9月24日、記者会見した米ホワイトハウスのケイリー・マクナニー報道官。ファッションデザイナーのドン小西さんがファッションチェックした。


*  *  *
 ド派手な原色のミニスカワンピースが気になってたお父さんも、けっこういるんじゃないかね。誰って、米国ホワイトハウスの報道官だよ。政府のスポークスマンという仕事は、日本で言うと、ちょっと前まで菅総理が苦虫をかみつぶしたような顔でやってたやつ。違いすぎだって!

 この日も色こそおとなしいが、肩出しノースリーブの露出過多。これが個性なら、あたしも応援するけどさ。この人の場合、私ってイケてるでしょアピールが服からビンビン。かえって、イケてないのがミソだよね。

 だいたいミニスカ+金髪とか、エッチなボディコンスタイルとか、ファッション界から見たら時代錯誤もいいところ。1950年代とか、古き良きアメリカの理想の女性像のパロディーか?っていうくらい古くさいよ。ま、グレート・アメリカ・アゲインを夢見るトランプ政権には、ぴったりの報道官か。コロナを克服して復帰する日を、日本のお父さんたちも待ってますよ。

■評価は……?
2DON! 「上昇志向がすけて見えます」

(構成/福光恵)

※週刊朝日  2020年10月23日号