2月23日、61歳の誕生日を迎えた天皇陛下。コロナ禍で直接国民と触れ合う機会が持てない。 そんな危機に直面している皇室は、どうあるべきなのだろうか。お言葉から考えた。 AERA 2021年3月8日号から。



*  *  *
 天皇陛下が61歳になった2月23日、宮内庁は陛下の近影を発表した。ビデオと写真、どちらも皇后雅子さまとお二人バージョンがある。陛下のセーターと雅子さまのジャケットは、どちらも濃淡違いのブルー系。インナーは同じく白で、今どきに言うなら、リンクコーデだ。

 そんなお二人の眺めるパンフレットに注目したのが、テレビ東京のニュースサイト「テレ東NEWS」。「地球環境行動会議」のものだとし、こう説明した。

「新型コロナの影響でこの1年間、皇居の他に両陛下が実際に訪れられたのは、明治神宮と戦没者記念式典を除けば、この国際会議くらいだったんです」

 確かに昨年の2月23日以後、陛下が皇居の外に出たのはこの3カ所と国会議事堂のみだ。だから誕生日に先立って開かれた記者会見で、宮内記者会が最初に聞いたのが「新型コロナウイルスの影響で国民との交流が減ったことをどう考えるか」だったのは、当然のことだろう。

 国民と直接触れ合う。それは上皇陛下と美智子さまが、平成という時代に徹底したことだ。2016年、生前退位を強くにじませたビデオメッセージの中で、上皇さまはこう述べた。

「日本の各地、とりわけ遠隔の地や島々への旅も、私は天皇の象徴的行為として、大切なものと感じて来ました」

■オンラインでの交流

 平成から令和になった2年目、世界をコロナ禍が覆った。「象徴的行為」ができなくなり、陛下は何を思うのか。それを考える前に、一つだけ別の話を。

 今回の会見で、陛下は秋篠宮ご夫妻の長女眞子さまの結婚について初めて語った。「多くの人が納得し喜んでくれる状況になることを願っております」との言葉から、眞子さまの結婚は遠ざかったという報道もあった。

 秋篠宮さまは昨年11月、55歳の誕生日にあたっての会見で「結婚を認める」として、「憲法にも結婚は両性の合意のみに基づいてというのがあります。本人たちが本当にそういう気持ちであれば、親としてはそれを尊重するべきものだというふうに考えています」と述べた。

 だからと言ってすんなり進むわけにはいかないことは眞子さまも十分承知のはずで、決めるのは眞子さま。そう思うので陛下の会見に戻る。

「コロナ禍の天皇や皇室の在り方、今後のご活動の方針について、どのようにお考えでしょうか」という問いへの答えを、簡単にまとめるとこうなる。

 まず述べたのが、日本の歴史。聖武天皇ほか歴代天皇の厄災への対応を語り、そこから国民に寄り添うということを今日的に定義し直した。コロナ禍に話を進め、犠牲者を悼み、医療関係者らをねぎらった。その上で、将来への希望を語り、国民を励まし、最後は昨年11月から本格化させた「オンラインでの国民との交流」の話。その利点をあげ、今後も引き続き活用したい旨を述べ、終える。過不足ない、実に真面目な回答だった。

■「皇后」ではなく「雅子」

 今年元日、陛下は新年一般参賀に代えて、国民へのビデオメッセージを公表した。雅子さまとお二人で並び、主にコロナ禍についての思いを述べた。そのときの内容と、今回の内容。大きく変わってはいない。今回は前回には触れなかった自殺者の増加についての心配を語り、ワクチン接種が始まったという最新ニュースも加えた。

 そのことで、「今しばらく、国民の皆さんが痛みを分かち合い、協力し合いながら、コロナ禍を忍耐強く乗り越える先に、明るい将来が開けることを心待ちにしております」という言葉に説得力が増した。そして「現地で多くの方々と同じ体験を共有し、その土地、その土地の雰囲気を肌で感じるなど、実際の訪問でなければ成し得ない部分はあるものの、感染が収束しない現状では、オンラインは有効な手段と考えられます」という言葉は、現状にあって偽らざる心境に違いないとも思う。

