YouTubeの画面をクリックするだけで、誰もが京都大学の特別講義を視聴できる、昨年話題になったシリーズの 第2弾が2月7日から始まる。刻一刻と変化する現実を、哲学、倫理学、社会学などの人文科学で読み解く試みだ。 シーズン1で講義する出口康夫教授。チャットではコメントや質問が続々と寄せられ、映り込んでいる背景について聞く人もいた

*  *  *
 人気芸能人が登場するわけでもゲーム実況でもない、地味な大学の講義が、YouTubeライブで配信され、ここまで話題になると誰が予想しただろう。

「京都大学オンライン公開講義“立ち止まって、考える”」の第1弾が行われたのは、昨年7月から8月。コロナパンデミックを題材に、人文・社会科学分野の教授陣10人が毎週末、1時間程度の授業を配信した。無料で、事前申し込みも不要。誰もがクリック一つで京大の授業に参加できるとあって、初回はのべ1万5600人がリアルタイムで視聴した。

 アーカイブされた動画を好きな時間に見ることもでき、シリーズの累計再生回数は32万回を超える。視聴者は男女半々で44歳以下が66%を占め、講義期間中は3万近いツイートが飛び交った。子育て中と思われる女性からはこんなつぶやきもあった。

「主婦が在宅仕事しながら洗濯機回しながらしまじろうが流れるTVの横で京大の講義が聞ける世の中。すごいなあ。20年前の自分に伝えたいよ」

 スタートアップのPR支援などを行う「みずたまラボラトリー」の代表取締役で、2019年から米国ポートランドに家族で移住した松原佳代さんも、哲学や文化心理学などを視聴した。講義が始まるのは現地時間の夜9時。2人の子どもの寝かしつけを夫に頼み、パソコンに向かった。

「コロナ禍で、SNSやニュースで目にする一過性の情報に振り回されるのはとても危険だと感じていました。データ開示が早かったアメリカに比べ日本の状況が掴みづらく、不安が募っていたタイミングでもあったので、講義で冷静な視点を得ることで心を落ち着けたかったんです」(松原さん)


 オンライン無料講義シリーズの企画・運営を担うのは同大学の「人社未来形発信ユニット」。人文・社会科学分野で蓄積された知を、社会に向かって開き、課題解決へのビジョンを提示する目的で18年に設立された。ユニット長を務める出口康夫・文学研究科教授は、シーズン1の反響に、人文・社会科学に対する期待の大きさを感じたと話す。

「コロナ禍で多くの人がストレスを感じ、これまでの自分の生き方や社会のあり方が正しかったのか自問自答しています。問い自体があまりにも大きいために、深く考えるためには社会で共有できる言葉や座標軸が必要です。人文科学は、長い時間をかけて蓄積してきた人類の知恵ですが、目の前の現実とリアルタイムで結びついてこそ真価を発揮するもの。であれば我々は事態が落ち着いた後で、安全地帯から物を言うのではなく、刻一刻と事態が動く中で、人文知の考え方を現実にぶつけながら、座標軸を提供していくべき。それが我々の使命だと考えました」

 内容を少し具体的に振り返ってみよう。例えば児玉聡・文学研究科准教授による「倫理学」。取り上げられたのは、「ダイヤモンド・プリンセス号と隔離の問題」「人工呼吸器を誰に配分するか」「自粛か強制か」などまさにこの1年で私たちが直面してきた課題だ。公衆衛生を守るために、どこまで個人の自由の制限が許されるのか。制限してよい場合、その根拠や条件とは何か──。それらを考えるために「毎年餅を喉につまらせて亡くなる人がいるのに、餅を禁止しなくてよいのか」といった問いが投げかけられ、参加者はチャット画面で自分の考えを書き込んでいく。児玉准教授は、講義の中でアプリを使ったアンケートも実施。瞬時に500人近い受講生が回答した。

「受講者の中には、アンケートに回答するだけでなく、その選択肢を選んだ理由をチャットに書き込んでくださる方もいて、相当深く考えているなと。これぞ集合知だと感じました」(児玉准教授)  対面の教室では、受講者同士の「私語」は授業の邪魔でしかない。だが、オンラインのチャットでは、受講者同士が互いのコメント内容を補い合ったり、コメントから新たな議論が始まるなど、「私語」が議論を活性化させる場面も多々見られた。

 前出の松原さんが「腑に落ちた」と感じたのは、内田由紀子・こころの未来研究センター教授の「文化心理学」の講義だ。コロナに対する日米の政策や人々の行動の違いが、「幸福観」の文化差という視点から分析された。

「コロナは台風などの自然災害と違い、コミュニティー内での感染がリスク。だからこそコミュニティーの文化やそこで生きる人々の心理から考えるアプローチに納得感がありました。普段は主観的に見ている現実を、客観的に捉え直すための新たな視点を得られました」(松原さん)  出口教授は「自己とは何か」という哲学の講義で「われわれとしての自己」という新しい概念を提示した。

「コロナ禍では一人一人がマスクをするか、行動変容するかというミクロの行動が、マクロの感染状況に直結する。『私』と『われわれ』はダイレクトに繋がっていて、『私』について考えることは『われわれ』について考えることでもある。両者を切り離して考えることはもはやできなくなっている」(出口教授)

 話し出すと止まらないという同教授は予定の5回で終わらず「補講」まで開いた。

「『人生で初めて補講があると聞いて嬉しかった』なんて言ってくれる人もいました(笑)。ネットにあるような3分で読める安くて早いカップラーメン的な情報に対して、こちらは1時間×5、6回のガチの講義です。でもそこに潜在的なニーズがあることを確信しました」(同)

 前回、教授陣が一様に驚いたのは、質問の多さだった。公開の場で質問を躊躇する傾向が強いと言われる日本人。しかし、チャットというツールがあれば話は別で、しかも質問の質が高いことがわかったという。倫理学の授業では、千本ノックさながらの驚異的なスピードと丁寧さで答えていく児玉准教授の姿も圧巻だと話題になった。 

 一方的に教授の話を受講生が聞くのではなく、チャットを通じた双方向のコミュニケーションの中から新たな知が立ち上がっていく──。昨年の取り組みから感じ取った「21世紀型の新しい教養」の可能性を、2月7日から3月21日までのシーズン2ではさらに追求したいと出口教授らは意気込む。

 応用哲学や倫理学に加え、前回シーズンにはなかった社会学や文化遺産学、美術史や美学にまで分野の幅を広げたという。もちろん、それぞれの分野に、現在進行形のコロナパンデミックを掛け合わせて、思考を深めていく手法は変わらない。

「立ち止まって、考える」の授業の一部は今年の8、9月頃に書籍化を予定。YouTubeライブの映像に英語字幕をつける作業も進められている。
(編集部 石臥薫子)

「立ち止まって、考える」第2弾
講義期間:2月7日(日)〜3月21日(日)毎週土・日曜に開講
講義時間:各日2回、各1時間(11:00〜12:00, 14:00〜15:00)