2020年下半期(第164回)の芥川賞は、宇佐見りんの『推し、燃ゆ』、直木賞は西條奈加の『心淋し川』に決まった。



 宇佐見りんは1999年生まれ。現在は大学2年生である。大学名は公表していない。受賞後の会見で専攻、卒論についてこう触れている。

「国文学専攻なのですが、いろいろなことに興味があります。宗教学、日本の古典、語りについてなど、調べたいことがある。すごく好きな作家が中上健次。一番尊敬していて、卒論はまだ決まっていませんが、彼について調べて書いていきたいと思います」(朝日新聞デジタル 2021年1月20日)

 大学生が在学中に芥川賞を受賞したのは、一橋大法学部の石原慎太郎(1955年下半期)、早稲田大教育学部の綿矢りさ(2003年下半期)らがいる。なお、綿矢はいまでも芥川賞の最年少受賞者であり、宇佐見りんは史上3番目の若さとなる。

 芥川賞作家の学生生活はどのようなものだろうか。綿矢は次のように話す。

「在学中に芥川賞を受賞したので、『大学でよく声を掛けられたでしょう?』と聞かれるんですけど、全然そんなことありませんでした。むしろ学生さんたちは冷静で、特にいつもと変わらないような感じですかね。昼は授業を受けて、帰宅して夜になると小説を書くという毎日。生活のリズムを崩してつらい日々だったけど、早稲田はちょっと陰のある学生でも受け入れるような雰囲気があったので、自分が浮くような感覚はありませんでした」(毎日新聞 2019年9月18日)

 宇佐見と同じ大学に通う学生は、芥川賞作家は同級生ということを当然、知ることになる。在籍校を公表していない以上、まわりはあたたかく見守ってほしいものである。

 『大学ランキング』(朝日新聞出版)では、歴代の芥川賞、直木賞の受賞作家の出身大学ランキングを調査している(表参照 2019年下半期までを集計)。

 芥川賞は早稲田大がトップで、東京大と競り合っている。東京大出身には小島信夫、森敦、吉行淳之介、丸谷才一、大江健三郞、古井由吉、柴田翔、庄司薫、清岡卓行、松浦寿輝などがいる。その時代ごとに、人間の生きざまについて純文学のなかで解きほぐしてくれた。

 直木賞は早稲田大が2位以下を大きく引き離す。五木寛之、野坂昭如、生島治郎、青島幸男、深田祐介、連城三紀彦、高橋克彦、乃南アサ、重松清、角田光代、三浦しをん、朝井リョウなど。その時代の新しい文化の担い手となる役割を果たしたと言えるだろう。

 最近はどうだろうか。

 2017年以降、両賞受賞者の大学出身者は次のとおり(上、下は上半期、下半期、短大を除く)。

◆芥川賞
2017上 沼田真佑『影裏』=西南学院大
2017下 若竹千佐子『おらおらでひとりいぐも』=岩手大
2017下 石井遊佳『百年泥』=東京大
2018上 高橋弘希『送り火』=文教大
2018下 上田岳弘『ニムロッド』=早稲田大
2019下 古川真人『背高泡立草』=国学院大
2020上 高山羽根子『首里の馬』=多摩美術大
2020上 遠野遥『破局』=慶應義塾大

◆直木賞
2017上 佐藤正午『月の満ち欠け』=北海道大
2017下 門井慶喜『銀河鉄道の父』=同志社大
2018上 島本理生『ファーストラヴ』=立教大
2018下 真藤順丈『宝島』=文教大
2019下 川越宗一『熱源』=龍谷大
2020上 馳星周『少年と犬』=横浜市立大

 早稲田大の突出ぶりは見られない。大学進学率が5割を超えて10年以上経った。大学の数も750以上になったので、出身校の多様化が見られるのは自然な成り行きだろう。

 それを象徴するのが、芥川賞受賞の高山羽根子だ。彼女は出身校にまつわる話として、多摩美術大のウェブサイトで次のように語っている。

「いわゆる早稲田や慶應の文学部で創作文芸をやっていて、『すばる』や『新潮』の新人賞を獲る、というのとは違って、美大出身でスタートがSFだったりと土俵の外から来ているので、たぶん物珍しかったんだろうと思います(笑)。文体重視の世界とはまったく別のルートからやって来て、いきなり『これキレイじゃない?』って小説を出してきた、みたいな(笑)」(20年8月21日)

