作品ごとにガラリと違う顔を見せる。若手女優の中で、堂々の演技派として、最近では舞台でもシリアスなものからコメディーまで幅広い役に挑戦している。ヒロインを演じた映画「泣く子はいねぇが」では、母親になった女性が持つ厳しさと優しさを、生々しく表現した。



*  *  *
 6歳になった頃だろうか。三つ下の弟と、些細なことで喧嘩になった。何がきっかけだったかはもう覚えていない。気づいたとき、弟は、彼女の髪に噛んでいたガムをくっつけていた。驚いてガムを取ろうとするが、かえって長い髪がぐちゃぐちゃに絡まってしまった。それに気づいた母親が、2人の元に一目散に駆けつけた。

「里帆ちゃんごめんねぇ」

 ずっと伸ばしていた黒くて長い髪。彼女の母は、それを切ることに決めた。ハサミを手に、何度も何度も、娘に泣きながら謝った。それを見た弟が、一緒になってワンワン泣いた。

「弟にガムをくっつけられたことや、髪を切ることが悲しいわけじゃなかった。みんなが泣いていたから、感情がぐちゃぐちゃになったのかな。大人一人と子供2人で声をあげて泣いていたことを思い出すと、今はなんだか笑っちゃう(笑)」

 秋田県は男鹿半島に伝わる行事“ナマハゲ”は、大晦日の夜、鬼のような面をつけた男たちが、「泣く子はいねぇが」と叫びながら民家を回る。そのかけ声をそのままタイトルにした映画でヒロインを演じた吉岡さんに、小さい頃に大泣きした記憶について訊ね、語られたのが冒頭のエピソード。

 映画「泣く子はいねぇが」でメガホンをとった弱冠30歳(当時)の佐藤快磨監督は、是枝裕和監督に見いだされた若き才能だ。佐藤監督は、出演者の中の“芝居をしている意識”を極力取り除き、役としてただそこにいる生々しさのようなものを丁寧に追った。

「表現しようという意識は全く持たずに、ただそこにいてほしいと言われました。私はまだ映画の経験はそんなに多くはありませんが、今まで受けた演出とは全く違っていたのは確かです」

 一番印象的だったのが、余貴美子さん演じる義母と対峙するシーン。

「芝居とか台詞とか、そういう自分が置かれている設定については全て忘れて、ただ一緒に存在しているだけ。そんな不思議な感覚がありました。監督は、たぶん、ワンシーンごとに見る人の息が詰まりそうになる空気が生まれるまで、粘っていたんでしょうね」

 まだ27歳。せっかく女優になったのだから、キレイに撮られたい気持ちもあるだろう。でも、愚直なまでに人間の暗部にスポットを当てたこの映画で、敢えてやつれた顔を晒した彼女の表情には、見る側を物語の中に引き込む、生々しい強さが感じられた。

 仲野太賀さん演じる主人公は、ある失態をきっかけに地元を離れ、妻にも見限られ、根無し草のような生活を送る。吉岡さんは、台本を読みながら、「みんな、なんて不器用なんだろう」と思ったという。

「私自身は、この映画とは正反対で、あったかい家族と、とっても平和な毎日を送ってきました。両親に祖父母に弟。一緒にいるだけで日だまりに包まれているような気分になれるんです。苦しいことに直面しても、みんなで力を合わせて乗り越えてきた。楽しいことがあるから一緒にいるんじゃなくて、家族で一緒にいればどんなことも楽しくなる。そんな家庭で育ったので、台本を読みながら、『ここで、こういう言葉をかけたら、問題は解決できたのに』とか、何度ももどかしさを感じました」

(菊地陽子 構成/長沢明)

吉岡里帆(よしおか・りほ)/1993年生まれ。京都府出身。主な出演ドラマに、「あさが来た」(2015年)、「ゆとりですがなにか」(16年)、「カルテット」(17年)、「きみが心に棲みついた」(18年)、「時効警察はじめました」(19年)など。映画では、「パラレルワールド・ラブストーリー」「見えない目撃者」(共に19年)、「Fukushima50」(20年)など。「ゾッキ」は21年春公開予定。

>>【後編/吉岡里帆「初めての出来事は、全て宝物」 失いたくない感覚とは?】へ続く

※週刊朝日  2020年11月27日号より抜粋