完全犯罪が崩れたきっかけは「砂」と「検索履歴」だった。

 和歌山県白浜町で2017年7月、水難事故を装い妻、志帆さん(当時28)を殺害したとして殺人罪に問われた野田孝史被告(32)=大阪市=の裁判員裁判で和歌山地裁は23日、懲役19年(求刑懲役20年)の判決を言い渡した。

 和歌山地裁はこう断罪した。

「他殺と合理的に考えられる。殺人事件」

「被告人以外に犯行が行えるものはいなかった、被告人が犯人である」

 野田被告は「僕は志帆ちゃんを殺していません」と一貫して無罪を訴え、事故死か体調不良で溺水死したと訴えた。

 一方、検察側は溺水死は殺人であると主張した。

「志帆さんの胃の中に大量の砂が入っていた。病気や事故では胃の中に砂が入ることはない」

「志帆さんには身体を押さえつけられた傷が残っていた」

 お互いの主張が真っ向からぶつかった法廷になった。

 野田被告が逮捕されたのは、事件から半年以上も経過した2018年4月。

 裁判で野田被告は被告人質問ですらも、ずっと黙秘を通し、検察側と徹底的に争った。現場の海水浴場で、犯行の目撃者はおらず、決定的な証拠はなかったのだ。

 野田被告の「怪しい行動」はあったものの、自供も得られていないことから。野田被告側は「疑わしきは罰せず、被告人の利益に」との戦略だった。

 それをまず、突き崩したのは検察が主張した「砂」だった。志帆さんの救命や解剖にあたった医師が重要証言をしたのだ。

「胃にチューブを通して吸引した時に、2、3秒間、砂が流れた」

「7月19日のカルテにも、砂水のようなものが〈体内に)とどまっていると記載」

「少なくとも、36・5gの砂が志帆さんの胃の中にはあった」

 そして溺水死で胃の中に相当量の砂が入る状況になるのは、浅瀬で意識がある人の顔面が海底近くで一定時間、押さえつけられる場合であると断定した。

 しかし、解剖後、砂が廃棄されていたために野田被告側は「砂と見間違えた可能性がある」

「砂が志帆さんの胃の中にあったとしても、体調不良などで不慮の事故」と反論していた。

 だが、判決では「医師の証言は合理的で信用できる」と判断を示した。

  また、検察は野田被告が志帆さん殺害の犯人であるという動機についても細かく立証した。

 野田被告は、2017年1月ころから、不倫相手のSさんと交際。検察は野田被告のスマートフォンの検索履歴を解析して以下のようなものがあったと法廷で説明した。

 同年1月3日「シュノーケリング死亡事故」「シュノーケリングの女性死亡」1月4日「白浜 死亡事故」「事故死 保険金」「死亡事故保険金 海」「死亡事故保険金 溺死」「溺死の従業員死亡は他殺」、1月5日「水難事故」、1月7日「殺人 海水浴 溺れさす」「完全犯罪 海水浴」
などと検索していた。

 そして、犯行前日には「溺死にみせかける」「完全犯罪ってできるんですか」「保険金が支払われない!?」などの検索を繰り返していた。

「半年前から事件前日まで検索した内容と、見事に合致する犯行」

 検察側はこう訴えた。また、野田被告と不倫交際中のSさんは事件当時、妊娠。犯行の2日前には、2人で結婚指輪まで見に行っていた。

 一方、同年7月はじめに不倫が志帆さんに発覚した野田被告。志帆さんやその両親に謝罪していたと法廷で志帆さんの父親は証言した。

「7月21日にSさんが中絶手術をするというので、証明書を出すようにと求め、野田被告は約束しました」

 そして野田被告は志帆さんが死亡時に総額4200万円が受けとれる複数の保険を契約。中には、志帆さんのクレジットカードで保険料を支払っているものもあった。野田被告の銀行口座には事件当時、3万円ほどしか預金がなかったという。

 法廷で志帆さんの両親はこう野田被告の行動を批判した。

「志帆の遺品を返すようにと求めました。海外旅行で買ったブランドもの
でした。しかし野田被告がメルカリで売っていた」


 検察側は野田被告の置かれた状況をこう指摘した。

「Sさんとの結婚をするなら志帆さんは障害となる。資金も不足」

「志帆さんにもSさんにも両立不可能な約束をして、解決を迫られていた」

  
 また、野田被告は海水浴場で、志帆さんが溺れているのを検察によると、監視員に伝えた時も不審な行動をしていたと指摘された。

「野田被告は当初、駐車場や岩場を徘徊していた」

「志帆さんが溺れていることを監視員に伝えた時も引き上げようとしていなかった」

「野田被告は救助活動を行えたのにしなかった。犯行直後の行動は、救助を遅らせる不審な行動」

 そして犯行の悲惨さをこう検察は訴えた。

「野田被告は水という凶器を使った。人は水の中で息ができず、自由を奪われる。夫であるのに志帆さんを押さえ続け溺水死させた。卑劣、非道な犯行。むごい殺し方」

 和歌山地裁は判決で以下のように認定した。

「志帆さんに多額の保険金を掛けて、犯行直前にネット検索までしていた。保険金を得ようとしていたとみられる」

「計画的で身勝手な犯行、反省の態度もない」

 野田被告は厳しい判決に法廷終了後、弁護士と雑談。その姿は肩を落とし、ガッカリしているように見えた。(今西憲之)

※週刊朝日オンライン限定記事