いよいよ受験シーズン本番。16日には、初めての「大学入学共通テスト」が実施される。今年はコロナ禍の受験で、不安や焦りを感じる受験生も多いが「最後の最後まであきらめないこと」と話すのは、子ども4人全員が東大理IIIに合格した佐藤ママこと佐藤亮子さん。4人の子どもの受験をサポートして得られた知見を聞いた。


*    *  *
――共通テストの実施まであと数日。佐藤さんは、直前期は参考書を読むのではなく、問題集をひたすら解くことを勧めています。それに関連して、誰もが驚くような経験をされたそうですね。

佐藤亮子(佐藤ママ):そうなんです。三男のセンター試験の古文で、問題集で直前に解いたのと同じ問題が出たのです。驚いたことに本文がまるごとそのまま同じでした。

 実は、センター試験の3日前になって、手持ちの問題集はすべて解き終えてしまって、やるべき問題集がなくなってしまったのです。残り3日であっても無駄にはできませんので、新しい問題集を買いに、書店に行きました。ところが、直前期なので、センター試験対策の問題集なんてほとんど置いていません。店内をくまなく探したところ、売れ残りでしょうか。本棚の一番上に、4冊だけパタパタと倒れて残っていました。世界史2冊、国語が2冊です。

 それを3日間でやることにしました。試験2日前の夜のことです。前日は試験会場の神戸に宿泊することになっていたので、奈良の自宅で過ごす最後の夜でした。夜7時過ぎに、古文の問題に取り組みました。もう最後なので、注釈も私がしっかり音読して、本文について「ああだ」「こうだ」と2人で楽しく話し合ったのです。

 そして迎えたセンター試験。1日目を終えて帰ってきたとき、三男はなんだかぼんやりとした表情をしていました。「これはまずい!芳しくなかったんだ」と心配したら、なんとその逆でした。

「おとといママとやった問題がまるごと出たんだよ……」と三男。聞けば、本文を読まないでも解けたので、20分で解く予定だった古文が2分で解答できたということでした。その年は現代文が少し難解な作品だったので、余った時間を現代文に回すことができて点数をしっかりとることができました。

 後からわかったのですが、学校でその問題集を事前に解いていた生徒さんがもう一人いたそうです。その生徒さんは文系でした。三男は理系なので特に助かりましたね。友人らから「あの時、佐藤の背中からは紫色のオーラがでていた」と言われたそうです(笑)。

――直前に“的中”するとは、見事です。狙っても、そこまでは難しいとして、問題集をやることにどんな意味があるのでしょうか。

佐藤ママ:同じ文章がそのまま本番で出るとまではいかないにしろ、試験では質問にするところは大体決まっています。特に、古文、漢文などは出典が違っていても、問題になるところは似たようなところです。それに対応するためには、やはり問題形式で覚えた方が役に立ちます。参考書は、内容を全部書いていますのでポイントが分かりにくいのです。

 直前期には、ノートや参考書を読んで自らラインマーカーを引いたポイントを確認するという勉強方法をやりがちなのですが、私はお勧めしません。言葉や数字が頭の中を滑っていくだけなのです。“やっている”雰囲気は出せるかもしれませんが、実際には役にたちません。なかなか問題集を手に取ろうとしないのが受験生の特性のひとつなのですが、やはりわからない問題に出会うのが怖いということも原因かと思います。特に直前期には不安になったりしますが、考え方を変えてみると 本番の前にわからない問題に出会えたことはラッキーなのですよ。

 人間は忘れる動物なので、自分が忘れていたことに慌てる必要はありません。わからなかったら答えを見て、その場で覚える。問題集を取り組むときは、答えを横に置いて、すぐ答えを見ればいいのです。それを何回も繰り返して知識を定着させましょう。記憶の「上書き保存」を繰り返せばいいのです。

 忘れるということを前提に、この時期は毎日すべての科目を一通り回すことです。1日にやることが偏らないようにすることが大事で、知識を総ざらいするつもりで見直しましょう。