 そうではあるが、同時に、もう少し、陛下ならではの言葉があれば、と思ったのも事実だ。なかったわけではない。例えばいかにも陛下らしいと思ったのが、国民を思い、寄り添い、ねぎらい、励ますことの大切さに触れた場面。陛下はこう言った。

「それは、私と雅子二人の自然な気持ちであるとともに、皇室としての大事な務めであるとも思います」

 陛下は会見の場でも、雅子さまのことを「雅子」と表現する。上皇さまは美智子さまを「皇后」と表現していたから、大きな変化だ。そして今回、最初の「雅子」がここだった。国民に寄り添うのは、「私と雅子二人の自然な気持ち」だと最初に述べ、それから「皇室としての大事な務めである」としたのだ。

■頼もしくなったと笑顔

 ああ陛下は、一人の人間であることを大切にしているのだ。そう感じた。背景にあるのは、皇太子妃時代、その立場ゆえに適応障害という病を得た雅子さまを思う心だろう。その後に現れた陛下のふいの笑顔を見て、その感覚は一層強くなった。

 会見で陛下は、ずっと緊張した様子だった。黒い書類入れの中から取り出した紙に時折目をやりながら語った。時折しか見ないということは、逆に言えば、ほとんど覚えているということで、そんな真面目な陛下が笑ったのは、二つ目の質問「ご家族について」のときだった。

 陛下は、雅子さまのことより少し長く、今年12月に成人を迎える愛子さまについて語った。昨年10月、愛子さまは学習院大学に入学して初めて登校、「新しい知識を得たときに感じられる喜びを大切にしながら、様々なことに取り組んでいければと思っています」と記者に語った。その言葉を引用し、「大学での勉強に意欲的に取り組んでいることを私と雅子もうれしく思い、また、少し頼もしくなったように感じております」と述べ、頬を緩めた。テレビカメラが映した唯一の笑顔だった。

 さて宮内記者会は4番目の質問として、皇位継承について聞いた。ヨーロッパ王室で広がる「性別によらない長子優先の継承」に触れ、「皇室の歴史や伝統と、世界的に進むジェンダー平等や女性の活躍推進の動きについて、陛下はどのようにお考えでしょうか」と。

 陛下は王室の状況は承知しているが、「制度に関わる事項について、私から言及することは控えたいと思います」と述べた。憲法に「国政に関する権能を有しない」と定められている立場からは当然の回答だろう。

■「愛子天皇」なら変わる

 ここで突然、森喜朗さんの話に論を移す。「女性がいる理事会の会議は時間がかかる」という発言から始まった東京五輪・パラリンピック大会組織委員会会長交代劇が見せてくれたのは、森さんだけが森さんでないという事実だと思う。日本のジェンダーギャップ指数が世界121位なのはそのためで、変えるにはクオータ制導入しかないと個人的に結論した。強制的に女性を増やさないと、森さん的なものはなくならない。

 そしてもう一つ、個人的に思っているのが、日本を劇的に変えるのは「愛子天皇」ではないか、ということだ。実現すれば、とてつもないカルチャーショックとなる。何より女性たち、そして未来を生きる若い人たちは励まされ、自信を持つに違いない。

 勝手な思いでしかない。が、陛下だからこその期待だ。陛下は今回の会見で、雅子さまのことを「私の日々の活動を支えてくれる大切な存在であるとともに、公私にわたり良き相談相手となってくれております」と述べた。お二人の対等な関係は、令和の定番。その先に「ジェンダー平等」があるのでは、と夢想する。

 ただし、以上はすべて、愛子さまのお気持ちは外して考えたことだ。世論の大多数が「女性、女系天皇」を容認していても、それをご本人とご両親が容認しているのかはわからない。皇位継承を考える上で、国民としてぜひ知りたい。だが、憲法がそれを許さないことも承知している。令和の皇室を思うとき、堂々巡りがつらい。(コラムニスト・矢部万紀子)

※AERA 2021年3月8日号