「朝まで生テレビ!」や「サンデープロジェクト」でテレビジャーナリズムの新たな時代を築いてきた田原総一朗氏。時事YouTuberのたかまつななが、憧れだという田原氏にジャーナリストとしての気構えから、27年間にわたる不倫、亡き妻への愛、そして取材先でのセックスに至るまでを赤裸々に聞いた。



*  *  *
――田原さんはタブーにどんどん切り込みますけど、圧力をかけられたりしないんですか?

田原:僕は幸いフリーだから。テレビ局員や新聞社の社員は大変だと思う。何かあれば左遷でしょ。僕にはそれがないから。

――圧力があったかどうか真相は分からないですけど、NHKのクローズアップ現代の国谷裕子さんや報道ステーションの古舘伊知郎さんがキャスターを降板しました。テレビからジャーナリズムがどんどんなくなってきていると思いますが、どうしたらテレビジャーナリズムを取り戻せますか?

田原:たかまつさんがいたNHKは大変だと思う。NHKは受信料を取っていて、その予算を決めているのは国会なんだよね。自民党が多数派だから、自民党に気に入らないことを言ったら予算が取れなくなっちゃう。

――「朝生」が長続きしているのはどうしてですか?

田原:この話が来たのが1986年ですね。僕はその頃、まもなく冷戦が終わって世の中が大きく変わると感じていた。だから新しい時代に挑戦するような番組を作りたいと思った。そこで考えたのが討論番組だった。一本勝負、5時間1テーマでやろうと。しかも命をかけてやる。政治家どうしでやって負けたら政治家生命がなくなる。あるいはジャーナリストでもジャーナリスト生命がなくなる。そういう番組を作ったらどうかと考えて1987年からやることになった。今年で33年目。スタッフと真剣勝負を続けた結果、長寿番組になりましたね。

――“田原さんイズム”を引き継げる環境が、今のテレビにはないように思います。

田原:ジャーナリズムは中立じゃなきゃいけないというのは、冗談じゃない。自分の意見はちゃんと言っていいんですよ。だって世の中に中立なんてありえないんだから。ただ、民主主義として自分と反対の意見もちゃんと提示して認めなければいけない。だから「朝生」もBS朝日の「激論!クロスファイア」も、自民党にも共産党にも出てもらう。司会者であっても自分の意見を持つべきだ。最近は自分の意見を持たない司会者が多いからね。

■死ぬまで「朝まで生テレビ」

――朝生は田原さんがいないと成り立たない番組だと思っています。そもそも引退を考えることはあるんですか?

田原:考えていません。プロデューサーからも局からも引退しろって言われていない。再来年が「朝生」の35周年、4年後には「激論!クロスファイア」の15周年なんですよ。これはやりたい。一番ハッピーなのは番組で死ぬこと。いま86歳だから、普通だったらいつ逝ってもおかしくないもんね。

――いつまでも続けてほしいと思いますが、田原さんの後継者と呼べるような人は育っているんですか?

田原:若い人を育てたいと思っている。政治家で言えば、衆議院議員の齋藤健さん。人がいいし、何でも言いたいことを言う。自民党が変わらなきゃだめだと彼には言っている。それからジャーナリストの津田大介さん。彼には本当に育ってほしい。

■取材のためなら裸でセックスも

――田原さんの著書をたくさん読ませていただく中で、タレントの水道橋博士さんが「田原さんが日本で最初のAV男優だ」とおっしゃっていたのに驚きました。番組の取材で全共闘(全学共闘会議の略。1968年から69年にかけての大学闘争で、従来の学生自治会とは別に大学改革を掲げてつくられた)の元メンバーの結婚式を取材したそうですね。列席者の男性たちと花嫁が順番にセックスするという異常な状況。みんなが裸になるから、田原さんもカメラマンも裸になったそうですが本当ですか?

