4月から、KAAT神奈川芸術劇場の芸術監督に就任した長塚圭史さん。自ら演出する舞台「王将」では、1階の広場に特設劇場を作るという。芝居で世の中を明るくしたい。そんな思いが胸にある。

>>【前編/長塚圭史「観客と対面しないと演劇は成立しない」 コロナ禍で痛感】より続く



*  *  *
日本国内の劇場ではそれぞれの判断で舞台の上演が再開される中、昨年12月に、この4月から長塚さんがKAAT神奈川芸術劇場の芸術監督に就任することが発表された。2011年にオープンした劇場は、初代の芸術監督が宮本亞門さん、次が白井晃さん。この3月には、長塚さんが芸術監督になる21年度のシーズンラインアップも公開されている。

「白井芸術監督は、演出家を主体にしてラインアップを決めていったのに対し、私は、作家や作品を先行して決めています。日本の優れた劇作家の戯曲を現代の視点で掘り下げて上演していきたいという思いがあります。新旧含めて日本語の戯曲に向き合うことで、自分たちの国の歴史を見つめる。歩みを知り、今なぜここにいるのかを知ることにもなる。それこそが海外の同時代へと扉を開く。非常に国際性のあることだと信じているんです」

 長塚さんは、08年の9月から1年間、文化庁の新進芸術家海外研修制度でイギリスに留学している。その際、イギリスの伝統ある劇場と芸術監督との密な関係を目の当たりにし、刺激を受けた。

「KAATで自由にやりたいことを書き出したら、ノートの見開きぐらいじゃ到底収まらないですよ」と笑顔で言いながら、急に深い落ち着きを持った表情になって、「でも」と続けた。

「KAATは県が運営する劇場です。この劇場をどういう劇場にしていくか。どうしたらもっと多くの人に開かれた劇場になるだろうか。今回のラインアップはそこからスタートしています。KAATは、この10年間で演劇を愛好するお客様や演劇関係者に知っていただけましたが、考えてみればそれは実は狭い世界のことです。これからはまだ演劇を見たことのないお客様にも、興味を持って気軽に遊びにきていただけるような劇場にしていきたい」

 建物も立派で、立地も素晴らしいのに、ここがどういう建物か知らない人は大勢いる。近所に住んでいながら一歩も足を踏み入れたことがない人、しょっちゅう前の道を通りながら、劇場であることを知らない人。そんな人にどうアピールしていくかを考えた。

「1階のアトリウム(広場)に特設劇場を作ることにしたんです。さっきも話に出た新ロイヤル大衆舎が、4年前、関西将棋界のレジェンド坂田三吉の一代記『王将』を下北沢の『楽園』という劇場で上演したことがあります。ほぼ楽屋もない、客席数80足らずという、下北沢でも一番小さな劇場で、全部通したら6時間にもなる3部作を上演したことは、無謀な挑戦でした。でも、だからこそ面白かった(笑)。このKAATの1階は広場になっています。ならば、通りからも見えるこの場所に特設ステージを作ったら、建物の外にまで“賑わい”を伝えていけるのではないだろうか、と」

 道を歩いている人の腕を掴んで「あなたお芝居見なさいよ」とは言えない。でも、「ここで何かやっているんだ、面白そうだな」と足を止めさせるぐらいのことはできる。

「演劇って、値段も高いし、見たことがない人にはハードルも高い。でも“何かやっているアピール”を積み重ねて、5年も経てば、『一回ぐらい見てみるか』となるかもしれない。少し長い目で、開かれた劇場を作っていけないかと思っています」

 最後に、「年齢を重ねることの喜びがあるとすれば?」と質問すると、「経験を積んだことで、戯曲の読解力が深まっていることですかね」と答えた。

「今45歳ですが、本気で演劇を始めたのが高3から大学1年にかけてなので、もう27年ぐらい経つんです。最初の頃は不勉強だから、アーサー・ミラーがピュリツァー賞をとった『セールスマンの死』を読んでも、『そうか、家族劇か』としか思わなかった。それが、今ならば社会の中にある家族の話なのかと、もう一歩踏み込んだところで、人間や社会に思いを馳せることができる。日本語の戯曲は特にそうです。昭和初期から終戦後の復興期にかけて活躍した三好十郎の戯曲にも、彼が生きた時代の言葉が詰め込まれている。経験を積むことで、戯曲を考察する材料が多くなっていることは幸せです。若い頃は、ものすごく直情的に、短絡的に物事を見ることしかできなかったから(笑)」

 そう話してから、「でも、シンプルに『わーっ』て熱烈な状態で戯曲に取り掛かる時期を通過することも必要なんですけどね」と付け加えた。

 シーズンの後半には、「冒険者たち」という書き下ろしの戯曲を引っ提げ、神奈川県内の劇場をツアーで回る計画だ。『西遊記』の一行が神奈川県内に眠る伝説や逸話を掘り起こしながら、西へ、あるいは北へ南へと旅する冒険譚。公演に合わせてワークショップやトークイベントも行い、文化としての演劇が浸透するように。演劇の冒険者たちがつくる賑わい──。その頃には、コロナ禍も明けているだろうか。

(菊地陽子 構成/長沢明)

長塚圭史(ながつか・けいし)/東京都出身。1996年に「阿佐ケ谷スパイダース」を結成。2017年から劇団化。05年に芸術選奨文部科学大臣新人賞受賞。07年読売演劇大賞優秀演出家賞受賞。近年の主な舞台に「セールスマンの死」「イヌビト〜犬人〜」「常陸坊海尊」「イーハトーボの劇列車」など。21年4月からKAAT神奈川芸術劇場芸術監督に就任。

※週刊朝日  2021年4月16日号より抜粋