 多摩美術大は芥川賞受賞をたいへん喜んでいた。ウェブサイトでこう綴っている。

「3度目のノミネートでの受賞です。おめでとうございます!」(20年7月20日)
「小説『首里の馬』で第163回芥川龍之介賞を受賞した卒業生の高山羽根子さん(01年日本画卒)が、8月6日、八王子キャンパスを訪れ、建畠晢学長からお祝いの言葉と花束が贈られました。(略)芥川賞の受賞は本学初の快挙です」(20年8月6日)

 なるほど、芥川賞、直木賞は作家の出身校にとってもたいへんな名誉である。受賞者を輩出した大学はウェブサイトで喜びを表している(カッコはウェブサイトの掲載日)。

◆芥川賞 2010年上半期 赤染晶子=京都外国語大
「芥川賞に平成8年度本学ドイツ語学科卒業の赤染晶子(本名・瀬野晶子)さんの『乙女の密告』(新潮6月号)が選ばれました。芥川賞作家の誕生は本学初めてとなります。語学を専攻する学生にとっても大きな励みとなり、なによりも今回の卒業生の快挙は本学のたいへんな誇りであります」(10年7月16日)

◆芥川賞、2016年上半期 村田沙耶香=玉川大
「本学文学部芸術学科2002年卒業の村田沙耶香さんの『コンビニ人間』が、第155回芥川賞の受賞作に決定しました。(略)このたびの受賞、本当におめでとうございます。(略)玉川大学キャンパスでは、教育学術情報図書館内に、卒業生村田沙耶香さんのコーナーを設け、在学生たちに村田さんの作品を紹介しています」(16年7月29日)

 最後に2020年の主な文学賞受賞作家の出身大学を並べてみた。この中から,将来、芥川賞、直木賞の受賞者が出てくるかもしれない(すでに両賞の受賞者を含む)

江戸川乱歩賞 佐野広実『わたしが消える』=横浜国立大
柴田錬三郎賞 伊坂幸太郎『逆ソクラテス』=東北大
新潮新人賞 小池水音『わからないままで』=慶應義塾大
新潮新人賞 濱道拓『追いつかれた者たち』=明治大
太宰治賞 八木詠美『空芯手帳』=早稲田大
谷崎潤一郎賞 磯崎憲一郎『日本蒙昧前史』=早稲田大
新田次郎文学賞 河崎秋子『土に贖う』=北海学園大
野間文芸賞 小川洋子『小箱』=早稲田大
野間文芸新人賞 李龍徳『あなたが私を竹槍で突き殺す前に』=早稲田大
松本清張賞 千葉ともこ『震雷(しんらい)の人』=筑波大   
紫式部文学賞 中島京子『夢見る帝国図書館』=東京女子大
山本周五郎賞 早見和真『ザ・ロイヤルファミリー』=国学院大
織田作之助賞 温又柔『魯肉飯のさえずり』=法政大

 2020年下半期の芥川賞、直木賞の候補者もチェックしておこう(公表されているデータから)。

◆芥川賞
砂川文次=神奈川大
乗代雄介=法政大

◆直木賞
芦沢央=千葉大
伊与原新=神戸大
坂上泉=東京大
長浦京=法政大

 作家と出身校に因果関係を求めるのはむずかしい。ただ、作品に描かれたキャンパスが作家の出身大学による経験に基づいたものであれば、少しは関係性を見出せる。

 三田誠広の芥川賞受賞作『僕って何』(1977年上半期)では学生運動と恋愛を描いている。朝井リョウの直木賞受賞作『何者』(2012年下半期)は就職活動で悪戦苦闘する学生たちが主役だ。三田、朝井いずれも早稲田大出身であり、在学中、身の回りに起こったことが参考になっていると言える。

 宇佐見りんには、ぜひ、学生群像を描いてほしい。在籍校を公にしていないゆえ、どの大学がモデルとなっているのかを想像することも、小説の楽しみの方の一つとなろう。

<文中敬称略、出身大学は中退も含む>

(文/教育ジャーナリスト・小林哲夫)