夫婦で話し合いをせず、一方的に子どもを連れて家を出てしまう親は少なからずいる。DVなど深刻な事態から避難する場合だけでなく、別居して一定期間子どもと暮らすことで離婚時の親権獲得を有利にしようと、子どもを「連れ去る」ケースもある。連れ去られた側は、いきなり子どもと引き離され、その後もなかなか子どもに会わせてもらえないなど苦しむことも多い。



 一方、連れ去った側はどうか。DVやモラハラがないとすれば、片方の親と子どもを引き離してまで、家から逃れたい事情とは何なのか。「連れ去り」をめぐる背景には、どんな夫婦のすれ違いがあるのだろうか。両者の言い分を聞いてみた。

*  *  *
 今回取材に応じてくれたのは、深澤さん夫婦。会社員の尚之さん(仮名、34歳)と、その妻で専業主婦のたまきさん(仮名、38歳)の間には、4歳の男の子がいる。いまは尚之さんが子どもと一緒に暮らし、たまきさんが別居している。

 こう書くと、尚之さんが連れ去った側のようだが、そうではない。たまきさんが計画した「連れ去り」を尚之さんが阻止し、子の監護権を得て別居しているという、少々複雑な事情がある。

 これまでの経緯を時系列で整理してみる。

2015年 結婚
2016年 長男誕生
2019年4月 転勤で、家族で関西地方に転居
2019年8月 妻が「連れ去り」を計画、実行するが途中で断念
2019年10月 妻が2度目の「連れ去り」をしようとするも、事前に夫が保育園、警察と児童相談所に相談していたために阻止。子どもは児童養護施設で一時保護された。妻と夫は別居。調停の結果、夫が監護権者として指定される
2019年3月 子どもが児童養護施設から家庭復帰。監護権者である夫が引き取る
2019年4月 転勤で、父子で東京に転居。同時に妻も東京に転居。父子と妻は別居。妻は子どもと週3回ほど面会交流

 まずは、尚之さんの話から聞こう。

「妻と知り合ったのは、いわゆる合コンです。容姿は華やかだし、会話もウイットに富んでいて知的。とてもすてきな女性でした」

 意気投合し、交際開始。すぐに同居を始め、子どもができたタイミングで籍を入れた。妻は当時、司会業をしていたが、出産を機に辞め、専業主婦になった。

「妻は結婚前からうつ病を患っており、薬を服用していましたが、それで症状は抑えられていたようでした。ところが妊娠、出産を経て、ホルモンバランスが崩れたためか、精神的に不安定な様子がみられるようになりました」

 それで妻は、頻繁に実家に帰ったり、両親に手伝いに来てもらったりしながら子育てをしていた。出張や残業が多く、子育てにかかわりたくてもなかなか時間がとれない尚之さんは、妻を手助けしてくれる義両親に素直に感謝していた。このころ家庭はおおむね平和だった。

 子どもが3歳になり、関西支社に転勤命令が出た。妻ははじめ「身内も友だちもいない土地での子育てする自信がない」と言い、帯同に難色を示した。が、尚之さんが「関西のほうが東京にいるより出張や残業は少なくなるはず、関西にあるホルモン治療の名医がいる大きな病院のそばに住もう」と説得し、妻は従った。

 しかし、家族3人で関西に転居してから、妻の精神状態はますます悪くなっていった。子育てが辛くてたまらないようだった。

「育児って、きれごとではすまない世界じゃないですか。見た目を気にする妻にとって、雑誌などを読んで想像していた華やかなママライフとは違う地味な現実が耐えられなかったのかもしれません。妻は私に隠れてリボ払いをするようになりました。気付かなかった私もばかなのですが、気付いたころには多額の残債を抱えていました。当時を思い出すと、今でも肝が冷えます」

 転勤後は時間に余裕ができ、子育てが手伝えると尚之さんはふんでいたが、実際はそうもいかなかった。

「やはり平日は難しかったですね。でも週末には子どもを公園に連れて行き、妻が一人でホッとできる時間をつくるなど努力はしていたつもりです」

 平日はほぼワンオペに近い日常に、妻の不満は募った。夫婦の言い合いが増え、家庭内の空気は悪くなっていった。次第に、妻は子どもの前でも、尚之さんに暴力をふるうようになった。たまらず、尚之さんは警察署に被害届を提出した。

「結局、地方裁判所から妻に『DV保護命令』が下りました。しかし、実の妻にここまでしていいものかと、何とも言えない複雑な気持ちになったのを今でも覚えています」

 この時期と前後して、うつ病も相まって妻のストレスはオーバーフローしていく。義理の両親がサポートに来てくれたが、余計に家族は分裂へと向かっていった。

「ある時妻が『子どもを連れて実家でしばらく過ごしたい』と言ってきたんです。2週間くらいならと思いましたが、妻は『そんな短期間では意味がない』と言う。では、子どもは置いて、しばらく実家で静養すればと提案したら、『それは嫌だ』と。もめた末、結局、妻は実家に帰るのをやめました」

 実はこのころから尚之さんは、何かと実家に頼りたがる妻に不信感を抱いていた。知人の弁護士に家庭の状況を相談すると、弁護士は「奥さんに子どもを連れて出られたら終わりだよ、一生子どもに会えないよ」と忠告。「連れ去り」に注意するように言われたという。

「そのとき初めて『連れ去り』という言葉を知りました。妻を観察していると、確かに連れ去ろうとしている気配がある。実はラインも盗み見たのですが、実家の協力のもと、連れ去りを計画していました。『夫には一生子どもを会わせない!』などという言葉もありました」

 驚いた尚之さんは、別の弁護士のサポートを受けて、連れ去りが起きる前に家庭裁判所に監護者指定調停と審判前保全処分を申し立てた。

 そして、まさに連れ去りが決行されようとしたその日。義理の両親が妻の指示でわざわざ保育園に長男を迎えに行く計画が立てられていた。しかし、妻のラインなどから事前に情報をキャッチしていた尚之さんは、事前に保育園、警察と児童相談所に相談。直前で連れ去りを阻止した。結局、警察と児童相談所の判断で、監護者が決まるまでの間、子どもは児童養護施設に入所することになった。

 長男が児童養護施設に入所し、どちらの親元にもいないことが「子の福祉」に反すると判断した裁判所は、尚之さんが申し立てた監護者指定調停を受領。結果、尚之さんが長男の監護者として指定されたことで、現在に至っている。

「離婚はしていません。息子には母親が必要だと思うから、週に3回は子どもが母親との時間を持てるように工夫しています。妻は同居を望んでいますが、子どもを連れ去ろうとした妻をどうしても信用できません。それに信頼していた義理の両親や兄弟が私と子どもとの関係を断絶しようとしていたことが今でもショックで、義理の両親とよりを戻すことについても、前向きな気持ちにはなれないんです」

 妻への愛情がゼロになったかと言われれば、そうではない。子どもの母親として、妻を尊重する気持ちは残っている。子どもは、家族3人で暮らすことを喜ぶだろう。でも……。尚之さんの自問自答は続いている。

 次回は妻・たまきさんの視点から、長男を「連れ去って」でも家を出たかった気持ちを探る。(取材・文=上條まゆみ)

※「【実録】「子の連れ去り」をめぐる夫婦それぞれの言い分 <妻編>」に続く