――試験当日に気を付けることは何でしょうか。

佐藤ママ:今回の共通テストは、特に英語の配点と構成が大きくかわるので要注意です。リスニングは、問題文を2回読んでくれる問題と、1回しか読まない問題がありますから気をつけてください。すべての問題を一回聞いて答えるようにしないと、2回と1回の切り替えは難しいですね。結構、集中力が必要となります。

 初めての共通テストで不安な気持ちがあるかもしれませんが、受験生全員が初見の問題ですから、条件はみな同じなのです。大事なのは時間の配分をどうするか。問題を解く前に、まず2分くらいですべてのページをめくって、最後まで問題に目を通してください。「ああ、こういう問題なんだな」とわかった方が精神的にラクになります。最後までどんな問題があるかわからず初めから順番に解いていると、ゴールが見えない霧の中を歩いているような気分になります。今回の共通テストは、どの科目も読ませる量が多いことが予想されますので、まず、ゴールの確認は大切です。

 はじめに、最後の問題までざっと目を通したら、そこから落ち着いて、1番から順番に解いていきます。解答方式がマークシートの場合は、解く順番を変えないこと。解答欄を間違えるというマークミスは命取りになります。どんなに試験慣れしていても、順番通りに解かないと間違える可能性があるのです。

 答えがわからなくても、問題文に印をつけ、あてずっぽうでいいので解答欄は塗りつぶしておくこと。これもマークミスを防ぐためです。そして、わからない問題があるのは当たり前だと思って、忘れて次へ次へと進んでいくことです。とにかく最後の問題までいきつくこと。最後の問題が簡単というのはよくあることなんです。それが途中でつまずいて、たどり着けなかったために点が取れる最後の問題を取りこぼすのはもったいないですよ。

――受験は甘くありませんね。こうしたテクニック以外に、準備しておくことは何でしょう。

佐藤ママ:意外だと思われるかもしれませんが、筆記用具も大事です。消しゴムが転がって机から落ちたらかなり焦ります。1個しか持っていないと、1分1秒を争う試験で、試験管に「落ちてしまいました。取ってください」と言っている時間はありません。最低3つくらい用意して持っていきましょう。新品の消しゴムは角がとがっていますが、これが消しにくい。あらかじめ、少しカッターナイフでまるくしておくのが肝心です。

 鉛筆も同様に多めに持っていきましょう。英語や地図がプリントされたトレーナーなども着ていかないように注意しましょう。会場で脱がされることもあるようです。コートを着て受験できたとしても、動揺してしまいます。

 当日は問題を解くことだけに集中できるように準備しておくことです。

――準備しても準備しても、不安になります。

佐藤ママ:試験の内容が準備万端で臨める受験生はほとんどいません。でも、自分がしっかり準備した部分は必ず点に結びつけてください。自分がこれは解けるという問題は絶対に落とさない。そういう問題が出題されて、きちんと自信を持って解答できると気持ちが落ち着いて前向きに他の問題にも取り組めます。その自信のある解答は、受験生にとって一筋の光となり「自分は合格できるかも」と思えるので、合格に対して欲が出てくるのです。受験のような緊張する時にはそのようなことは非常に大事な要素です。

 その手持ちの武器をより精度の高いものにするために、いまは、粘って質の高い勉強のやり方を心がけてください。参考書をパラパラと眺めるだけではダメです。試験に出るポイントはだいたい決まっているので、問題を一つずつ丁寧に、注釈も読み飛ばさず、しっかりやってください。そうすれば、本番で自信を持って解ける問題が増えることになりますから、合格がグッと近づいてきます。

 この時期、焦る気持ちはあるかと思いますが、でも、コロナ禍でも自分は感染せずに試験を受けられることはラッキーですよ。受験できることに感謝して、最後の最後まであきらめず、目の前のチャンスをつかみとってください。合格は自分の手で引き寄せるものですから、しっかり掴んだら決して離さないように頑張ることです。(まとめ/AERAdot.編集部 鎌田倫子)