放送作家・鈴木おさむさんが、今を生きる同世代の方々におくる連載『1970年代生まれの団ジュニたちへ』。今回は、日本アカデミー賞で最優秀作品賞などに輝いた映画「ミッドナイトスワン」と最優秀主演男優賞の草なぎ剛さんについて。


*    *  *
 日本アカデミー賞が年々面白くなってきている。昨年の第43回では最優秀作品賞を「新聞記者」が獲得した。最優秀主演男優賞・女優賞ともに「新聞記者」からの獲得。僕も大好きな映画ではあるし、傑作だと言ってる方も本当に多かった。が、なによりその作品の内容を何かと問題視してる人もいただろうから、あの作品が大きな賞を獲得したのは驚いた。個人的な意見になるが、あの作品が獲得したことにより、日本アカデミー賞の位置がなんだか少し変わった気がした。

 そして今年の第44回日本アカデミー賞。最優秀主演男優賞を草なぎ剛さんが獲ってくれたら最高にうれしいなと思っていた。このコラムでも書いたが、「ミッドナイトスワン」を見て、心底しびれた。あの役に挑戦したのを見た時に、日本人の俳優でこれを出来る人ってどれだけいるのだろうと思った。

 優秀主演男優賞が発表になった時に、5人の候補の中に入っていて驚いた。佐藤浩市さん、小栗旬さん、二宮和也さん、菅田将暉さんに草なぎ剛さん。

 ここに選ばれたこともすごいし、授賞式のことを想像した。この5人が一つのテーブルを囲んで座っていることを。いろんな理由で、絶対にそれはないと言っている人もいた。勝手にそう言い切っているのだ。「忖度」という言葉がすっかり普通に使われる言葉になってしまったが、最近、怖いと思うのは、「忖度」というものに対して、「どうせ、忖度してるんでしょ」と忖度は仕方ないというものになってしまっていること。「忖度は許されない」じゃなく「忖度は仕方ない」と思っている人が多いということが。忖度は嫌だけど、仕方ない。見て見ぬフリしてしまうものによりなってしまった気がするのだ。

 そんな中での、今回の日本アカデミー賞での「ミッドナイトスワン」の作品賞と草なぎ剛さんの最優秀主演男優賞の獲得は、日本で当たり前になって来た「忖度」という概念を気持ちよく取り払ってくれた。

 草なぎ剛さんという人は本当に不思議な力がある。1997年、草なぎ剛さんは「いいひと」という作品でドラマ初主演。この時のキャッチコピーは「最初で最後の主役です」だった。

 この作品が大ヒットしたことにより、草なぎ剛さん個人だけじゃなく、彼のSMAPの中でのポジション、そしてSMAPとしての位置も更に変わっていった。開いてなかった扉を開いた感じがするのだ。

 そして今回の日本アカデミー賞。昨年の「新聞記者」に続き、今回、「ミッドナイトスワン」と草なぎ剛さんが獲得したことにより、日本アカデミー賞というものの見方がより変わった人も多いのではないかと思う。

 草なぎ剛さんが「奇跡は起きる」「諦めない」と言っていたが、この言葉がこんなにも重くリアリティーを持つことがすごい。

 この1〜2年、事務所を辞めてフリーになったり、個人事務所を設立したりする人が本当に増えた。このことに関しては、僕はもろ手を挙げて賛成するわけではない。だって、売れるまでに苦労してる会社の人もたくさんいるし、その辞め方次第では、残った人たちが大きく傷つくこともあるからだ。その辞め方や、「人」によるところもあるとは思う。

 だけど、エンターテインメントの世界に、血液がより広く強く流れていくのはいいことだとは思う。

 草なぎ剛さんとこの作品を作った人たちが開けた扉からさした光はとても大きい。この光が、たくさんの人に、どうか届くことを願います。

■鈴木おさむ(すずき・おさむ)/放送作家。1972年生まれ。19歳で放送作家デビュー。映画・ドラマの脚本、エッセイや小説の執筆、ラジオパーソナリティー、舞台の作・演出など多岐にわたり活躍。パパ目線の育児記録「ママにはなれないパパ」(マガジンハウス)が好評発売中。バブル期入社の50代の部長の悲哀を描く16コマ漫画「ティラノ部長」の原作を担当し、毎週金曜に自身のインスタグラムで公開中。主演:今田耕司×作・演出:鈴木おさむのタッグで送る舞台シリーズ第7弾『てれびのおばけ』が4月14日(水)〜4月18日(日) 下北沢・本多劇場で上演。YOASOBI「ハルカ」の原作「月王子」を書籍化したイラスト小説「ハルカと月の王子様」が好評発売中。