当時5歳だった碇翔士郎ちゃんを餓死させた事件で、母親の碇利恵容疑者(39)とそのママ友の赤堀恵美子容疑者(48)が保護責任者遺棄致死容疑で逮捕された。事件の背景には「マインドコントロール」があったとみられており、赤堀容疑者は無関係のママ友の一人を暴力団関係者に顔が利く「ボス」に仕立て上げ、恐怖を植え付けるなどして碇容疑者を支配したという。こうした身近に潜む“モンスター”から身を守るにはどうしたらいいのか。AERA 2021年3月22日号で、過去の類似事件や危険人物の特徴を取り上げた。

※【4人の看護師が夫を殺害…福岡5歳児餓死事件と「手法が近い」過去の事件とは】より続く



*  *  *
 背後の暴力団や闇の組織の存在をにおわせ、弱みを見せるとグイグイ付け込んでくる。このパターンは北九州監禁殺人事件や尼崎連続変死事件にも共通する。

■笑顔で近付き情報得る

 起訴された事件だけで7人の死亡(6人殺害、1人傷害致死)が確認されている北九州監禁殺人事件は、松永死刑囚が虐待と拷問で支配した家族同士を殺し合わせ、死体の処理もさせたという犯罪史上でも稀な凶悪事件だ。

 尼崎連続変死事件は、主犯格の角田美代子元被告(12年12月、起訴勾留されていた兵庫県警本部の留置場で自殺、享年64)が25年以上にわたり、血縁関係のない男女を多数集めて疑似家族のように共同生活させていた。彼らの実家に狙いをつけ、些細な弱みを見つけて乗り込んでは暴力や脅しで財産を奪ったり、親族同士で争うように仕向けて家族崩壊に追い込んだりして、養子縁組制度を悪用して次々に家族を乗っ取った。

 この2大凶悪事件の主犯に共通するのは、笑顔で近づいて仲良くなり、情報を搾り取ったタイミングを見計らって豹変したとみられる点だ。

「松永も角田も暴力団の影をちらつかせながら、恐怖で人間を操ることにたけていました。相手がグループになった場合は社会と隔離させ、グループ内でターゲットを1人決めて徹底的に追い込んで弱らせた。あと、子供を人質に取っておくと、離れて住む親も支配の構造から抜け出せないことを熟知していました」(同様の事件を扱う著書があり、松永太死刑囚との対話も重ねてきたノンフィクションライターの小野一光さん)

 松永死刑囚は類いまれな「聞き上手」だったという。娘とともに監禁された父親は、ニコニコと相槌を打つ松永死刑囚に過去のヤンチャ話を話すうちに、かつて横領めいたことを起こした経験を吐露してしまい、その件について認める文書を書かされた。一連の事件に深く関与した内妻の家族を呼び寄せる際には、娘が既に人を殺しているということを強調し、同居する全員が共犯関係であることを強く意識させたという。

■はっきり拒絶がカギに

 著名人が霊能者などに傾倒して問題になるケースも多い。平成の大横綱、貴乃花が不調に陥った98年、突然兄の若乃花を「花田勝氏」と呼んで拒絶するようになり、懇意にしていた整体師から洗脳されているという疑惑がワイドショーを賑わした。

 マインドコントロールとは異なるが、かつて霊感商法などが社会問題化した世界基督教統一神霊協会(現世界平和統一家庭連合)を巡っては、1992年に新体操の元五輪選手だった山崎浩子さんやトップアイドルだった元歌手の桜田淳子さんが合同結婚式に参加して話題になった。入信したタレントの飯星景子さんを、父親で作家の飯干晃一さんが「娘を取り戻す」と宣言して脱会させた経緯はワイドショーで連日報じられた。

 また、教祖の麻原彰晃こと松本智津夫元死刑囚(18年死刑執行)に率いられたオウム真理教は信者や敵対する弁護士一家の殺害、95年の地下鉄サリン事件へと凶暴性を極限まで高めて瓦解した。

 最下部のリストは、マインドコントロールを仕掛けてくる危険人物の特徴をまとめたものだ。もし彼らから標的に定められたら、どう身を守ればよいのか。小野さんは言う。

「彼らに共通しているのは、被害者としての資質を選別してリスク回避をすることです。強く抵抗したり、第三者に相談に駆け込みそうだと見定めたりしたらそれ以上深追いしない。実際に弁護士に相談しようとした動きを察知した途端、標的から外した例がある。最初から高い山には登ろうとしないのです」

 大事なのははっきりと拒絶の意思を伝えること。捜査機関の影がちらつけば、彼らは自ら去っていく。(編集部・大平誠)

<あなたの友人は大丈夫? マインドコントロールを仕掛ける危険人物の特徴>

(1)笑顔で接近、親切な聞き上手
一見面倒見がよく魅力的。親身になって相談に乗ってくれることが多い

(2) 脅しの材料を聞き出し豹変
つい家族の秘密や知られたくない過去を打ち明けてしまったら、その後の態度に注意を

(3) 他者と隔絶させ孤立狙う
第三者に相談させないよう周囲との関係を断たせる。「○○さんとは話すな」は危険なサイン

(4) 架空の黒幕をチラつかせる
「暴力団と関係がある大物」などとの親密な関係を誇示するのが常套手段

(5)共犯関係を作り上げる
悪事に引き込み、「やってしまった」と罪悪感を持たせることで逃げられなくする

※AERA 2021年3月22日号より抜粋