新型コロナウイルスが、子どもたちの心にどんな影響を与えているのでしょうか。国立成育医療研究センターが、子どもと保護者6800人にアンケートを行ったところ、約7割の子どもにストレス反応が出ていたことがわかりました。子どもたちはどんなことで苦しんでいるのか。不登校新聞の編集長、石井志昂さんはアンケート結果をもとに、いま保護者に伝えたいことをまとめました。



*  *  *
 アンケートには下記のような声が寄せられていました。
 
「コロナのことを考えると寝ながら少し泣いてしまう」(男子小学生・山口)

「先生が怖い。友だちと遊ぶと怒られる」(女子小学生・富山)

「人とすれちがうだけで怖くなる」(女子小学生・東京)

「勉強ばかりで思い出がまったくない」(女子小学生・神奈川)

「テレビで『子どもが家にいるのがストレス』と言っている親の人がいたけど、それは子どもも同じ。自分の存在を否定されることを言われるとつらい」(女子中学生/神奈川)

「飲み屋で大人が騒いでいるのを見ると、私たちがふだん学校でしている対策はなんなのだろうと思う」(女子中学生/島根)

 大人としてハッとする発言もあり、子どもが苦しんでいること、不安がっていること、不満を持っていることがよくわかりました。

■ 不眠傾向も2割の子どもに

 コロナの影響を調べたアンケートは今回で2回目。前回は2020年4月30日から5月31日に実施しており、緊急事態宣言下での調査でした。今回は休校明けが相次いだ6月15日から7月26日に実施。結果は、ほとんどいっしょで7割以上の子どもたちにストレス反応が出ていました。第2回目のアンケートによれば、多かったストレス症状は「コロナのことを考えるとイヤな気持ちになる」(41%)、「最近、集中できない」(32%)、「すぐにイライラする」(28%)。

 心療内科医・明橋大二医師は、調査結果を受けて「東日本大震災時にも同様の調査をしたが、その際、ストレス症状が出た子どもの割合は全体の43%だった。現在は震災時よりも多くの子どもに影響が出ている」と、ストレス反応が多くの子どもに出ていることを危惧していました。一方、調査を行った半谷まゆみ医師は、ストレス反応はコロナと関連して考えづらく「本人の怠慢や努力不足と誤解されてしまうが、適切なケアが必要だ」と指摘していました。

 ■ 半数以上の保護者が見過ごしている可能性

 1回目のアンケート結果によれば、子どものストレス反応に気がついたと回答した保護者(保護者が自分の子どもの様子についての質問で、すぐにイライラするなど何らかのストレス反応が一カ月以上続いていると回答した割合)は全体の24%。2回目のアンケート結果でも同様の傾向がみられました。一方、子ども自身は7割の子がストレス反応を感じていたわけですから、子どもと保護者間に大きな認識の開きがありました。子どもと保護者では質問項目がちがうなど単純比較はできませんが、半数以上の保護者が子どものストレス反応を見すごしてしまった可能性があります。

 実は、いっしょに生活する子どものストレスに親が気づかないというのは、コロナ禍でなくても、往々にして起きることです。例えば不登校の場合です。そこで、これまで私が取材したケースから「親でも見落としがちな3つのケース」を挙げたいと思います。

(1)子どもの不眠をスマホ依存だと思ってしまう

 いじめなどがあり学校へ行くことが不安な子は、夜、なかなか眠れません。私が聞いたなかでは「明日こそは『いじられないように』と会話のパターンを想定していたら朝になってしまった」という子や、「明日も学校だと思ったら眠れなかった」という子もいました。そのときに子どもの助けになるのが、スマホ、ゲーム、アニメなどです。人は悩みや不安にずっと耐えてはいられません。なにか気を紛らわせるものを探します。夜、不安で眠れずに、スマホなどに手を伸ばす子が多いのです。

 学校でのつらい状況や不眠に苦しんで子どもはスマホをいじっているのですが、親からすれば「スマホをしていたから眠れなかった」と思うわけです。

 アンケートでは「寝つけなかったり、夜中に何度も目が覚めたりする」と答えた子どもは24%。およそ4人に1人に不眠傾向が出ていました。夜中にスマホをしている子どもを見て「依存している」と思うかしれませんが、それはコロナストレスかもしれないのです。

(2)宿題ができないと子どもがイラつく

 アンケートでは「すぐにイライラする」「最近、集中できない」がストレス反応の上位を占めました。ならば「宿題ができずにイライラしている子」というのは、両方のストレス反応が同時に起きている可能性があります。大人からすれば「いつまでも宿題をやらずに怠けている」と思ってしまいがちですが、本人は悩みを抱えているのかもしれません。

 今年、専門学校に入った女子生徒(18歳)は、入学してから現在に至るまでの5カ月間、課題をため込んでいます。課題に自分の名前を書いて提出することすら「苦しくてできない」と。彼女は高校時代、いじめが原因で不登校になり、専門学校には再起を図るつもりで入学しました。しかし、コロナ禍で休校になり、山のように送られてくる課題に対応できず、やろうと思っても「頭が真っ白になる」そうです。宿題がこれまで以上にできない、というのも見落としがちなストレス反応のひとつです。

(3)親自身が苦しくて、子どもの負担が見えにくい

 アンケートでは、保護者に対しても、心の健康度をチェックしています(うつ病・不安障害などをスクリーニングする「K6」日本語版を用いて測定)。調査結果によると、最上位の深刻度である「極高度(深刻なこころの状態のおそれがある)」と判断された保護者が2割。「中程度(心に何らかの負担がある)」の親が6割を占めていました。当然のことながら、コロナストレスは子どもだけでなく親にもあります。親が精神的に苦しければ、子どもの苦しさも見えづらくなり、「感情的に叱ってしまうこともある」と明橋医師は指摘しています。

 以上が、親でも見落としがちな3つのケースでした。保護者の負担にも触れましたが「親がガマンしているから、子どももガマンするべき」というのは暴論です。子どもの苦しさと親の苦しさは分けて考えるべきです。親子といえども、親と子は別人。苦しい子どもは救われる必要があり、苦しい親も救われる必要があります。

 三つの事例を紹介しましたが、現実はもっと複雑でわかりづらいものです。そこで最後に、親はどんな心積もりがあれば、子どもの異変やSOSに気づけるかを紹介します。学校で苦しんだ子どもたちや親の相談を受けてきた「フリースクールネモ」代表の前北海さんは、こう語っています。

「うちの子は不登校にならない、いじめは受けないなどと親が先入観を持っていたら子どものSOSは見えません。子どもには子どもの世界があり、大人から見えないところで本人は苦しんでいたり、トラブルを抱えていたりもします。親にとって『不都合な事実もある』という前提で子どもを見なければいけません。ただ、そこまで親が覚悟をしていれば、追いつめられる前に子どもは親を頼れるので、本当に意味で心配な状況にはなりづらいとも思っています」

(文/石井志昂)

<プロフィール>
石井志昂(いしい・しこう)/1982年、東京都町田市出身。中学校受験を機に学校生活があわなくなり、教員や校則、いじめなどを理由に中学2年生から不登校。同年、フリースクール「東京シューレ」へ入会。19歳からNPO法人全国不登校新聞社が発行する『不登校新聞』のスタッフとなり、2006年から編集長。これまで、不登校の子どもや若者、識者など400人以上に取材してきた