相次ぐ公演延期や中止で大きな影響を受けたエンターテイメント業界。劇作家の長塚圭史さんはコロナ禍に、どんな思いで演劇に向き合い何を感じたのか。



*  *  *
 世の中から“不要不急”の産業だと烙印を押されてしまった──。昨年の春、緊急事態宣言が発令されたとき、多くの演劇関係者は落胆した。長塚さんも、2017年に旗揚げした演劇ユニット「新ロイヤル大衆舎」で6月に上演するはずだった芝居が延期・中止となった。

「そのときは、メンバー4人がそれぞれ20万ぐらいの借金を抱えることになって(苦笑)。『日本の演劇を明るく照らす』をキャッチフレーズに旗揚げしたユニットが、この状況をただ手をこまねいて眺めているだけではまずいだろうと、初めて動画配信を実施しました」

「緊急事態軽演劇八夜」と題した朗読劇は、シェイクスピアの「夏の夜の夢」や、チェーホフの「ワーニャ伯父さん」といった名作と呼ばれる古典のほか、日本の無声映画の脚本を掘り起こし、朗読用にまとめた。

「下北沢のザ・スズナリにお客様を35人入れて、毎晩動画配信もしながら読み語り芝居を上演しました。これがすごくいい経験で、『配信のもっともいい形は朗読じゃないか』という手応えを感じましたね。通常の舞台だと、お客様の目がカメラになって、自分の好きなように場面を切り取って、スイッチしていくことができるけれど、普通の演劇を配信にして、動いていく俳優をカメラが捉えると、どうしても芝居への参加度が下がってしまう。でも、朗読劇だと俳優は動かないし、新ロイヤル大衆舎の4人は、顔面で癒やしを与えるようなメンバーではないから(笑)、セリフとお客さんの想像力が結合することによって、舞台への参加度が上がるんです」

 リモートでの稽古のとき、最初は誰もが「ここの心情はわからない」を連発していたチェーホフの戯曲が、本番では最も楽しんでできたという。

「稽古のときは、『こいつ何考えてるかわからない』『なんでこんなことを始めちゃったんだ』なんて、50前後の演劇人4人が、それぞれ愚痴や文句ばかり言っていたんですが、話していくと、だんだん道筋が見えてきた。毎日違う作品を7日間上演してクッタクタになったけど、本番は楽しかったです(笑)」

 そんな中、長塚さんがこのコロナ禍の中で痛感したことが一つあった。「お客さんと対面しないと演劇は成立しない」ことだ。

「演劇って、舞台上にあるのは全部ニセモノなんですよ。セットも俳優も、何かを模しているけれど、本物ではない。そのニセモノを本物に変えていけるのはお客様だけ。舞台上に、海の向こうの景色を作ることができるのはお客様。つまり、すべては観る側の想像力にかかっているんです。演じる側もお客様が一人でもいてくれれば、その人のために演じることができる。お客様と演者の“共犯関係”で成り立つことを再認識できたのは、とても大きなことでした」

(菊地陽子 構成/長沢明)

長塚圭史(ながつか・けいし)/東京都出身。1996年に「阿佐ケ谷スパイダース」を結成。2017年から劇団化。05年に芸術選奨文部科学大臣新人賞受賞。07年読売演劇大賞優秀演出家賞受賞。近年の主な舞台に「セールスマンの死」「イヌビト〜犬人〜」「常陸坊海尊」「イーハトーボの劇列車」など。21年4月からKAAT神奈川芸術劇場芸術監督に就任。

>>【後編/長塚圭史、神奈川芸術劇場の監督に 広場で上演する試みも】へ続く

※週刊朝日  2021年4月16日号より抜粋