各地で起こる豪雨から鉄道の水害が多発している。駅の浸水リスクは、生活に密接であるため警戒しておきたい。地下鉄が危険とされがちだが、実は地上の駅にもリスクは潜んでいる。東京23区と大阪市の駅から紹介する。



「切符の販売機も全部故障していた。腰よりも高い位置にある機械も冠水するのかと驚いた」

 こう話すのは川崎市に住む会社員、岡田誠さんだ。昨年10月12、13日に台風19号が直撃し、武蔵小杉駅の一部が冠水した。JR横須賀線ホームの設備が故障し、13日の同駅は通過扱い。14日に停車を再開したが、エレベーターやエスカレーターは使えず、15日には駅構内に入るまで長蛇の列ができるなど、影響が続いた。

 浸水リスクは、地下鉄だけではない。高架化された駅でも、改札機や券売機などは1階に設置されていることが多い。線路が冠水すれば、障害物の流入や線路下にある砂利の流出などが起こることも考えられる。

 3メートル以上の浸水リスクがある地下鉄以外の駅をまとめた。目立つのは江東5区や、荒川区、北区にある駅。JR埼京線の北赤羽駅やJR常磐線の北千住駅、東武スカイツリーラインの鐘ケ淵駅、牛田駅、京成本線の千住大橋駅など多くの駅で5〜10メートルの浸水が予想される。

 荒川などが決壊した場合はJR山手線などが走る有楽町駅、東京駅、神田駅、御徒町駅、上野駅、日暮里駅も3メートル未満の浸水リスクがある。

 多摩川沿いの駅も、東急大井町線の二子玉川駅で最大5メートル浸水する。東急池上線の千鳥町駅〜蒲田駅、東急多摩川線の沼部駅〜蒲田駅、京急本線の立会川駅〜六郷土手駅、京急空港線の京急蒲田駅〜羽田空港第3ターミナル駅では3メートル未満の浸水が予想されている。

 大阪市も見ていこう。ユニバーサル・スタジオ・ジャパン(USJ)の最寄り駅、ゆめ咲線のユニバーサルシティ駅が最大5メートル浸水する。同線の桜島駅、安治川口駅、西九条駅は津波のリスクがある。

 阪急神戸本線の大阪梅田駅〜十三駅、阪急京都本線の淡路駅、上新庄駅でも最大5メートル浸水する。淀川近くを走っており、周辺の駅では3メートル未満の浸水が予想されている。

 相次ぐ鉄道の水害被害を受けて、地下鉄以外の鉄道各社も対策に取り組む。

「激甚化する気象災害に対し、ハード・ソフト両面から対策を進めてきた」

 JR西日本の長谷川一明社長は8月26日の定例記者会見でこう切り出した。

 同社は、電気施設や車両留め置き施設などで止水板や止水壁を設置するなどの対策を進めている。営業運転を早期に終了し、車両を避難させる計画運休も実施するという。

 JR東日本も5月、鉄道施設への浸水対策を進めていくと発表している。

 東武鉄道では亀戸線の小村井駅〜亀戸駅で最大5メートルの浸水リスクがある。対策を尋ねると、広報部は「長大な路線を有しているため、昨年(台風19号の)被害が出たエリアで鉄道設備のかさ上げなどの浸水対策を優先的に実施している。現時点で亀戸線において実施済みの対策はないが、今後も全線において検討を進めていく」と回答した。(本誌・吉崎洋夫、松岡瑛理)

※週刊朝日  2020年9月18日号より抜粋