田原:全共闘の仲間内の結婚式で、面白いと思って取材に行った。そしたら、全員が裸になって、撮影スタッフも全員裸になれと言われた。嫌なら取材させないと。

――それで花嫁から田原さんが指名されて、花嫁を抱いている姿が地上波で流れたそうですね。自分の裸が映るの恥ずかしくなかったんですか?
田原:恥ずかしいですよ、それは。でも恥ずかしい以上に取材をしたいと思った。

――ロケで訪れたアメリカでも、マフィアの経営するバーを撮りたいと言ったら、「玉突き台の上で女とやったら撮らせてやる」と言われて、黒人の娼婦相手に台の上で裸でセックスしたそうですね。

田原:やらなきゃ取材させないって言うんだからやった。警察署長がみんな来ていて面白い集会だなと思った。おかげで撮影も許可されて取材できた。

――田原さんって、性にけっこうみだらな人なのかと思ったら、意外と結婚するまでは童貞だったということも記事で知りました……。生涯で自分から望んでセックスをした女性は2人だけだったと知って驚きました。

田原:実は、買春を1回もやったことがないんですよ。仕事仲間に連れて行かれた風俗で「お金を払うから帰らせてくれ」と言って、相手を怒らせたこともあった。真面目というよりは、そういう気になれないだけ。

■27年間の不倫と再婚、妻の介護

――田原さんは、性に対してそんなに真面目なのに、実は不倫を27年間されて、その方と再婚されたんですよね? びっくりしたんですが、それはなぜですか?

田原:こんなに気持ちが通じ合える女性がいなかったんだよね。最初の女房はとてもいい女性だったけど、僕の仕事の中身にはあんまり関心を示さなかった。2人目の女房は、仕事の中身にもすごく関心を持ってくれて自分の意見をはっきりと言ってくれた。

――田原さんの奥さまは2人ともご病気で介護を経験されたそうですね。介護が楽しくてこれは新しい愛の形だとおっしゃっていました。私には衝撃的で全然理解できなかったんですが……。

田原:2人とも乳がんだった。認知症になってからだと辛いかもしれないけど、介護をすれば相手も感謝してくれるじゃない。2人目の女房は歩けなくなって車椅子だった。お風呂に入れるときには、裸になって湯船にざぶんと。楽しいよ。普通なら入らないもんね。

――田原さんは、恋愛は2種類あるとおっしゃっています。「征服する恋愛」と「尊敬し合う恋愛」だと。これはどういうことですか?

田原:僕は女性を尊敬している。女房は2人とも乳がんだったけれど、偉いところは2人とも最後まで泣き言を言わなかったところ。

■野党が強くなれば若者の投票率も上がる?

――つらい闘病生活で弱音を吐かないなんて私には無理です……。最後に、いま若い人たちに選挙に行こうと呼びかける活動をしているんですが、若者に政治に関心を持ってもらうにはどうしたらいいと思いますか?

田原:若い人が選挙に行かないのは、どうせ行ったって政治は変わらないと思っているから。野党が弱すぎるんだよ。野党が強くなって緊張が生まれれば、若者も選挙に行く。あのアメリカだってトランプ大統領が落選する可能性がある。でも日本では自民党が野党に政権を取られるなんて思ってないから、安倍内閣は次から次から好きなことやって安心しきっていた。とにかく野党が強くなれと言っている。

――どうしたら野党が強くなりますか?

田原:野党が強くなるためには、自民党の政策に安易に反対することをやめろと。例えば、野党がアベノミクスを批判するけれど、国民は批判なんて聞きたくない。批判ではなくて、野党が政権を取ったらどういう経済政策を取るのか具体的に対案を示してほしいと思っている。自民党に反対していれば当選すると考える野党の議員は怠け者だ。

(構成=たかまつなな)

※対談のフルバージョンは以下で見る事ができます。
【朝生いつ引退するのか聞いてみた。テレビと政治の深い闇】
https://youtu.be/mcExbBjjmbg
【日本初のAV男優は、田原総一朗?!愛とセックスの衝撃告白】
https://youtu.be/lrYv2rcQjLk