで発生して世界に広がったウエストナイル熱は00年代に入ってアメリカとカナダで流行し、600人以上の死者を出している。人類が闘うべき感染症は増え続けている。

 一方、有史以来人類が根絶に成功した感染症は天然痘のみ。WHOは次の目標としてポリオと麻疹の根絶を目指すが、これら三つはヒト独自の感染症だ。

「人獣共通感染症はヒトでの流行が収まっても、自然界でウイルスが受け継がれるため根絶できません。発生を予知して被害を食い止める先回り対策しかない。既に知られた感染症は自然宿主と伝播経路を突き止め、モニタリングして発生に注意を払うこと、未知のものは野生動物が持つウイルスの遺伝子と実験動物に対する病原性を網羅的に調べ、結果をデータベース化しておくことが必要です」(同)

 北海道大学人獣共通感染症リサーチセンターでは海外の研究機関とも協力し、野生動物から網羅的にウイルスなどの微生物を分離、ライブラリー化を進める。分離したウイルスを実験動物に感染させ、病原性を示したものが次の新興感染症の「第1候補」だ。これまでに、マウスで致死性を示す新型のアルファヘルペスウイルスがインドネシアのオオコウモリから、クリミアコンゴ出血熱に似た症状を起こす新型のナイロウイルスがザンビアのキクガシラコウモリから、ヒトとコウモリのウイルスが遺伝子再集合して生まれたと見られるオルソレオウイルスがザンビアのブタの糞便から見つかった。これらのウイルスなどが近い将来、猛威を振るうかもしれない。世界はいま新型コロナ一色だが、新たな感染症も迫っている。(編集部・川口穣)

※AERA 2020年8月31日号