アイドルグループ「AKB48 Team8」の元メンバー・舞木(もうぎ)香純さん(23)は、中学時代に地元福島で東日本大震災を経験した。AKBに入るきっかけになったのは、そのとき被災地支援で訪れた先輩達の活動だった。その後は自身も支援で地元に入り、元気づけてきた。あの日から10年。地元への思いなどを語った。

 10年前の3月11日、福島県沿岸部の町に住んでいた舞木さんは中学2年で、バレーボール部の活動で体育館にいた。

「突然、ゴーっという大きな地鳴りがして突然、下からドスンと突き上げられるような、生まれて初めて経験する大きな揺れでした。怖くて怖くて立っていられず、揺れが収まってから先生の指示で、学校裏手の高台に避難しました。町に津波が押し寄せたのは、その直後でした」

 幸い、中学も自宅も高台にあり、津波からは逃れたが、見慣れた町が目の前でのみ込まれていった。

「怖くて見ることができませんでした」

 翌12日には福島第一原発1号機が爆発し、13日に避難指示が出ると、家族で隣市の親戚宅へ身を寄せた。

「その後、自宅には帰れそうもなかったので、中学は転校し、マンションを借りて住民票も移すことにしました」

 震災から2年後の13年3月11日。AKBのメンバーが、震災直後に立ち上げたチャリティ活動「誰かのために」プロジェクトの一環で、福島県内の被災地を訪れていた。

 このとき、舞木さんは高校1年。AKBに特に興味はなかったが、たまたま友達に誘われ、イベント会場に足を運んだ。

「私も歌やダンスが大好きで芸能界へのあこがれもあったのですが、その頃興味を持っていたのはK−POPで、AKBはあまり知らなかったんです。“テレビに出てる有名人”。そんな感じでしたね。行くのが遅くて、後ろの方から見ていたくらいでした」

 何げない気持ちでイベントを眺めていたが、ライブが始まると、ひきつけられた。歌っているのはたった6人。それも後方から見ていただけだったが、「とてもかっこ良く、キラキラ輝いて見えました。アイドルって、みんなに元気をくれるし、すごい存在だなって感じたんです」。

 これがきっかけとなり、翌14年1月、募集があったTeam8のオーディションを受け、見事合格した。

「人生って不思議なものです」

 舞木さんが所属した「Team8」は、全国の都道府県から1人ずつ代表が選ばれた。14年4月から活動をスタートさせ、第1期・福島県代表である舞木さんは、週末の劇場公演に合わせて自宅と東京を往復するようになった。

「公演や握手会とともに、大切にしていたのは『誰かのために』の活動です。私がAKBを目指すきっかけになった被災地訪問を、今度は私がする立場になったのです」

 その年の9月の福島県いわき市を手始めに、卒業するまでに訪問したのは全部で5回。その中には、地元もあった。

「仲のいい友だちや知人も見にきてくれて、恥ずかしさもあったけど、本当にうれしかったです。ファンの方だけではなく、小さな子どもたちやお年寄りからも『来てくれてありがとう』『一緒に頑張ろうね』『応援してるよ』と声をかけていただき、私が元気をいっぱいもらってたような気がします。今でも被災地訪問のことはよく覚えていて、新鮮な感じです。アイドルになれて良かったと思いました」

 AKB48には復興応援ソングが二つある。11年にリリースされた「風は吹いている」と、13年に無料配信開始の「掌(てのひら)が語ること」だ。舞木さんは、「風は吹いている」が特に好きだと言う。

「両方ともメッセージ性の強い曲なんですが、『風は』は最初のメロディーから重みがあってジーンとくる始まりなんですよ。詞も絶望からの再起、明日に向かってがんばろう、という内容です。Team8にいたころは、レッスンも含めると数え切れないほど歌って踊りましたから、今も体に染みついています」

 東京暮らしが長くなり、卒業後の19年11月にTeam8の仲間だった谷川聖さんとファッションブランド『Emma(エマ)』を立ち上げたため、福島に帰ることはめっきり少なくなった。

 それでも、と舞木さんは力を込める。

「離れていても福島に寄り添う気持ちは変わりません。被災地は福島だけじゃないので、デパートやショッピングモールで東北の物産展をやっていたら何か買うことにしています。銀座とかのアンテナショップへ行くこともあります」

 ほんの少しで、わずかなことかもしれない。しかし継続することが大切だと思っている。(高鍬真之)

※週刊朝日オンライン限定記事

●プロフィル
もうぎ・かすみ 1997年4月28日生まれ、福島県出身。モデル、タレント、実業家。AKB卒業後の2019年、Team8の仲間でもあり親友の谷川聖さんとファッションブランド「Emma」(エマ)を立ち上げた。 SNSはインスタグラム