秋篠宮さまが皇嗣になったことを宣言する立皇嗣の礼が11月8日に執り行われる。皇室有識者会議で座長代理を務めた御厨貴氏と岩井克己・朝日新聞元編集委員が菅新政権と令和皇室の関係についてZoom対談。これからの皇室のあり方についても話題は及んだ。

【前編:「愛子さまを天皇に」は宮内庁から聞こえてこない?朝日新聞元編集委員が明かす】から続く


*  *  *
御厨貴氏:菅義偉首相自身と宮内庁、皇室の距離感はどうでしょう。

岩井克己氏:皇居の乾通り公開は、平成の天皇陛下が傘寿の記念に「どうぞ、皆さん入ってください」と始めたものです。そのあと、当時の菅官房長官が「毎年、春秋にやれー」と言いだした。

御厨:菅さんは、「自分が開けさせたんだ」と。

岩井:宮内庁や皇宮警察は、「人が少なくて大変なのに」とぼやいていました。

御厨:官邸は、「宮内庁はサボることしか考えない」と(笑)。

──天皇の生前退位の意向が官邸の頭越しに報道されたと、当時の風岡典之宮内庁長官を官邸が更迭したとも言われました。

岩井:風岡さん本人と、その件を話したところ、「そういうわけでもないんだよね」といったふうでした。70歳になる年の年度末で退任のところ、数カ月の前倒し。しかし、外からは更迭に見えますね。

御厨:2016年7月に退位の一報がNHKに出たとき、杉田副長官は東京にいなかった。「自分が沖縄にいるときを狙ってやった」と怒ってはいましたし、杉田副長官が「天皇に会わせてくれ」と宮内庁に行ったら風岡宮内庁長官に「官房副長官では謁見できない」と言われている。良好といえない状況ではありました。

岩井:退任は、政府が退位について有識者会議を設置し、難しい調整と舵取りに入る時期でした。風岡さんのもとで交通整理がうまくいかなかった。退位と代替わり儀式を仕切るには、早めに若い山本信一郎次長へのバトンタッチが必要との判断もあったかと思います。

御厨:後任の山本信一郎前長官は、総務省出身で内閣府事務次官などを歴任してます。

岩井:いずれにしろ政権が宮内庁長官人事まで手を突っ込むのはあってはならないことです。

御厨:そしていま、僕が気になるのは、コロナ禍で国民との絆が薄れた令和皇室のありようです。

岩井:国民の多くが、給付金10万円などで食いつなぐといった大変な思いをし、今後も厳しい情勢が続く未曾有の危機にあって、令和の皇室の存在感が希薄です。何をしているのだろう、と歯がゆい思いです。

■ 皇室漂流の時代が到来しかねない

御厨:僕は、安倍政権下で天皇陛下の退位のあり方を考える有識者会議で座長代理を務めました。識者や各方面の意見を聴き、集約した立場で思うのは、天皇や皇族方が表に出ないと、「やっぱり天皇は、千代田のお城にこもってお祈りさえしていればいい」と騒ぎ始めるひとたちが出てくる。次第に、「千代田の一等地に住んでるの誰?」とひとびとの記憶にさえ残らなくなれば、天皇制の存続そのものが危ぶまれます。

岩井:令和の天皇ご夫妻のこれからは大変です。“皇室漂流”の時代さえ到来しかねない。

御厨:上皇さまから天皇の位を引き継いだとたんに、コロナですからね。ただ、象徴というお務めを、令和流にやってほしい、という上皇さまからの宿題があります。この課題と独自の仕事を見つけるのは大変な話です。

岩井:平成の両陛下は皇太子時代の30年間に積み重ねた活動と人脈の蓄積の上で即位して、即位後の30年間もそのまま走り続けました。一方で、令和の両陛下は、雅子さまの体調もあり、平成ほど積み重ねができなかった。人脈や経験をもとに知恵を自らどんどん出すというわけにはいかないのでは。宮内庁も、皇室に来て間もない幹部ばかりで頭を抱えているのではないか。令和の皇室の発信はこうすべきだ、なんて役人の立場から勝手に振り付けるなんてできないですよね。

御厨:宮内庁の高級官僚も、いまは警察畑か外交畑。プロトコールや治安の経験はあるが、天皇陛下が何をすべきかなど、わかりませんよ。

岩井:雌伏のときです。外に姿を見せたり人と接するのが難しいなら、蓄積し、何をすべきか、深く考えていただきたい。

御厨:戦争を観念と語り聞かせでしか知らない、令和の天皇が、戦没者追悼式や靖国の問題、歴史認識をどう組み立てるか。蓄積は大切です。

岩井:高輪の仙洞仮御所に移られた上皇ご夫妻のご様子にすこし触れます。人と会い、関係をつなぐのを大切になさってきた方たちなのに、静かにこもっておられる。

御厨:ええ。

岩井:6月、天皇のご相談役の参与が交代のごあいさつに伺ったときのことです。事務方の事前説明では、上皇さまは、ごあいさつの文書を読み上げられることになっていました。しかし、上皇さまは書面なしでよどみなく長いあいさつを述べてくださったそうです。

御厨:コロナ禍が収まれば、令和の両陛下の姿も見えます。上皇ご夫妻は、天皇ご夫妻が気づかない部分を、邪魔にならないよう支える心づもりであったと思います。

岩井:現在を象徴する天皇・皇后両陛下、未来を象徴する秋篠宮ご夫妻、過去を象徴する上皇ご夫妻。この3代のトロイカでおやりになればいい。

御厨:コロナ禍が収まって、上皇ご夫妻や天皇ご夫妻も皇族方もお元気な姿を、われわれに見せてほしいですね。

(構成/本誌・永井貴子)

岩井克己(いわい・かつみ)/1947年生まれ。94年から2012年まで朝日新聞編集委員。「紀宮さま、婚約内定」の特報で05年、新聞協会賞受賞。著書に『天皇家の宿題』『皇室の風』、共同監修に『徳川義寛終戦日記』など。

御厨貴(みくりや・たかし)/1951年生まれ。東大法学部卒。政治学者。東大名誉教授。東大先端科学技術研究センターフェロー。2016年に天皇の退位を検討する「天皇の公務の負担軽減等に関する有識者会議」で座長代理を務めた。

※週刊朝日  2020年11月6日号より抜粋